肌荒れを早く治す方法をご紹介|肌荒れの原因と対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

肌荒れをできるだけ早く治す方法を紹介

鏡をみて顔の肌にできたニキビやシミなどのできものを気にしている女性 肌荒れを起こしてしまうと、メイクののりが悪くなったり、痒みや赤みがでたりと、だれもがうんざりしてしまいますよね。今回は、肌荒れが起こってしまう原因を解説した上で、肌荒れをなるべく早く治す方法について詳しくご紹介していきたいと思います。

肌荒れの原因

肌荒れの最大の原因に保湿力が低下することによって、皮下組織が弱まってしまうことが挙げられます。肌の水分が不足すると皮膚のバリア機能が弱まり、異物が侵入して炎症を起こしやすくなってしまいます。 また男性は特にヒゲの処理によって肌荒れを起こしてしまう場合があります。デリケートな顔の剃刀は肌を刺激しやすく、力を入れて剃ってしまうと皮膚の組織に大きなダメージを与えてしまいます。また、アレルギーやアトピー体質の人はもともと肌が弱く、生活する環境や花粉症などの要因によって肌荒れを起こしてしまう事があります。

肌荒れを早く治す方法を解説!

顎・顔のラインを手で押さえている女性 それでここから、肌あれを早く治すために心がけると良い、いくつかのポイントをご紹介していきます。 ご自身の生活習慣と照らし合わせてみていくと良いかもしれません。

①洗顔・クレンジング

洗顔やクレンジングは肌荒れを治すにあたって重要なポイントです。肌荒れの起こりやすい方は、強く擦るように洗ってしまっているケースが多々あります。洗顔を行う時は、低刺激の洗顔料を使用し、しっかり泡立てた上で泡で優しく洗い上げましょう。クレンジングも低刺激なものを使用し、落とし残しの内容にしっかり洗い流しましょう。 また洗う際の水は、冷水でもなくあつすぎるお湯でもなく、丁度良いと感じる程度のぬるま湯を使うように心がけるとより良いでしょう。

②保湿

しっかりと保湿を行う事は、肌荒れを早くなおす上でとても大切です。保湿が足りていないと、肌は余計な皮脂を出してしまいそれがニキビや肌トラブルの原因となるのです。 保湿のポイントとしては、まず洗顔後や入浴後はなるべく早く化粧水で肌を整えます。その後化粧水が肌に馴染んだら、乳液で肌の水分を閉じ込めます。その後、保湿クリームや美容クリームなどを上から重ねるとより良いでしょう。 保湿を行いすぎると肌が余計にベタベタするような感じをイメージする方が多いかと思いますが、乾燥は肌荒れの大敵。保湿は怠らないようにしましょう。

③睡眠時間の確保

睡眠時間を適度に増やすことも重要です。夜の10時からは皮膚の細胞が大きく入れ替わって肌再生が活発な時間帯であり、美肌のゴールデンタイムとも言われています。よってこの貴重な時間に起きていると、肌のターンオーバーが乱れてしまい、肌荒れや吹き出物といった悪い症状が出やすくなってしまいます。寝不足や不規則な生活が続いている場合は、規則正しい時間に睡眠を取るように心がけることに拠って、肌荒れが解消される場合もあるでしょう。

④適度な運動

適度な運動をすることで肌荒れが改善される場合もあります。 運動不足な状態が続いている場合は、最低でも週に2回ほどでも良いので有酸素運動を行うと、肌荒れ改善効果が期待できることがあります。特にジョギングは普段運動をしない方でも気軽に始めやすく、全身の筋肉を動かす事によって新陳代謝が良くなるため、肌の質を高めてくれることも予想できます。

⑤ホルモンバランスを整える

思春期は成長の過程と共にホルモンバランスが乱れやすい時期と言われています。よってこの時期は肌荒れが起こりやすいですが、年齢とともに自然と回復する場合も多いです。 しかし大人になってからできる吹き出物は、過剰なストレスや生活習慣が大きく関係しています。特に急に肌荒れが悪化する場合は、日常生活において何らかの強いストレスを抱えているケースが非常に多く、それによってホルモンバランスが正常ではなくなることもあります。ホルモンバランスを整えるために、自分にあったストレス解消法を実践してみると良いでしょう。

⑥食生活の改善

食生活を見直すことは非常に肌荒れを早く治す役割を果たしてくれます。私たちの肌の質は今まで食べたものから作り上げられるため、ビタミンCやタンパク質を多く摂ることで改善されることがあります。 タンパク質はコラーゲンを生成する役割があるため、肉や魚などから良質なタンパク質を摂る必要があります。またビタミンCはこれらの活動の保護をして、皮膚の粘膜を丈夫に保つように働きます。よって緑黄色野菜や肉や魚介類はまさに美肌の宝庫でもあります。

⑦紫外線対策

紫外線は肌に大きなダメージを与えます。紫外線ダメージの蓄積は、乾燥肌など様々な肌トラブルの原因になります。 また、肌荒れ中のお肌に紫外線を当ててしまうと、その肌荒れが色素沈着をおこしてしまい跡が残ってしまう事も。肌荒れをキレイに治すためには、外出時などの紫外線対策を怠らないようにすることが大切です。

⑧清潔な環境を心がける

常に清潔な環境の中で生活をするように心がけることは大切です。例えばその肌荒れがハウスダストやダニ、花粉症などのアレルギーが原因であった場合、部屋を清潔に保ち空気清浄機などを使用することで、症状が改善される事があります。そういった場合は、部屋だけではなく、衣服やタオルなど肌に直接触れるものも清潔に保つように心がけると良いでしょう。

⑨クリニックを受診する

さまざまな方法をご紹介しましたが、何よりも確実なのは皮膚科や美容皮膚科などの医療機関を受診することです。肌荒れは起こるととても不安な気持ちになりますが、早く治したくてもご自身ではその原因の見極めが難しい場合が多いですよね。そんなときは、迷わずに医療機関へ行きましょう。なぜその肌荒れが起きているのかの原因が分かる場合もありますし、多くの場合、効果的な治療薬を処方してくれるでしょう。

さいごに

笑顔のクリニックの男性医師生活習慣やストレスによって肌荒れを起こす可能性は誰にでもあります。食生活を変えたり肌の保湿を保つような日々の生活を見直して対策をすると自然と改善される場合も多いです。ただ、自分自身でのケアでは限界があるケースもあります。そんな時は症状が悪化してしまう前に、医療機関を受診すると良いでしょう。

関連記事