豊胸手術|ダウンタイムについて施術別に徹底解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加

■気になるダウンタイムを施術別に解説します!

胸に関する、悩みやコンプレックスを解消することが出来る豊胸手術。ですが、どんな施術にもダウンタイムは付き物です。今回は豊胸手術のダウンタイムについて、施術別に分かりやすくご紹介していきます。

■豊胸の施術法は?

〇シリコンバッグによる施術

その名の通り、シリコンバッグを入れてバストアップをする施術法です。胸の下や脇の下などから小さく切開し、シリコンバッグを体内に挿入します。現在シリコンの種類はとても様々で、グラマラスな胸から自然な胸の形まで、ご自身の希望に合わせたバッグを選ぶことが出来ます。 ・代表的な施術法 大胸筋下法 乳腺下法 大胸筋膜下方 ・代表的なバッグ メモリージェルバッグ ハイドロジェルバッグ CMCジェルバッグ

〇ヒアルロン酸注入による施術

ヒアルロン酸を体内に注入し、バストアップをします。かなり自然に近いバストを実現できる施術法です。ヒアルロン酸は通常1〜2年ほどで吸収されますので、効果を長期的に持続させたい場合は定期的に施術を受ける必要があります。 ・代表的な施術 ヒアルロン酸注入法 アクアファイリング豊胸 SUB-Q豊胸 スベニール豊胸 シンデレラ豊胸

〇脂肪注入による施術

脂肪注入法はご自身のお腹や太ももから脂肪を吸引し、その脂肪を胸に注入することでバストアップをする施術法です。自分自身の脂肪を体内に入れるため、拒絶反応や感染症などのリスクが大変低く、さわり心地や見た目も大変自然です。同時に脂肪吸引をするので、体全体のプロポーションを整えたい方にも向く施術法です。なので、細身で吸引する脂肪が無い方は施術を受けることは出来ません。 ・代表的な施術 脂肪注入法(豊胸) セリューション豊胸(脂肪幹細胞注入) コンデンスリッチ豊胸 ピュアグラフト コンポジット豊胸

■【施術別】豊胸手術のダウンタイム比較

〇シリコンバッグによる豊胸手術のダウンタイム

効果     低 ★★★★★ 高 ダウンタイム 短 ★★★★★ 長 ダウンタイムのピークは1〜2周間ほどで、比較的長く時間を取る必要があります。筋肉痛のような強い痛みが続きます。術後1〜3日目は、動けない状態になってしまう場合も多く、食事や日用品の買いだめをしておいた方が安心でしょう。 □痛み     約1週間〜1ヶ月 □腫れ     約1〜2週間 □入浴     1週間ほどは控える □運動     1〜2週間は控える。特に激しい運動は2週間以上控えたほうが良い。 □傷跡     4cm程の傷が残る。3ヶ月〜1年程で段々と目立たなくなる。 □術後の経過  術後1週間ほどで抜糸。1ヶ月から3ヶ月程で馴染んで行くことが多い。

〇脂肪注入による豊胸手術のダウンタイム

効果     低 ★★★☆☆ 高 ダウンタイム 短 ★★★☆☆ 長 術後脂肪注入による施術は胸部の痛みよりも、脂肪を吸引した箇所の痛みや腫れの方が強く出ます。術後2週間程吸引部の痛み、腫れ、内出血が続くことが有りますが、痛み止めでコントロール出来る程の強さの痛みです。 □痛み     約1〜2週間 □腫れ     約1〜2週間 □入浴     1週間は控える。シャワー浴は当日から可。 □運動     3日は控える。激しい運動は2週間ほど控えたほうが良い。 □傷跡     脂肪を吸引した箇所に残る可能性有り。 □術後の経過  術後約1週間後に吸引箇所を抜糸。

〇ヒアルロン酸注入による豊胸手術のダウンタイム

効果     低 ★★★☆☆ 高 ダウンタイム 短 ★★☆☆☆ 長 他の施術方に比べてかなりダウンタイムは短めで軽めと言えるでしょう。2〜5日間程筋肉痛のような痛みが出ることがありますが、動けなくなってしまうというほど強い痛みになる事はあまりないようです。 □痛み     約2日〜5日程 □腫れ     約2日〜5日程 □入浴     翌日から可能。シャワー浴は当日から可。 □運動     施術当日から可能。血行の良くなりすぎには注意! □傷跡     ほぼ無し □術後の経過  持続期間が短くなってしまうので、マッサージの必要無し。次第にヒアルロン酸は体内で分解されていく。

■ダウンタイムを少しでも快適に過ごすために!

