ワキガと耳垢の関係について|気になるチェック方法もご紹介します

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ワキガと耳垢の関係について紹介します

悩んでいる女性 耳垢の状態はワキガかどうかの判断材料になります。湿っている場合にはワキガの可能性がありますが、必ずしもそうであるとは言えません。耳垢の状態から自分がワキガかどうかを判断するためには正しい知識を持っておくとよいです。

耳垢が湿っている場合、ワキガの可能性がある

耳垢が湿っている場合にはワキガの可能性があります。綿棒を使ってチェックして湿った耳垢がねっとりと絡みついてくる場合にはワキガの可能性が考えられます。 ただし、体調によって湿ってしまう場合もありますので中耳炎などのトラブルを抱えている場合には判断材料にはなりません。また入浴後や運動後の状態でも正しい判断はできません。

原因はアポクリン腺の分泌異常

耳垢の状態でワキガかどうかを判断できる理由にはアポクリン腺の状態がチェックできるからということがあげられます。ワキガの原因となるアポクリン腺はワキだけでなく耳の中にもあります。 耳の中には汗を出すためのエクリン腺は存在しないためアポクリン腺の状態を簡単にチェックすることが可能です。耳垢が湿っている方はアポクリン腺の分泌異常の可能性があるためワキガの疑いが確認できます。

チェックする方法は綿棒で軽くこする

チェックする方法は綿棒で軽くこすり、そのときに付着したものの色やぬめりの状態を見て判断できます。なるべく普段の状態の耳垢をチェックしたいので、入浴後や運動後などは避けましょう。 精神的に興奮したり緊張したりしてもアポクリン汗腺が活性化しますのでなるべくリラックスした状態でチェックしましょう。耳垢の色がキャラメルのような状態に近いほどワキガの可能性は高くなります。

気になる場合は専門の先生に相談する必要がある

笑顔のクリニックの男性医師 耳垢が湿っているからといって必ずしもワキガであるとは言えません。ワキガ体質である可能性は高くなりますが、生活習慣などによっては防ぐことができるからです。 しかし自分で出来る対策には限りがあります。臭いのことが気になっていて自分で耳垢チェックをしたら状態がよくなかったといった場合には専門の先生に相談してみるとよいです。

関連記事