鼻の毛穴に有効な施術【レーザー治療】についてご紹介します

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

鼻の毛穴に有効な施術【レーザー】について紹介します

鏡をみて顔の肌にできたニキビやシミなどのできものを気にしている女性 鼻の毛穴は目立ち始めるとメイクをしてもカバーしきることが出来ません。それを解消するにはレーザー治療を受ける必要がありますが、その内容、費用は具体的にどういったものなのでしょうか?まずは詳細をチェックしていくことからはじめていきましょう。

レーザー治療が必要な鼻の毛穴の状態

①毛穴の詰まり

まず挙げられるのが、毛穴の詰まりです。患部に皮脂や空気中のホコリ、老廃物などがたまっていくことによって詰まりの症状が起こります。放っておくと患部の炎症や黒ずみを引き起こす事もあるため、注意が必要になってくる症状でもあります。早急に対処していくのがお勧めです。

②毛穴の開き

この他にも治療が必要になってくるケースはあります。それが毛穴の開きの症状です。乾燥や肌機能の低下で症状が引き起こされていることもありますが、時に素人が患部の汚れ、皮脂や老廃物を自己流に取り除くことで症状が顕著にあらわれてしまうこともあります。 この上にメイクを施せば患部に汚れがたまり悪循環を招くこともあるので、症状に該当する場合には注意していきましょう。

③毛穴の黒ずみ

治療が必要な症状として、黒ずみも挙げられます。先に挙げたように、肌の内部に皮脂汚れや空気中のホコリ、老廃物が入りこめばそれが黒ずみとなってあらわれます。 時に、ニキビなどの炎症の後にこの黒ずみが発生することもあるため、見極めが必要です。ニキビなどの炎症のと後に起こった黒ずみは肌内部で起こる色素沈着が原因となっていることもあります。

④毛穴のたるみ

この他、肌細胞の機能が低下することで皮膚がたるみ、症状を引き起こしていることもあります。肌が乾燥したり、栄養が不足することで、肌細胞に必要な栄養素、水分をうまく保てなくなっていくわけです。これがたるみを引き起こし、見た目に老けた印象をつくっていくことになります。症状が進むと、これがしわやほうれい線の原因となることもあります。

⑤クレーター鼻の毛穴

鼻にクレーターが出来ているという場合にも治療が必要になってきます。鼻は顔の中でもとりわけ人の目がいきやすい場所です。クレーターの症状があまりにも重い場合にはメイクでもカバーしきることが出来ないので、早急に対処していく必要があります。 この症状は素人が毎日のスキンケアでどうこうできるものではないため、最初から治療を受けることをおすすめします。

⑥ニキビなどの炎症を起こしている鼻の毛穴

今現在、ニキビなどで患部が炎症を起こしてしまっているという人でも治療が勧められます。まずは炎症を抑えて、その後肌細胞の活性化を促進することで、いち早く症状を緩和していくことができます。 先にも挙げたように鼻は顔の中でもとりわけ肌トラブルが目立ちやすい場所です。ニキビなどの炎症も早め早めに対処していくことによって症状の重症化を防ぐことができます。

鼻の毛穴治療に有効なレーザー

頰とこめかみを手でおさえている女性

①フラクショナルレーザー

実際の鼻の肌トラブルに有効な治療について、まず挙げられるのがフラクショナルレーザーです。この治療は特殊な波長の光を面ではなく点状に照射していきます。光を照射した部位の細胞が破壊され、その部位をカバーするように周りの肌細胞の機能が活性化していきます。肌の引き締め効果も高く、たるみやしわなどの症状も一緒に治療できるのがメリットとなります。 ただ、1回の治療で劇的な効果が得られるというものではなく、症状の度合いによっては何度も施術を重ねていかなければいけない事もあります。費用は1回あたり3万円前後が相場となってきます。基本的に美容目的の治療では保険が適用されないため、施術を繰り返せば繰り返すほどトータルでの費用は大きくなっていきます。

②アファーム・マルチプレックス

鼻の肌トラブル対処におすすめの治療として、アファーム・マルチプレックスという方法も挙げられます。この治療の仕組みは先に挙げたフラクショナルレーザーとほぼ同じですが、メリットとして施術前の麻酔がいらないという点が挙げられます。施術中にはマシンについた冷却装置によって、患者が感じる熱や痛みを軽減していきます。 費用相場は1回あたり3万円ほど、決して高すぎるわけではありませんが、やはり1回の施術で劇的な効果が得られるというものではないため、治療には複数回分の費用が必要になってきます。人によってはこれがデメリットとなるわけですが、より自然な効果を期待したいというのであれば、こうした少しずつ見た目を変化させていく方法がおすすめとなってきます。

