ケミカルピーリングとイオン導入の併用効果を紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

イオン導入はピーリングと併用する方が良い?

顎をおさえている女性 クリニックでは様々な美容に関する施術が行われていますが、中でも美肌を維持するために多く行われているのが、ピーリングとイオン導入です。 もちろん、単体での背術でも効果が期待できるものではありますが、クリニックでは相乗効果が高いとして、併用して行われることの多い施術方法です。 今回はなぜピーリングとイオン導入が併用して行われることが多いのかについてご紹介してきます。

ピーリングとは?

顔の輪郭をおさえた女性 ピーリングは古い角質を取り除くことで肌細胞のターンオーバーを正常にして、肌の代謝を高めることができるので、キメを細かくしたりくすみを取り除いたりすることも可能と言われています。 ピーリングは自宅で行えるものから、エステサロンで受けられるもの、美容皮膚科で取り扱われているものがあります。 美容皮膚科などのクリニックで行われているピーリングの特徴は、市販のものとエステサロンで行われているものよりも濃度が高く、角質を取り除く効果が高いとされています。

イオン導入とは?

こめかみのマッサージをされている女性 イオン導入とはイオン導入器の力を利用して美容成分を肌の奥深くにまで届ける施術です。 イオン導入をすることで、シミやそばかすなどの肌トラブルをケアすることはもちろんのこと、純粋な美容成分を肌の奥深くに浸透させることで肌が美しくなろうとする潜在能力を高める効果が期待できます。 イオン導入では、高品質の美容成分を医療用の高性能機器を用いて、約30分程度の時間をかけてじっくりと肌に浸透させていきます。終了後は滑らかな肌をすぐに実感できるでしょう。

イオン導入でニキビ跡の改善に効果が期待できる理由

何かを思いついた女性 イオン導入では高品質の美容成分を使用しますが、水溶性の美容成分は手で塗るだけでは浸透しにくいと言われています。 ビタミンCは真皮細胞の線維芽細胞が活発に働くには欠かせない成分ですが、特に美容成分が届きにくいようです。 そのため、イオン導入でビタミンCを肌の奥深くに届けるこで、真皮細胞の線維芽細胞が活発に働き、ニキビやニキビ跡の改善ができるでしょう。

イオン導入はケミカルピーリングと併用されることが多い

顔のパックでスキンケアしている笑顔の女性 イオン導入とケミカルピーリングはそれぞれ単体で受けても効果はありますが、特にケミカルピーリングでダメージを受けた肌は美容成分が浸透しやすいと言われています。 そのため、ケミカルピーリング後にイオン導入を併用することで、より肌の奥深くまで美容成分を届けることができるでしょう。

ピーリングとイオン導入の相乗効果

そもそもピーリングは古い角質を取り除き、イオン導入は高品質の美容成分を肌の奥深くに届ける役割を担っているので、イオン導入で美容成分を届ける前に古い角質を取り除けば効率よく美容成分を届けることができるといえます。 そのため、多くのクリニックで、ケミカルピーリングとイオン導入はセットで行われているようです。

ピーリング後に行うイオン導入のデメリット・副作用

びっくりして驚いている顔 ピーリングで肌の角質を取り除いてからイオン導入を行えば、効率よく肌に美容成分を浸透させることができるとして、多くのクリニックで併用が推奨されています。 しかし、肌の角質を除去した状態で美容成分を浸透させると、肌に良い成分なら効果が見込めますが、もしも自分の肌に合わない成分だった場合には、肌トラブルを引き起こしてしまう可能性があります。 ま、たピーリング後は肌が敏感になるので、普段なら問題ない刺激でも大きなダメージに繋がることがあるので注意が必要です。

副作用が起こることも理解して受けよう

ポイントや注意点を教えている女性医師 ピーリングでは、古くなった角質を取り除くことができ、本来の機能を取り戻すことができるでしょう。 また、ピーリングと併用して行われることが多いイオン導入では、イオンの力で肌の奥深くまで美容成分を浸透させることができます。 そのため、この2つの施術を併用することで高い効果が見込めますが、ピーリングで使われる薬剤の濃度が強すぎてしまったり、イオン導入でしようした美容成分が肌に合わなかったりしてしまうと、肌トラブルを起こしてしまうこともあります。 エステ感覚で受ける方も多いですが、副作用が起こりうるリスクを十分に理解した上で受けるようにしてくださいね。

関連記事