ニキビのホルモン治療|効果のあるニキビや副作用・費用相場を解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ニキビの改善が期待できるホルモン治療とは?

顎に手をついて考えている女性 ニキビの原因は様々ですが、原因の一つにホルモンバランスの乱れがあります。 ホルモンバランスが乱れている場合には、ホルモン治療でニキビ改善に高い効果を発揮する期待ができるでしょう。 しかし、ホルモン治療と聞くと、何か不安を感じてしまいますよね。 今回は、ホルモン治療でニキビ改善が期待できる理由やどのようにして治療が行われるのかについてご紹介します。

ニキビができる原因

頬にできたニキビやできものを気にしている女性 乱れた生活習慣は健康に良くないと知っている人も多いでしょう。 栄養不足や睡眠不足などが続いた場合、健康に悪影響を及ぼすだけでなく美容面のデメリットもあります。 例えば、ニキビなどの肌トラブルが発生しやすくなる、ホルモンバランスが乱れやすくなるなどです。 また、過度なストレス間違ったスキンケア紫外線の浴び過ぎ冷え性肌の乾燥などの原因となってしまう可能性も考えられます。

ホルモンバランスの乱れでニキビができる原因

びっくりして驚いている顔 人間は男性でも女性でも男性ホルモンと女性ホルモンの両方を持っていますが、男性ホルモンには皮脂の分泌を促す作用があり、女性ホルモンには皮脂分泌の調節や肌のバリア機能を高める作用があります。 しかし、思春期や生理前はホルモンバランスが乱れやすく、男性ホルモンが増えすぎてしまうと、皮脂分泌が活発化し、毛穴が詰まりやすい状態になるといわれています。これにより、ニキビができやすくなってしまうようです。 また、男性ホルモンが増えすぎることがトラブルの原因になるのなら、女性ホルモンを増やせば良いのではないかと考えてしまいますが、女性ホルモンの増加で皮脂が抑制されすぎてしまうことでも、ニキビができるので注意しなければならないでしょう。

ホルモンバランスの乱れが原因でできるニキビの場所

顎をおさえている女性の口元 はホルモンバランスの影響を受けやすく、ホルモンバランスの乱れによってニキビが発生しやすい部分と言われています。 他にも、口周り・頬・フェイスラインにもできやすいといわれており、この部分にニキビができた場合には、原因の一つとして、ホルモンバランスが乱れているかも知れないということを認識しておきましょう。

ホルモンバランスの乱れによるニキビには「ホルモン治療」が効果的

顔の輪郭と顎をマッサージされている女性

ホルモン治療の施術内容・効果

男性ホルモンの一種であるアンドロゲンは、皮脂分泌の活発化・肌細胞を硬くしてしまう角化細胞という物質を作り出してしまう働きがあり、これにより、ニキビなどの肌トラブルを引き起こしてしまう原因ともいわれています。 ホルモン治療では、女性ホルモンを体外から補給し、男性ホルモンの分泌量を減らすことにより、ニキビなどの肌トラブルのリスクを減らす効果が期待できます。

ホルモン治療の治療期間・回数

ニキビの症状や状態が軽度であれば約1ヶ月程度で改善できるとされていますが、重度の場合は約2〜3ヶ月以上はかかってくるといわれています。 体内のホルモンバランスを整えながら行う治療であり、改善するまでに少し時間がかかります。 しかし、ホルモンバランスの乱れが原因の場合は、ホルモン治療を行うことで根本からニキビの改善ができるでしょう。

ホルモン治療のデメリット

ホルモン治療によるニキビの改善には、ホルモンバランスを変化させるため、メリットだけでなくデメリットも存在します。 例えば、頭痛・吐き気・胸が張るなどの症状が起こる可能性があるといわれています。また、食欲が増してしまうこともあるため、ダイエット中の方は注意しましょう。 他にも、年齢や喫煙、持病などによっては副作用のリスクを高めてしまうため、治療が受けられないという点がデメリットとして挙げられそうです。

ホルモン治療の副作用・リスク

ホルモン治療は体内のホルモンバランスを薬によって整える効果が期待できる治療です。そのため、副作用のリスクもあると知っておきましょう。 副作用の例としては、低血圧・生理不順・頻尿などが起こりやすいと言われています。

ホルモン治療の費用相場

ホルモン治療によるニキビの改善には保険が適用されないことが多く、使用する薬が低用量ピルの場合は、1ヶ月あたり約2000〜3000円程度が相場のようです。 薬代の他に、処方箋代・診察料などがかかってくるので、事前に確認しておきましょう。

ホルモン治療が向いている人

成人した女性にできるニキビは思春期にできるものとは異なっています。比較的皮脂腺が少ないところやあまり皮脂腺の働きが活発ではない部分にもできやすいと言われています。そのため成人以降にニキビが増えた人にはホルモン治療が向いています。また、他の治療を受けても効果が出なかった場合、ホルモンバランスの乱れが原因となっていることもあります。

ホルモン治療が受けられない人

ホルモン治療はニキビの改善に高い効果が期待できる方法の一つですが、受けられない人もいると知っておきましょう。 高血圧や心疾患、動脈硬化症、腎障害、肝障害などの病気を持っている人は治療ができません。 また、既往歴・喫煙者・BMIの数値などによっても受けられないので事前に確認しましょう。

ニキビは適切な治療方法を選択することが重要

綺麗なフェイスラインの女性 ホルモン治療によるニキビの改善は、根本から治療できるといわれている方法です。しかし、ニキビができる原因にはホルモンバランスの乱れだけではないことも多く、ホルモン治療を受けたからといって、必ずしも改善されるとは限りません。 他の治療方法を組み合わせたり、治療を合わせて日常生活を見直したりする必要があるでしょう。 まずは専門性の高い医師にしっかりと診察・検査をしてもらい、ホルモン治療によるニキビ治療が適切かどうか判断してもらうことからはじめてみてくださいね。

関連記事