□痛み止めをしっかり服用する

医師から処方された痛み止めをまずは用法用量を守りしっかり服用し、ゆっくりと横になるなどして安静にし体を休めましょう。特に、シリコンバッグを挿入する施術法ですと、個人差はありますがかなり厳しい痛みが出ることが多いようです。

□術後の休みをしっかり確保しておく

しっかりとダウンタイムは確保しておくようにしましょう。豊胸手術は、ご自身では想像出来ないほど体に負担をかけています。思っていたよりも、痛みや腫れが長引いたりと、予想外の事態が起こる可能性は十分に考えられます。術後のお休みは、多めに確保しておいた方が安心でしょう。

□飲み物や、食事も用意しておく

あまりの痛みにベッドから動くこともできなかった、というような経験談もあります。シリコン挿入の施術を受ける場合は、万が一の場合に備えて飲食出来るものや生活用品をしっかり自宅に確保しておくと、いざとう言う時に安心です。

■あなたに合った豊胸手術はどれ?

□確実な効果がほしい!ダウンタイムもちゃんと取れる!という方

シリコンバッグ挿入による豊胸手術が良いでしょう。 ダウンタイムは比較的多く取らなければなりませんが、しっかりとバストアップ効果を得ることができる施術法です。一度の施術で効果が長い間持続するのもこの施術法のメリットと言えるでしょう。

□忙しくて、あまりダウンタイムは確保できなそう…という方

ヒアルロン酸による施術が良いでしょう。 他の施術に比べますと、この施術は一番ダウンタイムが少ない施術法です。他の施術は1〜2週間程ダウンタイムをとる必要があります。どうしてもお仕事やその他の事情でダウンタイムを取ることが出来ない場合は、ヒアルロン酸による施術が一番良いでしょう。

□体内に異物を入れるのには抵抗がある…という方

脂肪注入による豊胸手術が良いでしょう。 豊胸手術は何かしらを体内に注入することになってしまいます。ですので、どれか選ぶとなれば、やはりご自分の脂肪でバストアップをすることができるこの施術法が一番抵抗感無く受けることが出来るのでは無いのでしょうか。

□あまり、豊胸した事実を周りに知られたくない方

脂肪注入かヒアルロン酸による施術が良いでしょう。 シリコンバッグ程大きな効果を得ることは出来ませんが、だからこそあまり周囲に気づかれる事なく施術が受けられるかもしれません。また、この二つの施術法はシリコンバッグ挿入の施術に比べてダウンタイムも少ないのも魅力です。 ※今回紹介したダウンタイムはあくまでも参考の日数です。施術法やクリニックに拠っても、日数が変化しますので、より詳しい情報は施術を受ける予定のクリニックへご確認下さい。 ※今回紹介したダウンタイムはあくまでも参考の日数です。施術法やクリニックに拠っても、日数が変化しますので、より詳しい情報は施術を受ける予定のクリニックへご確認下さい。

■さいごに

施術別に豊胸手術のダウンタイムについてご紹介しました。施術に拠ってダウンタイムに差がある豊胸手術。施術の効果とダウンタイムをしっかりと照らし合わせ、ご自身のライフスタイルにあった施術を選択することが大切です。また、豊胸手術には、多かれ少なかれ失敗や後遺症のリスクが伴い、医師の技量に大変左右されます。しっかりとカウンセリングを受けてから決断するようにして下さい。 もし、どの施術法がご自身に合っているのか分からなかったり、どのドクターのもとで施術を受ければ良いのかお悩みの場合は美容医療相談室までご相談下さい。 ドクターの評価や、実際に施術を受けた方の体験談などを集め、独自の基準をクリアした名医をご紹介いたしますので、お気軽にご連絡くださいね。

▼関連記事

・後悔してからじゃ遅い!豊胸手術の失敗・後遺症のリスクについて徹底解説 ・シリコン豊胸!メリットもデメリットもどこよりも詳しく解説 ・無駄な脂肪を胸に!脂肪注入法による豊胸手術について ・豊胸は自然さが重要!施術別に見た目や触り心地を比較 ・豊胸手術|気になる値段・費用について施術別に徹底解説!

関連記事