肌荒れの種類について詳しく解説|それぞれに合った対処法を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

肌荒れの種類について詳しく解説

女性の綺麗な肌を虫眼鏡で拡大している 肌荒れとひとくちにいっても様々な種類があります。そのため治し方は色々とあり、合わない方法をとると悪化させてしまう恐れがありますので、症状に合った適切なケアを行うことが大切です。主な肌荒れの原因とその対処法を紹介しますので参考にして早めに肌荒れを治しましょう。

あなたの肌荒れタイプはどれ?原因を知るのが大切!

肌荒れの治療を効果的に行うには、自分がどのような種類の肌荒れを起こしているのかを把握することが必要です。間違った方法を選んでしまうとかえって悪化させてしまう恐れもありますので正確に把握することは重要です。まずは肌の状況と向き合い、どのような種類の肌荒れを起こしているのかを見極めましょう。

①乾燥肌

乾燥肌の場合には肌の水分も皮脂も不足して潤いがなくなっています。乾燥肌になると入浴後や洗顔後などに肌のつっぱりを感じたり、カサカサするといった症状が見られます。 乾燥が起きやすいのは皮脂の少ない部分で、頬や目元、口元といった場所が乾燥しやすくなっています。乾燥肌の方は刺激の強いものは避け、優しく汚れを落とすようにしましょう。保湿も重要ですから低刺激の化粧水やクリーム、乳液などを選び、肌を刺激しないように優しく塗ってケアしましょう。

②敏感肌

敏感肌にはアレルギー性敏感肌や接触性敏感肌があり、睡眠不足や生理前などの体調の変化やエアコンによる乾燥や季節の変化など環境の変化なども関わっています。 低刺激で正しいスキンケアを行うことはもちろん、睡眠時間を確保したり、栄養バランスのよい食事を心がけたりなど生活習慣に注意することも大切です。肌のバリア機能そのものが低下していますので化粧品は低刺激のものを選びましょう。クレンジングなど落とす作業は肌への負担が大きいため、油分の少ないファンデーションを選ぶなど、肌に負担をかけずに落とせるものを選ぶというのもおすすめです。

③ニキビ

ニキビは酸化した皮脂や不要な角質、ホコリやメイクの汚れといったものが毛穴に詰まり、そこにアクネ菌が繁殖して炎症を起こしてできます。 ニキビの種類には、白くポツンと盛り上がった白ニキビや炎症を起こして赤く腫れあがった赤ニキビなどがあります。 汚れが残っているとニキビができる原因にもなりますし、悪化させることにもなりますので清潔にすることが必要です。ただし強くこすって洗ったり一日に何度も洗ったりすると刺激してしまいますので、一日朝晩の二回を限度として優しく丁寧に洗うようにしましょう。 その後は、保湿を十分に行い、寝具など肌に触れるものは清潔にしましょう。ビタミンをしっかり補給するなどの体の内側からのケアも効果的です。

④老人性色素沈着

老人性色素沈着は、紫外線などの影響によって年齢を重ねたあとに出てくる肌荒れです。紫外線を浴びたからといってすぐに現れるわけではなく、四十歳前後など年齢を重ねてから症状が現れてきます。輪郭がはっきりとした薄茶色の色素沈着が年月の蓄積によって出てくるため、これらを防ぐためには若いうちからのケアが重要になります。 若いうちから日焼け止めを毎日塗るなど紫外線対策を行うことが一番の予防になります。 出来てしまった老人性色素沈着は、レーザーや光治療でメラニンを破壊することにより治療できます。美白化粧品などによるセルフケアのみでは改善が難しい場合もありますので、気になるときには早めにクリニックで相談してみるとよいです。

