足の多汗症について|セルフケア方法や確実に治すための治療法までご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

足の多汗症について紹介します

夕暮れの海でサーフボードを持っている女性 人一倍足から大量の汗が出ることを悩んでいませんか。汗の量には個人差がありますが、あまりにも量が多いと靴が蒸れるだけではなく、悪臭にも悩まされます。 そこで今回は、そんな足の多汗症について原因から対処法まで様々な情報をご紹介いたします。

足の多汗症は「足蹠多汗症」と言います

足蹠多汗症は大量の汗が足から出ます。まだ、はっきりとした原因がわかっているわけではありませんが、交感神経が活発な状態になると汗を大量にかくことから、自律神経が乱れていると考えられます。また、ストレスが原因で汗を大量にかくこともあるようです。 そのままにしてしまうと靴を履いている時に大量に汗をかくことで靴の中が蒸れてしまいます。また、靴の中の温度も高くなるので雑菌が繁殖しやすくなります。

セルフで行うことが出来る対策法

靴下の素材にこだわる

いろいろな素材があり、特に蒸れにくい素材を選んでみてください。麻やシルク、ウールがおすすめです。 吸湿性も速乾性もあるので蒸れにくくなります。最近では、消臭加工や抗菌加工されている靴下もたくさん出回っていますので、足の多汗症で悩んでいるのならばこのような加工がされている靴下を選びましょう。

通気性の良い靴選び

足の多汗症ですから、靴選びももちろん重要です。蒸れが気になるのならば通気性の良い素材の靴に変えましょう。 防水タイプは通気性が悪いと思われがちですが、今では防水も通気性も兼ね備えた靴も出ているので雨や雪の日も靴が蒸れなくて済むでしょう。消臭や抗菌加工されている靴もたくさんあるのでなるべくこれらを確認して靴を選んでみてください。

殺菌成分入りの石鹸

雑菌が大量に繁殖したことで、臭いは発生します。原因が雑菌ですから、その雑菌を殺菌する石鹸を使いましょう。 古い皮脂や角質が残っていると悪臭につながるので角質ケアできる石鹸を使ってください。洗面器に湯を張り足を付けて角質をふやかし、専用の石鹸で指の又まで丁寧に洗って、仕上げにしっかりとタオルで拭きあげて雑菌が繁殖しないようにしましょう。

リラックス

ストレスが足の多汗症の原因の一つですから、なるべくストレスを溜めないようにしましょう。好きなことをする時間を作ったり、アロマでリラックスしませんか。 規則正しい生活習慣も体をリラックスさせるためには重要です。なるべくお風呂はシャワーで済ませず湯船に浸かって体の疲れを取りましょう。そうすれば、心の疲れも取れるので精神的にも安定するはずです。

代表的な治療方法

塗り薬

皮膚科を受診したときによく処方されるのが塩化アルミニウム入りの薬です。皮膚に軽く刷り込むように塗ると、汗を抑えてくれます。 汗で流れ落ちやすいので、発汗が落ち着く就寝前に塗ることで、効果が持続すると言われています。 この治療は保険適用なので、費用面でも安価で済ますことが出来ます。

イオントフォレーシス

イオントフォレーシスは、足の多汗症治療でよく行われています。 足を水道水に浸した状態で、微弱電流を流します。週に1回程度続けて行い、効果が出たら2~3週間に一度になるでしょう。 麻酔を必要とせずに行うことが出来るので、特に欧米ではポピュラーな施術です。

ボトックス注射

ボトックス注射は打つだけで発汗を抑えることが出来る施術です。基本的に注射を打つだけなので、治療時間も1回に付き5分程度で済むと言われています。 効果が持続する期間は個人差がありますが、約4~9ヵ月くらいと言われいます。よって、大体4か月おきにボトックス注射を打つことで継続的に効果を得ることが出来ます。

まずはセルフケアから始めてみましょう

壁に背中をつけて座っている女性 足の多汗症は中々相談できず、苦しんでいる人も多いかと思います。そこで、まずは自分でできる対策から初めて見たうえで、それでもあまり効果を感じられなかったらクリニックを受診してください。

関連記事