ワキガのにおいが自分ではわからない原因|セルフチェックで確認する方法も紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

自分でワキガのにおいがわからないのはどうして?

海の近くで水着を着ているスタイルのいい女性ワキガの人が側にいると独特な臭いで気付くことがありますが、なぜその本人は自分の臭いに気付かないのでしょうか。周囲の人には明らかにわかる臭いでも自分で自覚がない人が多いのです。今回はその理由を紹介していきます。

ワキガの症状

ワキガの症状として一番に思いつくのが悪臭です。このワキガ独特の悪臭はなぜ発生するのでしょう。その原因は脇の下にある2つの汗腺から出される汗と皮膚表面にある皮脂や雑菌が混ざり合うことにより発生させてしまいます。 2つの汗腺のうちアポクリン腺と呼ばれる汗腺から出される汗は気化しやすく、脇の下で発生した悪臭が周囲に拡散され、他人にも気付かれてしまうのです。脇の下を清潔に保つことが予防としては一番必要と言えるでしょう。

自分でワキガのにおいがわからない理由

驚いてメガネを外している女性

①ワキガが軽度なものであるため

ワキガの人がなぜ自分でわからないのかその理由の中には、その症状が軽度であることが挙げられます。明かな臭いでもあれば気付くことができる人もいるのですが、汗臭いレベルであれば気付くことは難しいのかもしれません。 他人からすればワキガ臭と感じる臭いも自分では汗臭いレベルなので、それがワキガだと思うことも少なくなります。

②鼻がにおいを感じていない

また、ワキガの自覚がない人の中には鼻の機能がうまく働いていない(嗅覚脱失状態)場合があります。鼻が臭いを感じない状態を嗅覚脱失状態と言いますが、この症状があると自分の臭いはもちろんのこと、他人の臭いに対しても鈍感になります。 臭いを感じることができないので気付くことはありません。鼻の治療をすることによって気付くことができます。

③強いにおいに順応してしまって気づかない

ワキガが自覚できない一番の理由とも言えるのが、自分の臭いに慣れてしまうことです。他人の臭いに対しては敏感に反応できるのに、自分の臭いは常に感じている為その臭いに対して慣れてしまうという特徴があります。ワキガ臭のような強すぎる臭いを常に感じている状態ですと、それが当たり前のように感じてしまうので気付きません。

ワキガかどうか判断する方法

笑顔で運動をしている女性

①耳垢が湿っているかチェックする

自分がワキガかどうか判断する方法をご紹介していきます。まず、耳垢が湿っていないか確認してみてください。耳の中の汗腺から分泌される汗の量が多いと耳垢が湿ると言われています。 本来であれば耳かきを利用すれば耳掃除ができるのですが、綿棒じゃなければ耳掃除ができないという人は要注意。まずは耳垢をチェックしてみましょう。

②わき毛に白い粉がつくかチェックする

次にワキガかどうか判断する方法ですが、わき毛を一本抜いてみてください。わき毛に白い粉が付いている場合はワキガの可能性が高いようです。 簡単に見分けることができる方法ですし、目で直接見える為、臭いに鈍感な人でも気付くことができます。通常であればわき毛に白い粉はつきませんので、一つの目安にしてみてください。

③脇汗をかいた箇所が黄ばんでしまうかチェックする

ワキガの人の衣服は、脇の部分が黄ばむことが多いようです。特に白いTシャツなどの脇の下部分をチェックしてみてください。 黄ばみを確認することができれば可能性は高いと言えます。また一つの衣服だけではなく何着かチェックし、すべてがそのような状態であればワキガと言えるでしょう。脇の汗が多いと自覚している人は今すぐ確認を。

ワキガがどうしてもわからない場合はクリニックに相談しましょう

メガネをかけている医師 自分でどうしてもワキガかどうかわからないという人はクリニックで相談してみてください。ワキガは自覚しにくい為、人に指摘されて初めて気付く人も多い症状の一つです。 人に指摘される前に自分で気付きたいという人はクリニックで相談することをおすすめします。クリニックを受診し、ワキガであることがわかれば、どのように治療していくのかすぐに相談して進めていくことができますので、一人で悩まないで相談してみてください。

自分でワキガかどうかチェックしてみましょう

クリニックの女性医師 ワキガが自分ではわからない理由について説明してきました。自分でチェックする方法もご紹介しましたので一度チェックしてみましょう。もしそれでもわからないという人は、クリニックにそのことを相談してみてください。

関連記事