キャビテーションの効果|痩せた人が実践した8つの方法を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

キャビテーションで痩せることは出来るの?

太もものレーザー治療を行っている画像

キャビテーションの仕組み

キャビテーション」は、皮膚を切ること無く効率的に脂肪を分解することが出来る施術です。「切らない脂肪吸引」とも呼ばれています。 仕組みとしては、皮膚の上から超音波をあて脂肪細胞の中にたくさんの気泡をつくります。これらの気泡が破裂する際に起こる熱エネルギーや衝撃によるダメージを利用して、脂肪細胞を破壊していくというメカニズムです。 破壊された脂肪細胞たちは、老廃物としてリンパの流れにのって体の外へと自然に排出されていきます。  

キャビテーションで「痩せた」と感じる施術回数

一般的に、キャビテーションで「痩せた」と実感できるくらい効果を実感するまでの目安とされている回数は5回ほど。ベストなのは、週に1〜2回の施術を1ヶ月ほど継続して行うことと言われています。 ですが、このキャビテーションは施術を希望する部位や個々人の体質、食生活、生活習慣などによって大きく効果が変わります。多い人では、数十回以上の施術を受ける方もいます。 施術前のカウンセリングで施術回数について事前に相談してみたり、施術を受けていく上で回数の調節を行ってみても良いでしょう。 ▽もっと読む▽ キャビテーションの施術間隔の目安は?

キャビテーションの効果のある部位

キャビテーションは下記のような脂肪が厚い部位やセルライトがある部位に効果を発揮します。特に、なかなか脂肪が落ちにくい部位の部分痩せに効果があります。
お腹・太もも・腰・ヒップ・二の腕・ふくらはぎなど
【キャビテーションの効果があまり無い部位】 一方キャビテーションは、下記のような脂肪が薄かったり骨が近い部位、面積の狭い部位への施術ではあまり効果がありません。サロンによって、対応できる部位に違いはありますが、これらの部位への施術は行えないケースが多いです。
顔・肘下・足首・肩・脇・膝など

キャビテーションで痩せた人が実践していること

施術前に体温を上昇させておく

キャビテーションを利用する前に、温熱効果のある施術を受けておくことで、相乗効果が期待できます。 中でもラジオ波を利用したサーモシェイプなら深層部位の脂肪までジュール熱が届くので、脂肪の代謝を促すことができます。

施術後にエンダモロジーなどを併用

キャビテーションを受けた後にエンダモロジーなどの特殊なローラーで脂肪を揉み、吸引することで、高いデトックス効果が得られるでしょう。 さらに、高周波を利用したEMSなどで筋肉を刺激して、意識せずとも運動させることでも、代謝機能を向上させることが期待できそうです。

定期的に継続して施術を受ける

キャビテーションを利用すると血液やリンパの流れが促され、老廃物が溜まりにくくなるようです。 その効果を最大限高めるためには、ある程度集中してキャビテーションの施術を受けることが効果的と言われています。 集中ケアの目安としては、1週間に2回ほどのペースで通うのを1ヶ月ほど継続するのが効果的と言われています。目的が達成できた後でも月に1回程度の頻度で通う事で体型の維持が出来ることが多いようです。

有酸素運動を取り入れる

夕暮れに運動しているカップルキャビテーションの施術を受けた後は、数日間脂肪が燃えやすい状態が持続すると言われています。 その間に、ウォーキングヨガ踏み台昇降運動など、積極的に有酸素運動を日常生活に取り入れることで、脂肪の燃焼効率がアップし、高い痩身効果が得られるでしょう。 毎日無理のない範囲で、ご自身の出来る有酸素運動を約20分以上続けることでキャビテーションの痩身効果を高めることが出来ます。

セルフマッサージを行う

キャビテーションを利用して痩せたと感じる人の多くは、術後のセルフマッサージをしっかりと行っています。キャビテーションは受けて終わりでは無く、体の外への脂肪の排出を促さなければなりません。 施術を受けた部位の脂肪を、リンパの流れにそって押し出すようにマッサージをすることで、脂肪の排出を促すことが出来ます。 特に、太ももやふくらはぎ等へのセルフマッサージは即効性があると言われ、スリムな下半身を手に入れることができるでしょう。やり方は、足首から上に向かって円を描く様にゆっくり揉んでいきます。太ももまできたら、少し強めに脂肪を潰す気持ちでマッサージをしてみてくださいね。

施術前後は食事を避ける

健康にいい食べ物や運動器具キャビテーションを受けた後はいつもよりも栄養を吸収しやすい状態になっています。 直後は血液やリンパの中の脂質も多いので、直後に食事をしてしまうとカロリーオーバーになってしまいます。 せっかく受けた施術の効果が半減しないように、施術の前後1~2時間ほどは食事を控えるのが効果的です。

十分に水分補給をする

キャビテーションの効果で代謝しやすい状態になった脂肪は肝臓へ向かい、排出されます。 この流れをスムーズに進める為には水分が欠かせません。施術後は水分をしっかりととり、脂肪の排出されやすい体づくりを行いましょう。

