妊娠線を消す方法|メリット・デメリット・費用相場を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

妊娠線は消すことができる?

細身の女性 妊娠中にケアを怠らなかったのにも関わらず、妊娠線ができてしまったという方も多いでしょう。妊娠線ができるタイミングや本数などは個人差によります。 夏に露出をすることが多い方・目立つ妊娠線を少しでも薄くしたい方などは、特にできるだけ早く妊娠線を消したいと思いますよね。 今回は妊娠線を消す方法についてご紹介します。

妊娠線とは?

顎に手をついて考えている女性 妊娠線は妊娠した女性の多くが悩むものですが、大きく分けて2つの種類があります。 新妊娠線というのは大きくなるお腹に耐えきれなくなり、皮膚や皮下組織に亀裂が生じたときに発生してしまうものです。これは毛細血管の色が透けて見えるため、最初は赤紫色で目立ってしまいます。 旧妊娠線は分娩後に新妊娠線が白くなって残ったものです。 妊娠線は妊娠によって皮膚が過剰に伸ばされることが原因であり、時間とともに白っぽくなっていきます。皮膚の表面の傷ならすぐに治るといわれていますが、真皮にできた傷はなかなか治らないことが多いようです。そのため一度できた妊娠線は、自然に消えることはほとんどないでしょう。

妊娠線を消す方法

ポイントや注意点を教えている女性医師

妊娠線用のクリームで消す

妊娠線を消す方法として専用のクリームでケアするというものがあります。これは予防だけでなく既にできてしまった妊娠線を薄くするという効果も期待できます。 クリームといってもさまざまな商品があるため、配合されている成分によって期待できる効果が異なってきます。そのため成分をしっかり確認して肌の状態に合わせたものを使った方が良いでしょう。

ダーマローラー

妊娠線を消す方法として、美容外科・美容皮膚科で行われているダーマローラーという施術があります。 これは細い針が無数についたローラーを肌の上で転がすという方法であり、肌のターンオーバーを促す効果が期待できます。ターンオーバーが促進されることで肌質が良くなる他、小さな傷に対して皮膚細胞の治療反応が起こるため、妊娠線そのものの改善もできるでしょう。 針を刺す方法と聞くと、痛みが不安になる方も多いですよね。しかし、針は髪の毛よりも細いので、個人差によっては痛みをあまり感じない方もいるようです。痛みが気になる方は、麻酔の有無を事前に確認しておいても良いかもしれませんね。 《ダーマローラーのリスク・デメリット》 ダーマローラーは安全性が高い施術といわれていますが、針を直接肌に刺すことになるため、傷跡や出血などのリスクもあると考えておきましょう。また、ローラーを同じ箇所で何回も転がすため、肌に赤みが出てしまうこともあるようです。 さらに、ダーマローラーのデメリットとしてあげられることが多いのが、施術を受ける時期によっては効果が出にくくなってしまうことがあるようです。早めにダーマローラーによる治療を受けた方が良いともいわれています。 《ダーマローラーの費用相場》 受けるクリニックによって異なりますが、ダーマローラーは1回あたり約3万円〜8万円が相場といわれています。しかし、1回の施術で完了するわけではなく、複数回の施術が必要になるでしょう。

レーザー治療

妊娠線を消す方法として、美容外科・美容皮膚科で行われているレーザー治療もあります。 レーザー治療というのは肌にレーザーを当てるというものですが、それによって肌のターンオーバーを促進することができるでしょう。肌のターンオーバーが促進されれば、妊娠線の改善にも効果が期待できます。 また、レーザーの熱によってコラーゲンの生成を促進することもできるといわれているため、皮膚の引き締め作用も見込めるでしょう。 レーザー治療は短期間で高い効果が期待できるというメリットがあります。 《レーザー治療のリスク・デメリット》 レーザー治療は安全性の高い治療法とされていますが、肌が弱い人はリスクが高くなってしまうこともあります。皮膚が健康な人でも肌荒れ赤みなどの肌トラブルが起こってしまうこともあるので注意しましょう。 レーザー治療というのは皮膚に大きなダメージを与える方法であり、ドクターの技術によっては火傷のリスク仕上がりに差が出てきてしまうこともあるため、慎重に受けるクリニック・医師選びを行わなければなりません。 《レーザー治療の費用相場》 レーザー治療もダーマローラーと同様に、施術にかかる費用はクリニックごとに大きく異なってきます。 自由診療のため決まった価格設定などはありませんが、治療する場所の範囲や治療を受ける回数によっては高額になってしまうこともあります。 1回の施術で約2万円〜4万円程度といわれていますが、1回で大幅な改善が見込めないため、トータルでは約10万円以上かかると想定しておきましょう。

瘢痕(はんこん)修正術

妊娠線を消す方法として瘢痕修正術というものがあります。瘢痕修正術は妊娠線ができてしまった部分を切開し、縫い合わせて細い線にすることで傷跡を目立たなくするという方法です。 この手術では完全に妊娠線を消すことはできませんが、皮膚をしっかりと縫い合わせれば傷が太くなってしまうことはほとんどなく、以前よりも肌が綺麗な状態になるでしょう。 《瘢痕修正術のリスク・デメリット》 瘢痕形成術を受けたいという場合、デメリットやリスクについても知っておきましょう。 この手術はドクターの技術によって仕上がりに大きな差がでることが多いようです。経験の浅い未熟なドクターの場合、以前よりも跡が目立つようになってしまうこともあります。 また、手術後1~2週間は激しい運動やそれに等しい行為を行うことができません。 《瘢痕修正術の費用相場》 瘢痕修正術も自由診療のため、保険は適用されません。 費用の相場は、施術を受けるクリニックや部位の大きさによって異なってきますが、約1cmで2万円〜5万円程度かかるといわれています。 他にも薬代や麻酔代などの諸費用を含めると、約10万円以上かかると想定しておいた方が良いでしょう。

妊娠線を早く消すにはクリニックに相談しよう

海の近くで水着を着ているスタイルのいい女性 妊娠性を消す方法は、クリームなどを使って自宅でケアする方法から、美容外科などで行われている方法まで様々です。 自宅でのケアは通院の手間もなく、簡単に行える方法ではありますが、なかなか効果が出ないということもあるいます。 効率よく消したいという場合は、できるだけ早くクリニックに相談する方が良いでしょう。

関連記事