埋没毛の治し方について解説|出来てしまう原因から対処法まで

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

埋没法の原因や治し方などについて詳しく解説!

頭を抱えて失敗や後悔を悩んでいる女性 皮膚の下でムダ毛が伸び続けてしまう現象は多くの人が経験したことはあると考えられますが、これは埋没毛と呼ばれる厄介なムダ毛であり、対処の仕方が難しくなっています。埋没毛の原因や治し方、予防方法などについて詳しくみていきましょう。

埋没毛とは

埋没毛とは皮膚の下で伸び続けてしまうムダ毛のことをいい、ほっておくと皮膚の下でどんどん伸び続け最終的に皮膚下で溶けて沈殿するという特徴があります。埋没毛が溶けるとその部分の皮膚が黒ずんでしまうため、美容の大敵ともいえるムダ毛なのです。また、もし埋没毛が生じてしまった時は、そのまま放置せず適切な方法ですぐに取り除くことが大切になります。

埋没毛の原因は自己処理であることがほとんど

そもそもなぜ埋没毛が生じてしまうのかということですが、それは自分自身で行っているムダ毛処理の方法に起因するケースが殆どと考えられます。埋没毛は誤った方法で脱毛した時に肌が傷ついてしまい、傷ついた肌が修復される際に毛穴を塞いでしまうことが原因で発生します。つまり肌を傷つけずに適切な方法で処理できれば基本的に埋没毛は発生しないのです。

埋没毛の原因となる自己処理の方法

ムダ毛が埋もれてしまう原因をつくる間違った自己処理の代表例としては肌を保護せずに剃刀で何度も同じ箇所を剃ったり毛抜きで無理にムダ毛を引っ張って抜くなどが挙げられます。 剃刀の場合はムダ毛周囲の皮膚が刃によって傷ついてしまいますし、毛抜きで強引にムダ毛を抜くと途中でムダ毛が切れしまったりムダ毛周囲の皮膚が炎症を起こしてしまうのです。

自己処理の回数も埋没毛の原因に

また自己処理でムダ毛処理をしている場合、ムダ毛処理の回数もムダ毛が埋もれてしまうことと大きく関係します。短期間に何度も剃刀などでムダ毛処理をしていると弱って傷ついた状態の肌にさらにダメージを与えることになるため、肌全体に負担がかかて広範囲に埋没毛が生じてしまうリスクが高まるのです。頻繁な処理を日常的に行ってしまうと、埋没毛が生じてしまう可能性を高めます。

埋没毛の治し方をご紹介

ポイントや注意点を教えている女性医師

保湿をしっかりとする

もしも埋もれ毛が見つかった場合、最も手軽にできる治し方としておすすめなのが肌の保湿を行うことです。肌の保湿を行うことで肌が柔らかくなるので埋もれ毛の悪化を防ぐことができますし、保湿によって毛穴が開けば埋もれ毛を自分で引き抜くことさえも可能となるのです。保湿を行う際にはできるだけ刺激成分の少ない保湿液を選び、入浴後などの肌が柔らかく毛穴が開きやすいタイミングで丁寧に肌に塗り込むと効果的です。適切な保湿は自然な埋もれ毛の排出に効果的です。

スクラブを使用する

比較的皮膚の浅い位置で埋もれ毛が見つかった場合にはスクラブを利用して対処するのがおすすめです。スクラブは角質を落とすことができるタイプのものを利用し、スクラブを該当部分に使用した後は保湿液を利用して該当部分の肌を柔らかくすることを心がけます。こうすることで毛穴を塞いでいる原因となる汚れや角質を落とせますし、肌を柔らかくすることで自然に埋もれ毛の排出を促せます。スクラブを利用する際には保湿液とセットで利用する点がポイントとなります。

ピーリングをする

皮膚の比較的奥深い部分に埋没毛が発生してしまった場合にはピーリングを行い、自然かつ長期的な視野で埋もれ毛の排出を図ることが大切になります。低刺激タイプのピーリングジェルを入浴後などに該当部分に塗っていくことで、塗った部分のターンオーバーが促進されますし、塗った箇所の毛穴の角質や汚れなどを落とすことができるので、自然に埋もれ毛が出てくるのを待つよりも遥かに効率的かつ短期間で埋没毛の問題を解決できるのです。

蒸しタオルで温める

埋もれ毛の最も簡単な治し方の一つでもあり、予防にも効果的なのが該当部分を蒸しタオルで温めるという方法です。蒸しタオルで温めることで埋もれ毛付近の毛穴が開くので、埋もれ毛の原因となっている毛穴のつまりの解消が図れますし、肌を温めることで血行やリンパ液の流れが良くなるため肌のターンオーバーにも高い効果があるのです。

クリニックでのレーザー脱毛を行う

できてしまった埋もれ毛の確実かつ安全な治し方としておすすめなのが、医療脱毛クリニックでのレーザー脱毛処置です。レーザー脱毛は肌にアプローチせずムダ毛の毛根細胞に直接アプローチしてムダ毛処理を行うので皮膚の下で埋もれている毛でも問題なく処理できるのです。また医療脱毛クリニックでのレーザー脱毛は医療行為に該当するため、クリニックには医師が在中していますし施術を行うのも専門的な技術と知識を持ったスタッフなので安心して任せられるという利点もあります。

埋没毛の予防法をご紹介

海で髪をかきあげている横顔の綺麗な女性

自己処理には電気シェーバーを使う

毛が埋まってしまうのを予防する方法として真っ先におすすめしたいのが、自己処理の際に利用するツールを変えることになります。 もしもT字の剃刀を利用しているという場合には電気シェーバーに変更することで肌を傷つけてしまうリスクを大幅に下げることができるので特に効果的と考えられます。なお肌を保護するローションを併せて利用するとより効果的です。

自己処理の回数を減らす

自己処理でのムダ毛処理を回数を減らすというのも埋没毛の予防には効果的ですし、比較的簡単にできるので、すぐに実践することをおすすめします。ムダ毛処理を頻繁に行わなくても1回の処理を正しく丁寧に行えばすぐには生えてきません。具体的には1ヶ月に1回から2回程度にとどめておくと良いでしょう。また脱毛サロンの脱毛を併用するのも自己処理回数削減に効果的です。

自己処理後のケアをしっかり行う

埋没毛の予防には自分でムダ毛処理を行った後に適切なアフターケアが非常に重要になります。自分でムダ毛処理を行う場合、剃刀や毛抜きを利用するケースが多いと考えられますが、どんなに丁寧に処理をしてもミクロレベルでみてみると肌には多くのダメージが残っています。自分でムダ毛処理を行った後は肌への負担と刺激が少ない乳液などで保湿と保護をするのが効果的です。

ターンオーバーを促す

埋もれ毛を予防するためには肌のターンオーバーを促して皮膚に老廃物を溜めないことも大切になります。具体的にはビタミンやミネラルをしっかりと摂取することや、お酒や甘いものは控えめにすること、規則正しい生活を送ること、良質な睡眠を取ることなどがターンオーバーを促すのに有効になります。

さいごに

髪をかきあげて爽やかな女性誤った方法で自己処理を続けていると埋没毛が生じてしまうリスクが高まってしまうので、ムダ毛処理をする場合には処理方法やアフターケアに気をつけることが大切になります。またもしも埋没毛が見つかったときには速やかに適切な対処をすることが美容にとって大切になります。

関連記事