目の下のクマを除去したい!状態や原因に応じた様々な治療方法を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
12
失敗や後悔をして悩んでいる女性 仕事や子育てなどで忙しく過ごしていると、目の下のクマに悩まされることが多いと思います。実は、美容クリニックでは短期間でクマを除去できる有効的な方法が幾つか存在します。 そこで、今回はそんな目元のクマの種類に合わせて効果的な治療方法を詳しく紹介していきたいと思います。

青クマとは

青クマとは、文字通り目の下に青黒い色が広がる状態のクマのことです。最大の特徴は、睡眠時間やその日の体調などによって状態が変化することで、例えば、ある日はクマが全く出なかったのに、次の日にはくっきりと濃く出てしまうなどです。 そもそもの原因は、目の周りの血流が携帯電話やパソコンなどの作業で疲れて停滞することから現れます。血液の流れが悪くなると、酸素不足で血液は黒みがかった色へと変わります。この変色した色が、目元の薄い皮膚を通して青黒く透けて見えるというわけです。

青クマの治療方法:ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは、ピーリング剤を目の下に塗布していく治療方法のことです。この治療では、薬剤を塗る事で皮膚のターンオーバーを正常に戻す作用があります。 古い角質が取り除かれて肌がきれいになることから、症状が改善することできます。ただ一回の施術では完全に効果があるわけではなく、数週間おきに数回の施術が必要です。費用相場については、1回あたりおよそ8000円から13000円が目安となります。

青クマの治療方法:テノール

テノールとは、目の下のクマ部分に高周波のラジオ波を照射していく治療法のことです。ラジオ波を照射する事で、皮膚の深い部分にある脂肪層を温めて、血行を促進させる効果があります。 青クマは血行不良によって生じるため、血液の流れが格段によくなることで解消できると言うわけです。このテノールによる治療は、5回や10回の照射を1クールとして、複数回の照射が必要となります。費用相場については、1回10,000円くらいととてもリーズナブルな価格です。

黒クマとは

黒クマとは、目の下のたるみ、小じわによって皮膚に暗い影ができてしまう症状のことです。目の下全体が黒く見えてしまうことから、不健康な印象になるのが特徴です。 原因は、加齢による肌の衰えによるものです。年齢を重ねると、目元の皮膚はコラーゲンの不足で徐々に薄くなってハリや弾力を失ってしまいます。すると、目元にたるみやシワが生じやすくなり、影が出きやすくなります。その影が、目のクマのように見えてしまうと言うわけです。 ▽黒クマや黒クマの対処法、原因についてさらに詳しい情報を知りたい方はこちらを参考にしてみてください黒クマの対処法って?原因から見えてくる適切な改善方法を詳しく紹介影クマの原因とは|自宅で出来るセルフケアから効果的な美容医療まで紹介

黒クマの治療方法:脂肪除去治療

有効的な治療方法といわれる脂肪除去とは、目の下の加齢でできた余分なたるみを除去する施術のことです。たるみを除去することで皮膚に影ができなくなるので、改善効果が期待できるというわけです。 施術には、麻酔を施してから高周波レーザーメスで余計なたるみを取り除いていきます。そのため、痛みを全く感じることがなく、傷口が残ることなく、キレイな仕上がりになります。費用相場はクリニックによって異なりますが、平均300,000円前後です。

黒クマの治療方法:ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸注入とは、皮膚がたるんで陰になっている箇所にヒアルロン酸を注射する施術のことです。窪んだ皮膚にボリュームをもたらす事で影ができなくなるため、症状の改善が期待できるということです。 ヒアルロン酸注入はすぐに変化を感じることができるため、クリニックでは人気が高いです。ただ徐々に体内に吸収されてしまうので、長期間、効果を期待できるわけではないです。費用相場は、1本あたりおよそ40,000円から60,000円ほどです。 ▽ヒアルロン酸注入ついてさらに詳しい効果・内容を知りたい方はこちらを参考にしてみてください目の下のヒアルロン酸注射|たるみ・クマなどへの効果やデメリットを紹介