③ヤグレーザー

鼻の毛穴治療に有効な手段として、ヤグレーザーという方法もあります。この治療では、光を患部に照射していくことで患部の肌細胞をわざと破壊していきます。一度古い皮膚細胞を取り除いた上で、肌細胞を再生していくというわけです。前に挙げた施術に比べて効果が高く、1回の治療でも十分な効果が期待できます。 ただ、デメリットして、施術後には患部にかさぶたができてしまうため、見た目の影響がより大きくなります。もちろん、かさぶたも一生残るというわけではありませんが、ダウンタイムの期間中は見た目のケアに注意が必要です。 費用は1回あたり3万円ほど、美容目的であれば保険は適用されませんがレーザーを照射する範囲が狭ければ狭い程、この金額もさらに安くなっていくことがあります。

④カーボンピーリング

鼻の肌トラブル治療の候補として、カーボンピーリングという方法も挙げられます。このカーボンピーリングは肌の表面にカーボンローションを塗って、その上から光を照射していきます。毛穴に詰まった汚れや皮脂を取り除いていく効果があり、1回の施術でも十分な効果があります。 症状が顕著な場合や炎症がひどい場合には複数回の施術が必要になってきますが、費用負担は1回あたり2万円程度、そこまで高額な出費というわけではありません。美容皮膚科などで治療を受ける場合には基本的に健康保険が適用されないため、この金額は全額自己負担となってきます。この金額に診察代や処方代が含まれているのかどうか、それは利用する病院によっても異なってくるので注意していきましょう。

⑤パールフラクショナル

パールフラクショナルの治療を受ける場合、期待できるのは肌の奥部分、真皮層からの肌質改善効果です。これまでの施術はあくまで肌表面の変化に特化したものでしたが、この治療では、真皮層にまで届く特殊な光が用いられます。元々の肌質から改善していくことが出来るので、より長い目で効果を実感していくことが可能です。 ただ、その分効果があらわれるまでに期間を有することになりますし、施術回数も人によっては多くなっていくというデメリットも生じていきます。費用負担は1回あたり20万円ほど、決して安くはない治療なので予算の関係で不向きだという人も出てきてしまいます。利用の際には複数回の施術がセットになったコースで申し込むなど、患者側の工夫も大切です。

⑥マックスピール

マックスピールでは施術の際に肌表面にカーボン粒子を塗っていきます。このカーボンの黒い色素に反応する光を肌全体にあてていくことで、肌細胞を破壊し再生を促していくというわけです。 黒ずみの治療に効果的とされていて、施術の後には肌のカラーがワントーン明るくなることもあります。毛穴だけでなく、肌全体のくすみを改善するという目的でも人気の治療法となっています。 ただ、この施術も1回だけで効果が得られるというものではなく、2週間程度間隔をあけて5回ほどの施術が必要になってきます。人によって施術回数は異なってくるものの、費用は1回あたり1万円ほどですが、トータルで5万円前後の費用が必要になってくるという点には注意が必要です。

⑦ポラリス

鼻の毛穴治療に有効なレーザーとして、ポラリスという方法も挙げられます。ポラリスは肌表面ではなく、真皮層に直接届く特殊な光を用いて施術を行っていきます。1回の施術でも肌のたるみが改善されるなど、その場で見た目の違いを時間していくことが出来る、これが最大のメリットとなります。 ただ、数か月程度期間がたつと、肌のターンオーバーによって若干効果が落ちてしまうことがあります。それでも効果がすぐになくなるというわけではないのですが、費用は1回あたり3万円ほど、効果を持続させたい時には定期的に治療を受ける必要も出てきます。その都度担当の医師と相談して、予算の範囲内で治療方針を決めていくようにするといいでしょう。

レーザー治療を受ける場合はクリニック・医師選びが重要である

こうしたレーザー治療は利用する病院の設備、担当する医師の技術力によって治療の選択肢が変わってくることになります。治療の効果、リスクの確率も変動してくることになるので、利用の際にはできるだけ設備が整っていて、腕の良い医師を選ぶようにしていきましょう。

費用は、一回分の料金ではなく、効果が出るまでの複数回分の費用を考えておく

レーザー治療の場合、施術1回あたりの費用を参考にするのではなく、トータルでの費用を参考にしていくのがお勧めです。人によって施術の回数は異なってくるものの、あらかじめカウンセリングなどで予算や希望を医師に伝えておけば、より自分に合った治療方法、施術回数を提示してもらえます。

自分に適した施術を、きちんと見極めて行う必要がある!

綺麗な二重をした女性の目元 鼻の毛穴に関するトラブルはレーザー治療によっていち早く解決していくことが出来ます。それぞれの症状でおすすめの治療は変わってくるので、まずは自分がどのタイプの治療に向いているのか、予算や希望を踏まえた上でチェックしていきましょう。

関連記事