女性のワキガについて|女性ならではの特徴や対処法を紹介します

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

女性のワキガについて紹介します

眠っている女性 脇から独特の臭いが生じるワキガで悩んでいる女性は少なくありません。男性のほうがなりやすいと誤解しがちですが、実際には女性にも多いといわれています。原因や対処法を知ることで臭いを抑えることも可能なので、しっかりケアを行うことが重要です。

そもそもワキガとは?

汗腺、と呼ばれるものは主にエクリン腺とアポクリン腺という二種類が存在します。 通常の汗がエクリン腺から出るのに対し、ワキガのもととなる汗はアポクリン腺から生じるという違いがあります。このアポクリン腺から分泌される汗にはタンパク質や脂質が多く、これらを常在菌が分解することによって独特の臭いが発生するのです。

女性のワキガの特徴

アポクリン腺が男性より多い

女性が体質的にワキガになりやすいのも、このアポクリン腺が関係しています。 臭いの原因となるアポクリン腺の数は男性よりも女性のほうが多い上に、ホルモンの影響で臭いも強くなりやすいことがその理由です。 ホルモンバランスが変化する思春期や生理のときなどに体臭が気になったという経験がある方も珍しくないでしょう。

皮下脂肪が多い

痩せている人よりも太っている人のほうが体の臭いが強くなりやすいとイメージされる通り、皮下脂肪がどれぐらいついているかによってワキガの強さも変化すると考えられています。 特に女性の体は皮下脂肪を蓄えやすくなっているため、体型はもちろんのこと体臭も心配なのであれば太りすぎないよう気をつけるようにしましょう。

生活習慣の乱れ

ストレスを溜めやすかったり、食事で肉や乳製品を取りすぎていたりといった生活習慣もワキガのなりやすさを左右するポイントです。 肉をはじめとしてバターやチーズなどの動物性脂肪を摂取することで、アポクリン腺の働きが活発になり体臭もきつくなりやすくなります。欧米型の食事や甘いものが好きな方は、食生活を見直してみることが大切です。

男性ホルモンが増加している

最近は女性の中でも男性化が進んでいる方が増えつつあります。 規則正しい生活を送っていないと男性ホルモンが増加し、ニキビやヒゲも目立つようになるばかりか体臭が強くなってしまうことも珍しくありません。 ホルモンバランスの乱れは体に様々なトラブルをもたらすので、臭いを抑えるためにも普段の生活をチェックしてみるといいでしょう。

社会進出によるストレス

また、社会進出によりストレスを受けやすくなっているのも影響しています。仕事が生活の中心になってしまうとそれだけ様々なストレスを感じやすくなるだけでなく、なかなか解消する時間も取りづらくなるのは言うまでもありません。 ストレスはホルモンバランスを乱し、ワキガを悪化させる一因となります。しっかりリフレッシュできる環境を整えることが重要です。

荒いワキの処理

独特の臭いを発生させる原因は体の内側だけでなく、外側にも隠れています。そのひとつとなるのが腋毛の処理です。 きちんと処理できていないと雑菌が繁殖しやすくなり、臭いもきつくなりがちです。基本的なことですが簡単なセルフケアで体臭を軽減することに繋げられるので、普段怠りがちな方は忘れず腋毛を処理するようにしましょう。

親がワキガである

自分がワキガであるかどうかを知るためには脇の臭いや耳垢の湿り具合をチェックするといいと言われていますが、その他にも親がワキガであるかもポイントになります。 親から子供に遺伝するものなので、家族にワキガの人がいる場合には体質を受け継いでいる可能性も高くなります。今はまだ臭いが気にならなくともケアしておくと安心です。

女性ホルモンの変化

妊娠中や赤ちゃんへ母乳を与える時期になって、以前よりも脇の臭いがひどくなったと感じたことはありませんか。 子供ができると女性の体には変化が現れるようになりますが、女性ホルモンも例外ではありません。 授乳や妊娠の際には嗅覚も敏感になっているだけでなく、それまでとホルモンのバランスが異なるためワキガの臭いが気になりやすくなる可能性が高まるのです。

ワキガと感じてしまった場合の対処法

制汗剤や汗拭きシート

軽度であれば制汗剤や汗拭きシートを使って脇を清潔に保つことにより雑菌の繁殖を防げるため、臭いをある程度抑えることができます。 ワキガ専用のケアグッズもありますし、通常の制汗剤も上手く活用すれば効果を実感できるでしょう。

ワキガ臭のする衣服を処分

脇からの臭いは対処できていても衣服についた体臭が臭ってしまう場合があります。洗濯を頑張るのもいいですが、思い切って処分してしまうのも手です。 新しい下着や衣服は通気性に気をつけて選ぶことでワキガも軽減され、より快適になります。

クリニックに受診する

セルフケアだけでは改善できないのであれば、クリニックで受診するようにしましょう。 注射や手術といった多様な治療方法があり、アポクリン腺を除去することもできるので重度のワキガであっても効果があります。 また、本来はそれほど臭いがあるわけではないのに、自分はひどいワキガなのではないかと心配している方も少なくありません。 そういったケースもクリニックで診断を受けることにより、客観的に臭いを知ることができるので悩みが解決する場合があります。

原因を知ることから始めるワキガ対策を始めよう

花に顔をつけている女性 ワキガの臭いで周囲の人に迷惑をかけてしまうのではないかと不安になりがちですが、生活習慣の改善やセルフケア、クリニックの治療によって十分抑えることができるので悩む必要はありません。しっかり対処して臭いが気にならない日々を過ごしましょう。

関連記事