黒クマの治療方法:サーマクールアイ

サーマクールアイとは、特殊なラジオ波を照射して皮膚の深部に熱を与えて温める施術【サーマクール】を目元にも使えるように派生した目元専用の治療方法のことです。 サーマクールアイは、サーマクール同様皮膚深部にある脂肪線維に刺激を与える事で、肌にハリをもたらすコラーゲンの分泌を促せます。 その結果、加齢によるたるみが解消されるため、目元の若返りが図れるというわけです。一度の照射で半年ほど効果が持続するといわれています。 費用相場についてはクリニックによって違いますが、1回の施術で50,000円から150,000円ほどとなります。

黒クマの治療方法:アイバックリムーブ

アイバックリムーブとは、外科的治療方法で黒クマの原因となっている目の下のたるみを排除して黒クマを解消する美容医療です。 下まつげの少し下を切開し、余分な脂肪、皮膚、筋肉繊維を取り除くため、目の下のくぼみやたるみを解消し、黒クマのできる原因を根本的に解消してくれます。 この施術は、クマ以外にもシワやたるみなども解消し若々しい目元を再現することができるため芸能人の方がよく受けられる施術方法の一つとなっています。 費用相場ですが、クリニックによって異なっており、大体一般的に180,000円~240,000円ほどと言われています。 ▽アイバックリムーブについてさらに詳しい情報が知りたい方はこちらを参考にしてみてくださいアイバックリムーブとは|効果や失敗例、実際の口コミなど紹介

茶クマとは

茶クマとは、目元が少し黄色がかっていたり、茶色くくすんで見えたりするクマのことです。見た目にすごく疲れているような印象を与えてしまいます。 原因は、肌が大きな刺激を受けて色素沈着が起きてしまうことからです。度重なるクレンジングによる摩擦、肌にあっていない化粧品の使用、紫外線を大量に浴びるなどの行為は、肌のダメージとなります。 その結果、皮膚が防御の為にメラニン色素を大量に分泌して色素沈着が起こるために、クマになって現れるというわけです。 ▽茶クマついてさらに詳しい情報を知りたい方はこちらを参考にしてみてくださいクマの色素沈着とは|原因や消すための様々な治療方法などを紹介目の下のクマを皮膚科で治す!化粧品や薬、レーザー治療まで徹底解説

茶クマの治療方法:レーザー治療

レーザー治療とは、目元にレーザーを照射して、シミの原因となるメラニン色素を破壊する施術方法です。さらに、肌の正しいターンオーバーを促すことができるので、古い角質がスムーズに取り除かれ、新しい肌が生成される為にシミがなくなります。 レーザーと言っても輪ゴムで弾かれたような刺激を感じるだけで、施術中の痛みはほとんどありません。また、施術後のダウンタイムもあまりないことから、治療直後からシャワーやメイクが可能です。費用相場は、一回、およそ20,00円から30,000円です。

茶クマの治療方法:高濃度ビタミンC点滴

高濃度ビタミンC点滴とは、ビタミンCを直接、静脈に注入して血中濃度を急激に上げる施術のことです。そもそもビタミンCには、色素沈着の原因となるメラニンの生成を抑制する高い抗酸化作用があります。 また、一度、できたシミを還元して無色化する効果などもあることから、目元の若返りが期待できるというわけです。費用相場は点滴の量によって多少、変わりますが、平均して1回あたり5000円から15,000円くらいとなります。

目の下のクマの治療の保険制度

基本的に目元のクマは、保険適用になることはありません。一部、アトピーなどの皮膚疾患によって治療のために保険適用になるケースもありますが、クマに対する根本的な治療ではなく、また治療の選択肢も多くありません。 あくまでも美容目的や私生活が原因でできたクマなどは、保険適用されない可能性が高いということを把握しておきましょう。

目の下のクマを短期間で完治させたい方はクリニックに相談

クリニックの男性医師目の下のクマを短期間で完治させたい場合は、すぐに皮膚科、美容皮膚科などクリニックに相談しましょう。 セルフケアでの生活習慣や毎日のスキンケアなどでの改善は見込めますが、どうしても大幅な時間がかかってしまうからです。 その点、クリニックではクマの種類別に様々な治療方法が揃っています。状態に応じて自分に最適な治療を受けることでクマというコンプレックスを改善することが出来ます。 自己流のケアで結果が出ないといった悩みを抱えている人は、まずは一度クリニックにご相談ください。 ▽クマ以外の目の下のたるみ、凹み、治療方法などについてさらに詳しい情報を知りたい方はこちらを参考にしてみてください目の下のたるみを改善する手術とは|方法・費用相場・ダウンタイムを紹介

関連記事