これまでの食生活を見直す

キャビテーションで痩せたからと言って、食生活に気を配らなくても良いわけではありません。 施術後、約4日程は栄養の吸収率が高い状態になると言われているため、平均的な摂取量よりカロリーを抑えた食事にします。 その後も高たんぱくで低カロリー鶏肉食物繊維が多いわかめごぼう等の食材を積極的に摂取する事が必要です。

キャビテーションの効果の特徴

太ももの肉を摘んでいる女性

リバンドしにくい

キャビテーションは脂肪細胞自体の分解を行う施術です。そのため、太る原因となるし脂肪細胞自体の数が減少するため、リバウンドしにくい体をつくることができます。 ▽もっと読む▽ キャビテーションのリバウンドについて

セルライトに効果あり

キャビテーションは、一度出来てしまうと自力でのダイエットで解消することが難しいセルライトにも効果があります。 凝り固まったセルライトを効果的に砕き排出を促すことが可能なので、自力でのダイエットでなかなか効果を実感できなかった方にもオススメの施術です。

代謝をアップ

キャビテーションは、脂肪を溶かして血液やリンパから排出を促すという施術です。痩せやすく脂肪が燃えやすい状態が作られることで体の代謝もアップします。 体の代謝が上がり痩せやすい状態は術後1週間ほどは継続すると言われています。この期間に脂肪排出を促しためにマッサージをたくさん行ったり、水分をたくさん取ることが大切です。

むくみや冷え性の改善

キャビテーションによって体の代謝がアップすることで、むくみや冷え性も自然と解消されていきます。 体の循環がスムーズになり代謝が活性化することによって、リンパの流れが良くなりむくみや冷え性の症状も根本的に解消することが出来るのです。

キャビテーションの副作用

お酒を飲んで頭を抱えている女性

肝臓への負担

キャビテーションの施術を受けると脂肪細胞が分解されます。体内から排出されるまでに、これらの脂肪はリンパにのって肝臓へたどり着きます。 排出のための処理を肝臓で行うことになるため、分解する脂肪の量が多くなればなるほど肝臓への負担は多くなります。一般的には術後の3〜4日ほどで肝臓への負担は徐々に減っていくと言われています。 キャビテーションによって分解できる脂肪の量に制限があったり、キャビテーションの施術を毎日受けることが出来ないのはこのためです。

骨伝導の音

キャビテーションの施術の際の特徴の一つに、施術中の「キーン」という音があります。この音は「骨伝導音」と呼ばれる音で、照射している部位の骨に超音波が当たって出る音です。 この音はしっかりと脂肪が分解されているということを示している音ではありますが、術後この音が耳鳴りのように頭に残ってしまうことがあります。 時間の経過とともに自然と改善される症状ですので過度な心配は不要です。施術を行う場所によって耳鳴りの大きさは異なりますので、不安な方は手術前に事前に医師に相談しておくと良いでしょう。

胃の不調

施術の直前や直後に食事をしてしまうと、それらも超音波の影響を受けることになります。その結果、術後に胃の不調が現れてしまうことがあります。 施術の前後2時間ほどは食事を控えることで予防することが出来ます。施術前後の過ごし方は医師の指示を守るようにしましょう。 ▽もっと読む▽ ・キャビテーションの副作用について

エステとクリニックどちらで受けるべきか

キャビテーションはどこで受けられる?

一般的にキャビテーションの施術は、医療機関であるクリニック非医療機関であるエステサロンの両方で受けることが出来ます。 ですが、マシンの出力は両者で異なります。出力の高いマシンは、クリニックのみで扱う事ができます。キャビテーションという名称を使用していても、実際に高い痩身効果が得られる機器を使用しているのは医療機関であるクリニックです。 エステサロンでの医療行為は禁じられており、機器の性能も違うので、痩身を目的にしている場合にはクリニックを選択し、引き締めなどのマッサージを目的にしている場合にはエステサロンを利用するのが良いかもしれませんね。

”医療行為”としてのキャビテーションを受けるなら

きちんと高い効果を得たいのであれば、クリニックでのキャビテーションを受けることが推奨されています。クリニックでの施術であれば、医師の管理の下で施術が受けられますので、万が一の事が起きた際もしっかり対応してもらえるでしょう。 ただ、エステでのキャビテーションは、クリニックに比べて1回あたりの施術費用が抑えるなどのメリットも。ご自身の費用の予算や得たい効果を考慮した上で比較をすると良いでしょう。

キャビテーションでも痩身効果は得られる

痩せている女性のお腹キャビテーションは「切らない脂肪吸引」とも形容されるように、しっかりと痩身効果を得ることが出来る可能性が高い施術であると言えるでしょう。 今回は実際に効果を体感した方たちが実践するポイントをご紹介しました。「痩せた」と実感できるまで効果を高めるために、ぜひ皆さんも実践してみてくださいね。

関連記事