⑤赤み

赤みは炎症が起きている場合と皮膚が薄くなっている場合が考えられます。皮膚が薄くなると毛細血管が浮き出て赤く見えます。またバリア機能が低下すると炎症が起きた赤みが出てくることがあります。 薄くなってしまった皮膚を健康な状態にするには、低刺激の洗顔料やスキンケア化粧品を選んで使用して見るようにしましょう。低刺激でしっかり保湿できる化粧品を使うことでだんだんと肌を健康な状態に導くことができます。赤みが強いときにはメイクを休んだり、洗顔料を使う洗顔は夜だけにするなど肌を刺激せずに休ませるのも効果的です。薄くなった皮膚を健康にするには、肌の修復をサポートしてくれるセラミドが配合されている化粧品を使うのも効果的です。

⑥湿疹

湿疹には水泡や発疹が伴うものやかさぶたが伴うもの、角質が白くフケのようになってしまうものなど様々なものがありますが、かゆみを伴った皮膚の炎症は湿疹です。 アレルゲンとなるものを食べたり、アレルゲンが肌に触れたり、汗による刺激やカビ、虫刺されなどにより起きます。かくと肌にダメージを与えてしまいますので冷やすなどしてなるべくかかないようにしましょう。かゆみを緩和する市販の薬を使うという方法もあります。保湿ケアをしたり、汗をこまめに拭き取ったり、アレルゲンを遠ざけるといった対処法がありますが、長い期間改善しないときには病院を受診するとよいです。

⑦紫外線による炎症

紫外線による炎症が起きてしまった時には冷やしましょう。紫外線による炎症は軽いヤケドのようなものなので冷やして炎症を抑えることが有効です。タオルに氷や保冷剤を包んであてるなどして冷やしてあげましょう。炎症がある程度治まってくるまで続けるとよいです。ただし、氷などを肌に直接あて続けることは新たなトラブルの元になります。タオルで包む、氷水を使う、などの工夫をしましょう。 冷たいシャワーや水風呂も効果が期待できます。ある程度冷やして炎症が治まってきたらそのままにせずに保湿します。症状が酷い時には病院を受診するとよいです。

⑧そばかす

そばかすは1mmから4mm程度の茶色い斑点が鼻や頬などに出るものです。幼少期から出で、思春期にかけて徐々に濃くなり、それ以降は加齢に伴って薄くなってきます。 主な原因は遺伝です。紫外線を浴び続けることにより症状が悪化することがあります。 またホルモンバランスの変化やストレス、睡眠不足などによっても悪化することがあります。悪化させないためには日焼け止めを塗るなど紫外線対策をしたり、健康的な生活習慣を守るといったことが効果的です。遺伝ですから完全になくすのは難しいですが内服薬や外用薬による専門的な治療によって目立たなくさせることは可能です。

⑨肝斑

肝斑は頬骨にそって左右対称にできるシミです。目の周りにはできない、左右対称にできるなどの特徴があります。 体の中から出来てくるシミであるため、通常の美白ケアや紫外線対策をしているだけでは改善が難しいです。肝斑ができやすいのは30代から40代の女性です。女性ホルモンが影響しているシミと言われていて、ピルを飲んでいる方や妊婦さんにできてしまう事があり、閉経と共に薄くなり高齢者になるとほとんどみられなくなるという特徴があります。肝斑を治すには、トラネキサム酸とビタミンCの内服薬が効果的です。また悪化させないためには紫外線対策やストレスを溜めないといったことも効果が期待できます。

肌荒れをきちんと改善させたいならクリニックへ

クリニックの女性医師 肌荒れをきちんと治したいのなら、クリニックを受診しましょう。専門的な治療を受けることができますし、自分の状態を医学的に調べることもできるからです。 肌荒れは病気が原因となって起きることもありますのでクリニックを受診することは無駄にはなりません。ニキビなど保険適用で治療が受けられる肌荒れもありますので気になる方は受診してみるとよいです。

さいごに

頬にできたニキビやできものを気にしている女性 肌荒れといっても様々な種類があり、それぞれに適切なケアの方法があります。悪化させてしまうことで他の肌トラブルを招くなど悪循環に陥る可能性もありますので、症状を見極めて適切な治療方法を選んで早めに治しましょう。

関連記事