横顔ブスを改善したい!そんなあなたに効果的な改善方法をご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

横顔ブスの改善方法をご紹介します

おしゃれなお店で座っている女性 横顔ブスだと髪型やメイクを工夫しても見た目の印象が悪くなってしまいます。対処方法を模索する事はもちろんですが、横顔がブスになる症状には具体的にどんなものがあるのか、今一度確認していくところから始めていきましょう。

横顔美人のキーワードは「Eライン」

横顔美人になる為にはまず、顔を横から見たときの鼻から顎にかけての直線、Eラインをチェックしていきましょう。このEラインがきれいに直線になっていれば何の問題もありませんが、口元や鼻先、顎が極端に飛び出て直線が乱れてしまう場合には注意が必要です。 口元が飛び出している、顎がほとんどない、などのケースであれば見た目の印象が極端に悪くなってしまうことがあります。もちろん、人それぞれ好みはあるでしょうが、顔全体のバランスを見たときにこのEラインを整えることが第一のポイントとなってくるわけです。

横顔ブスの特徴①鼻が低い

横顔ブスの特徴としてまず挙げられる症状として、鼻が極端に低いといったケースが挙げられます。 鼻が低いと顔が平坦に、野暮ったい印象を相手に与えてしまいます。顔の正面であればメイク次第で多少見た目をかえることが出来ますが、顔を横から見た場合ではどう対処していくこともできません。

改善方法:マッサージ

鼻が低い人の改善方法として、毎日でも続けられるマッサージが挙げられます。 あまり力を入れすぎると内出血やあざの原因になる為注意が必要になってきますが、鼻筋に沿ってなでるようにして患部を刺激していけば鼻の低さを幾分軽減していくことが出来ます。 一緒に頬やおでこのマッサージも行えば顔全体のむくみを解消する事も可能です。 もちろん、骨格自体をすぐにかえられるというわけではありませんが、毎日続けていくうちに着実に鼻筋をすっと通らせていくことが出来ます。

改善方法:隆鼻術による美容整形

鼻が低い人の改善方法として、隆鼻術などによる方法も挙げられます。 こうした治療は美容整形の分野になりますが、鼻筋にヒアルロン酸を注入したり、プロテーゼを挿入することで物理的に鼻の高さを作り出すことが出来ます。 ヒアルロン酸は1回あたり数万円と費用負担が少ない分、効果の持続期間が数か月と短くなるのが特徴です。プロテーゼを挿入する方法であれば半永久的な効果を期待できますが、その分費用が高くなり、病院によっては数十万円の金額が必要になってくることもあります。

横顔ブスの特徴②口元が出ている

横顔ブスの特徴として口元が極端に出ているなどの症状も挙げられます。歯並びや骨格が原因で口元が飛び出してしまうこともありますし、口呼吸の習慣がついてしまっていることで口が前に出てしまうこともあります。

改善方法:歯列矯正

口元が出ている人の改善方法として、歯列矯正が挙げられます。歯並びが乱れていたり出っ歯の人に有効な方法で矯正歯科での治療が主となる為、より確実に症状を緩和していくことができます。 美容目的の治療となるため費用は全額自己負担、相場としては数十万円の金額が必要になってきます。多少値は張りますが、一度の治療で半永久的な効果が期待できることを考えると決して高すぎるという事はありません。

改善方法:骨切り等による美容整形

口元が出ているのを治すためには、輪郭にメスを入れるという方法もあります。具体的な内容は骨切り術など本格的な手術が挙げられます。 皮膚を一度剥離した上で骨を直接削っていき形を整えていくこの治療、費用として数十万円ほど必要になってきます。利用する病院によって金額や仕上がりの差が大きく開きがあり、治療の際には注意していくようにしましょう。

横顔ブスの特徴③顎がない

横顔ブスの特徴として、先にも挙げたように顎がないといった症状が挙げられます。顎がない人の場合は顔を正面から見たときにも全体のバランスが悪くなってしまいます。 原因には顎の発達不足や遺伝などが挙げられますが、改善は医療機関での本格的な治療を行う必要があります。

改善方法:歯列矯正

顎がない人の改善方法として、ここでも歯列矯正がおすすめになってきます。歯列矯正によって奥に引き込まれた顎を前に出していく、時間をかけて治療が勧められていく為即効性を期待する人には不向きな方法となってきます。 人によってその金額には差が出てきますが、平均で30万円から60万円ほどの費用が必要になってきます。

