エラ張りの原因について|詳しい内容や改善できる施術など徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

エラ張りの原因について紹介します

女性の綺麗な肌を虫眼鏡で拡大している エラ張りは体内組織を構築している全ての器官が関係しているので、医師の診察で適格な施術の受診が必要です。 そのためには受診者もある程度の知識を把握しておく必要があるので、これから紹介する点を理解した上で改善をお勧めします。

エラが張っている原因は、大別して骨格・咬筋・脂肪がある

エラの形を成している物は、頭蓋骨とそれを覆う様にして存在する咬筋が主な原因です。 その上咬筋は筋肉の一種なので、使わないとエネルギーの消費が適切に行われず、やがて脂肪に変化していき、ますますエラ張りを促進させる原因になります。

咬筋とは??

耳の付け根から縦に流れるようにしてある咬筋は、口角下制筋と下唇下制筋の動きとも連動しているため、動きの汎用性に非常に優れた筋肉です。 食事で噛む動作をするだけで咬筋は頻繁に収縮運動を繰り返し行うので、他の筋肉よりも発達のスピードが格段に速い特徴も持っています。 咬筋の発達の影響で、奥歯の噛む力は個人差はあれど20kg以上にも達するので、強度の観点から優れた筋肉です。

原因のセルフチェック方法

女性 エラ張りの詳しい原因はクリニックの医師に診察してもらう事が一番ですが、自身のセルフチェックでもある程度の特定が可能です。 奥歯に力を入れるようにして噛み締め、耳の付け根付近を触って膨張が確認できればエラ張りです。 ただしこの時膨張しても、皮膚の厚み6mmから8mmの厚さを考慮した膨張を確認します。この点を踏まえた上で膨張が確認できなければ、エラ張りの原因は骨格の可能性が高くなります。 ただしあくまでも素人でもわかるチェック方法なだけで、的確な分析は医師による診察を強くお勧めします。

骨格が起因してエラが張る原因は【遺伝】

人間は母体にいる時に骨格の土台が形成されるので、人によっては遺伝の影響でエラ張りしやすい骨格をしている可能性があります。 骨格がエラ張りを促進させる構成だと、無意識に咬筋に力をいれながら食生活を含めた日常を過ごしています。なので1代2代でその癖を直そうと努力しても、中々エラ張りの原因を断つまでには至らないのが現状です。

脂肪が起因してエラが張る原因は【生活習慣の乱れ】

現代では食べ物に柔らかい物が増え、不規則な生活をしている影響で咬筋にエネルギーが蓄積されやすい環境になっています。 そのためエラ張りの原因となる脂肪が蓄積されやすいので、まずは生活習慣を見直してエラ張りを解消する可能性を模索します。 生活習慣の中では特に食生活と運動不足に原因の比重が傾いており、よく噛む事で咬筋を使い食べ物で摂取したエネルギーを消費していきます。 するとエラの原因になる脂肪が燃焼されていくので、エラ解消の可能性は十分に高くなります。

咬筋が起因してエラが張る原因は【無意識のクセ】

咬筋は口の噛む力に直結する全ての筋肉と隣接しているので、無意識に行う歯ぎしり等の癖でさらに咬筋の発達を促す可能性があります。 そうなるとエラ張りの症状はさらに悪化するので、食事以外で日常的に咬筋を使うような癖は意図的に注意し、エラ張りを解消する事をお勧めします。 特に睡眠中の歯ぎしりや食いしばりは自分でも気づかない事が多いので、周囲からの指摘を受けたら起きている時に癖として現れていないかの確認をお勧めします。

確実に改善したい場合は、美容外科へ!

笑顔のクリニックの男性医師 エラ張りの改善は美容外科の施術受診が最も確実な方法で、クリニック選びは医師の知識や施術経験からの判断する事が重要です。 特にエラなどの輪郭の施術は高い技術を要するため、慎重に選ぶ必要があります。 基本的に形成外科の専門医であれば、比較的安心して施術を受けていい目安になりますし、美容外科の施術や器具の使用には、一部資格取得のシステムが導入されているので、確実な施術を受診する時の目安になります。

施術法:エラ削り

エラ張りはエラ削りの施術で大きな改善が期待できますが、骨を削るという点を留意した上での受診がお勧めです。骨格の一部を削るため、満足できない効果でもあってもその後の修正が非常に困難なデメリットがあります。 物理的にエラの原因を排除するので、半永久的に骨格が原因のエラ張りは起こらず、確実にエラを無くすことが可能な施術です。 費用相場は70万円程で定着しており、エラの原因の骨の大きさや手技料によって20万円程上下するような価格帯です。

施術法:BNLS注射

脂肪の影響でエラが張っている場合は、脂肪融解注射として名高いBNSL注射がお勧めです。 ただし脂肪を融解するだけなので、融解する脂肪の量によっては施術後に皮膚のたるみができてしまうデメリットがあります。 しかし費用相場が1万円弱と安価な上に、脂肪融解促進だけでなくリンパの循環や肌の引き締めも同時に行えるメリットがあります。またピンポイントの脂肪融解ができるので、細かい理想のフェイスラインを医師に提示しても、それを実現できる技術的可能性を有しています。

施術法:脂肪吸引

脂肪吸引は物理的な改善が見込め、吸引時にはカニューレという医療用の管を耳の付け根等目立たない場所から挿入するので、術痕が目立たないメリットがあります。 ただし皮膚のたるみが発生する可能性があるので、その修正手術を受けるために予算が立てにくいデメリットがあります。脂肪吸引自体の相場は20万円程です。

施術法:ボトックス注射

咬筋が膨張している場合は、神経伝達物質の遮断で筋肉の収縮運動の規模を縮小するボトックス注射がお勧めです。 ただし注入物によってフェイスラインのバランスを調整するので、注入量を誤ると予期せぬ変化に見舞われる可能性があります。 しかし費用相場が3万円弱という点と、手軽にエラの状態を改善することが出来るという点から、エラにコンプレックスを抱えている人から最も多く支持されている施術でもあります。 効果持続期間が最大でも1年である点と、連続使用していると体に抗体ができ改善効果が期待できなくなる点を留意する必要があります。

自分のエラの原因に合わせた施術を行うことが重要

顎をおさえている女性の口元 エラ張りは注入注射による改善と、骨格や脂肪吸引による直接的な体内組織への干渉で解決できます。 ただしそれぞれの施術は使用できる環境も違い、メリットやデメリットもある上に費用相場も大きく違うため、十分留意した上での受診がお勧めです。

関連記事