肌荒れの9つの原因と対策法|簡単にできる悪化を防ぐためのポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

肌荒れの原因を知って適切な対策を取りましょう

鏡をみて顔の肌にできたニキビやシミなどのできものを気にしている女性 肌のかゆみや痛みを感じたりメイクののりが悪くなったりといった肌荒れの症状に悩んでいる方も多いでしょう。 改善のためには原因を知ってケアしていく必要があります。まずは原因についてどういったものがあるかチェックしてみましょう。

肌荒れの原因は身体の内側と外側の両方にある場合が多い

肌荒れに対するケアというと化粧品などで保湿するという事だけを考えている方が多いですが、体の外側だけではなく内側にも原因がある場合も多いです。 その場合は内側からのケアも必要になりますからまずは原因を考えてみるようにしましょう。

肌荒れの主な原因と対策法

顎・顔のラインを手で押さえている女性

①食生活の乱れ

体の中に原因がある場合に大きな要因となっているのが食生活の乱れです。私たちの体は食べたもので作られていますから、何を食べたかということが健康な肌を作るうえで重要なポイントとなってきます。 脂分が多い食事をしていると吹き出物などが出やすくなりますし、栄養が足りないと新しい肌が生まれにくくなるうえ潤いが失われた肌になってしまうおそれがあります。 バランスの良い食事をとることで、体の中からきちんと新しい肌が作れるようにしておくことは当たり前のことではありますが対処法として重要なものとなります。

②生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れも肌荒れの大きな要因として知られています。睡眠中に新しい肌が作られて生まれ変わりますから、十分な睡眠がとれていないと肌のターンオーバーがきちんと行われなくなってしまい肌が荒れてしまう原因となってしまうのです。 仕事が忙しいなどの理由で夜更かししがちな方は特に注意しましょう。意識的に睡眠をたくさんとるようにすると肌の状態が良くなることがあります。また暴飲暴食や運動不足なども肌がきちんと形成されることを阻害してしまう要因となりますから、思い当たることがある方は是非不健康な生活習慣を正していくことで対策をしましょう。

③ストレス

ストレスは心の問題ととらえられがちですが、体に大きな影響を及ぼすものです。肌も体の一部ですから大きな影響が出る場合があります。 ストレスを感じるとうまく眠ることができなくなって睡眠時間が減ってしまったり過食や拒食といった食事の面での問題につながることもあります。それが肌荒れにつながってしまうことがあるので注意が必要です。 心の問題と軽くとらえるのではなく、誰かに相談してみたり趣味で気分転換などという形でストレスを解消していきましょう。心身に大きな影響が出ている場合には医師の診察を受けてみることも必要です。

④紫外線

肌荒れにつながるものとして、多くの方が認識しているのは紫外線ではないでしょうか。紫外線は肌にダメージを与えてしまうので出来るだけ浴びないようにするのが大切です。 夏になると紫外線対策商品がたくさん販売されますし、実際に対策をとっている方が多いかと思います。しかし、それ以外の季節でも紫外線は降り注いでいるのに対策が十分でない方も多いです。 知らず知らずのうちに紫外線によるダメージを受けてしまっていることもあるのです。また外出時は対策しているという方も、家にいる間にベランダや窓際で紫外線を浴びていることもあります。夏だけではなくどの季節であっても、紫外線対策を意識していきましょう。

⑤ホルモンバランス

肌は体の中から作られていくものですから体の中の環境というものが大きく影響してきます。特に女性の場合加齢によるホルモンバランスの変化が生じることも多くそれが肌荒れにつながっていくことも多いです。更年期障害として様々な体調不良が起きることがありますがその一つとして肌荒れを感じる方もいるのです。 加齢によるもので仕方がないことではありますが規則正しい生活を意識していくことで改善できることもあります。あまりにもホルモンバランスの変化による影響が強い場合には、病院で治療を受けることで改善する可能性もあるので治療を受けてみることも検討してみましょう。

⑥花粉・大気汚染

肌は体の一番外側にある器官ですから外からの刺激を直接受けるという事で肌荒れが起きることがあります。 特に最近多くなっているのがアレルギーなどの問題です。花粉や大気中の汚染物質が肌に付着することでかゆみが起こることもありますし、もともとアレルギーがある方は湿疹などが出てしまう場合もあります。 花粉症というと鼻水やくしゃみなどの症状が多いですが、このように肌にも影響を与えることがあるのです。シーズンになると肌荒れを繰り返すような方は、花粉シーズン到来の前に耳鼻科などを受診し、薬を処方してもらうなどの対策を行うと良いでしょう。

⑦胃腸・肝臓の乱れ

体の各器官がきちんと機能していて健康だからこそ健やかな肌を作ることができます。特に内臓部分に乱れが生じると栄養の吸収や老廃物の排出に大きな影響を及ぼしますから、その結果として肌がきちんと生まれ変わることができずに荒れてしまうという事につながるのです。 もともと胃腸や肝臓に病気を抱えている方暴飲暴食で大きな負担をかけている方などはそれが原因で肌が荒れてしまいます。暴飲暴食しがちな方は肌荒れを少しでも感じたら、内蔵に優しい食事をするなどの対策をしていくようにしましょう。それでもよくならない場合は病気の可能性もありますから病院で診察を受けていくのがよいです。

⑧外的な刺激

何らかの形で刺激が加わると肌にダメージが加わり、そこから荒れてしまうということがあります。特にかゆみなどを感じた時にこすってしまうと目に見えない小さな傷がたくさんできてしまうのでそこから再び荒れていき肌荒れ箇所が広がっていくという事もあるのです。 また極度の乾燥や化粧品による刺激なども肌荒れの原因となります。 外的な刺激から肌が荒れているという場合はその刺激をできるだけ減らしていきましょう。かゆくてもかかないことや合わない化粧品は使用をやめるということが重要です。

⑨便秘

女性で悩んでいる方が多い便秘は単に排泄がうまくできていないというだけではなく体全体に影響を及ぼしてしまうものです。 本来きちんと排出されるべき老廃物が長くとどまることで毒素なども多く体に取り込んでしまうため体に影響が出やすくなってしまうのです。きちんとしたお通じがあることは美肌にもつながる重要なポイントでもあります。 適度な運動と食物繊維の多い食事などできるところから改善していきましょう。便秘薬などは自己判断で利用するのではなく医師の指示で利用するようにしたいものですね。

肌荒れが出来てしまったら、クリニックを受診しましょう

顎をおさえている女性の口元 肌荒れにはこれまで示したようにいろいろな原因があります。自分でどれが原因か特定することは困難ですし中には大きな病気などが隠れていることもあるので注意が必要です。 肌荒れが気になった場合や長く続く場合はぜひクリニックを受診してみましょう。

さいごに

肌荒れは美容の面から非常に気になるものですが、体からのサインであることも多いものです。 肌荒れをきっかけに自分の生活や体のことについてもう一度見直してみましょう。健康な体作りを意識することが肌荒れの改善にもつながっていきます。

関連記事