お肌のアンチエイジング~くすみの改善&解消法

このエントリーをはてなブックマークに追加
0
前回の「お肌のアンチエイジング~くすみの原因&予防法」に続き、今回は、美容外科でできるくすみの改善・解消法をご紹介します。お肌のくすみが目立ってきてしまった方は、ぜひ参考にしてくださいね。

くすみ改善・解消の治療:ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは、薬剤(グリコール酸やアルファハイドロキシ酸、サルチル酸など)で古くなった角質や老廃物を溶かし、お肌のターンオーバー(新陳代謝)を促進する美容医療です。 お肌が新しく生まれ変わることで、くすみやしみだけでなく、肌荒れや乾燥肌なども改善・解消することができます。ただ、使用する薬剤によって効果が変わってくる上、色素沈着などの副作用が起こることもあります。治療を受ける時には、使用する薬剤の種類と効能、副作用のリスクを必ず確認するようにしましょう。

くすみ改善・解消の治療:光治療(IPL)

メラニン色素の沈着が原因のくすみに効果的なのが光治療(IPL治療)。IPLという柔らかい光をお肌に照射して、くすみやしみを改善・解消する治療です。具体的な治療機器としては、フォトフェイシャルフォトスキンライムライトなどがあります。 光治療のメリットは、お肌へのダメージを最小限に抑えることができること。ダウンタイム(治療後、元の日常生活を送ることができるようになるまでの期間)もほとんど必要なく、お仕事などで忙しい方も受けやすい美容医療です。くすみやしみだけでなく、軽いニキビ跡の改善やそばかす、赤ら顔などさまざまな肌トラブルに効果があります。 デメリットとしては、1回の治療でははっきりとした効果はでないこと。期間を空けて複数回の治療を受ける必要があります。

くすみ改善・解消の治療:イオン導入

イオン導入は、電気の力(イオン)で、プラセンタやビタミンC誘導体などの有効成分を肌に浸透させる治療です。こちらも、くすみだけでなく、総合的な肌質改善、美肌効果が期待できる治療です。光治療などと組み合わせて受けることもできます。 浸透させる成分にはさまざまな種類、組み合わせがあり、クリニックによっても異なります。治療前にお肌の状態を確認してもらい、お肌の状態にあった成分を浸透させてもらうことが大切です。 以上、美容外科、美容皮膚科で受けられる主なくすみ改善・解消法をお届けしました。ご紹介した治療は、比較的リスクが少ないアンチエイジング治療ですので、ぜひ検討してみてくださいね。

関連記事