改善方法:注入、挿入を伴う美容整形

顎がない人の改善方法として、ヒアルロン酸注射やシリコンプレテーゼを用いた治療が挙げられます。ヒアルロン酸注射であれば顎に必要な分だけ液剤を注入していきます。費用相場も2万円程度で比較的気軽に挑戦できるのが特徴です。 シリコンプロテーゼの場合、一度皮膚を切開して患部にシリコン素材を挿入していきます。費用としては数十万円の金額が必要になってきますが、一度の治療で半永久的な効果を期待することが出来るので決して悪い話ではありません。

横顔ブスの特徴④顎が出ている・受け口

横顔ブスの特徴として、顎が出ている・受け口という症状も挙げられます。顎が極端に飛び出している状態だと顔のバランスも悪くなってしまいます。 原因としては遺伝や歯列の乱れ、噛み合わせの悪さなどが挙げられます。

改善方法:生活習慣の改善

顎が出ている人、受け口の人の改善方法として、生活習慣の改善が挙げられます。症状が軽度の場合、顎の周りの筋肉を鍛えていくことで症状が緩和されることがあります。 食生活を改善して、柔らかいものばかりの食事を避けるようにする、和食を中心にして顎をよく使うようにする、こうした点を心がけるようにするといいでしょう。

改善方法:歯列矯正

顎が出ている人、受け口の人の改善方法として、歯列矯正が挙げられます。噛み合わせを矯正する、飛び出した顎を奥に引っ込める治療を行うことで着実に症状を緩和していくことが出来ます。 症状の度合いや治療内容によってその金額は大きく異なってくるものの、保険が適用されないので相場として数十万円の金額が必要になってきます。

改善方法:注入、挿入、または吸引を伴う美容整形

顎が出ている人、受け口の人の改善方法として美容整形も有効です。 脂肪吸引やボトックス注射、ヒアルロン酸注射にシリコンプロテーゼと、症状に合わせて色々な方法があります。 脂肪吸引の場合には数万円から20万円ほど、顎の脂肪を取り除くことで症状を緩和していきます。 ヒアルロン酸注射やボトックス注射であれば1回あたり数万円の費用負担で済むので、予算が限られている人におすすめです。 シリコンプロテーゼの場合には、皮膚を切開する手術が行われるため、その分費用は高額になる傾向にあるのが特徴です。

横顔ブスの特徴⑤フェイスラインのたるみ

横顔が乱れてしまう特徴として、フェイスラインのたるみが挙げられます。肌細胞が年齢や乾燥などの原因で衰えてしまう、そうなれば自然とたるみの症状があらわれてきます。 下に下に落ちていってしまった皮膚が顔の印象を極端に悪くしてしまうこともあります。

改善方法:エクササイズ

フェイスラインにたるみがある人の改善方法には、毎日出来るエクササイズがおすすめです。顔の筋肉を大きく使うように、目と口を大きく開けたり、閉じたりを繰り返します。普段から大きく笑うようにするのも、筋肉を鍛えるためには有効です。 仕事をしながらでも家事をしながらでも、いつでも手軽にできるのがこの方法の特徴で、毎日続けることによって着実に顔の筋肉や皮膚が引き締まりたるみの症状も解消されていくことになります。

改善方法:マッサージ

フェイスラインのたるみを解消するために、マッサージも有効です。マッサージの際にはローションやオイルを使って肌の滑りを良くするのがおすすめです。 顔のリンパの流れに沿ってなでるようにマッサージを続ける、たったこれだけの事でも肌機能は活性化していきますし、ローションやオイルの影響で保湿効果も期待することが出来ます。

改善方法:リフトアップ効果のある美容整形

フェイスラインのたるみを改善するために、美容整形を利用する人も中にはいます。 リフトアップ術であれば、特殊な形状の糸をこめかみ部分から挿入して治療する方法があり、糸によって直接肌を引き上げていくことが可能になります。 高い効果を期待することができ、施術を受けたその日のうちに効果を実感出来ますし、費用としては10万円から20万円ほどの金額で治療が可能です。即効性を重視する人には打ってつけの方法になってきます。

横顔ブスがどうしても気になる方はクリニックに相談しましょう

横顔が綺麗な女性 横顔ブスの症状がどうしても気になるという人はまず、クリニックに相談を持ち掛けることから始めていきましょう。 先に挙げたように、横顔ブスを解消する方法はいくつかありますが、それぞれどの方法が自分に合っているのかを今一度見極めていく必要があります。 予算はどの程度用意できるのか、自分の症状によりあった治療方法はどれなのか、素人では判断できないからこそ専門家の意見を参考にしていくというわけです。医療機関によっては初回診察、カウンセリングが無料で受けられるところもあるのでおすすめです。

関連記事