目の下にできるクマの種類|原因から対策方法まで徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

目の下のクマの種類について紹介します

顔のパックでスキンケアしている笑顔の女性 目の下のクマは睡眠不足やストレス・体調不良など原因で出てきますが、顔色が悪く見えたり目立つので悩んだり気にしている人は多くいるでしょう。目の下のクマにはいくつか種類があり、気になるクマを解消する方法があります。今回は、そんな様々なクマの原因や対処法について紹介していきたいと思います。

目の下にクマができる原因

目の下のクマができてしまう原因にはいくつかあり、一般的には睡眠不足だったり疲れや疲労などによるストレスなどによってうっ血で血液が黒ずんでしまったりすることは知られています。 また、他にも皮膚の下にメラニン色素が沈着する状態によって目の周辺のクマが黒く見えてしまうことがあります。 クマの種類は1つではなく青クマや黒クマ、茶クマなどがありそれぞれの種類によって原因が異なり、できてしまったクマの種類によってケアも変えることによって解消することが可能です。

目の下のクマの種類

①青クマ

目の下のクマにはいくつか種類があり、青クマは目の下に薄く青っぽいクマが広がります。 目の周りに集まっている毛細血管が透けて見えていて、見分け方は下まぶたを下側に引っ張った時、多少薄くなるようなものが青クマです。 原因として目の周りにたくさんの毛細血管が集まっていて、血行が悪くなってしまうと血液がうっ血し、薄い皮膚が青っぽく透けて見えるようになります。血行不良の原因として冷えや生活習慣の乱れ、寝不足やストレスなどがあり、目を酷使しても起こることがあります。 冷え性の人や貧血の人、毎日パソコンを使っていたり読書などで目が疲れている人に多くでるので目を休めたり周辺をマッサージして血行を改善することが大切です。

②茶クマ

目の下のクマの種類には茶クマがあり、茶クマは目の下に茶色が広がっている状態になります。下まぶたはもちろん、上まぶたも含めて目の周りの全体が黒ずむこともあるでしょう。 見分け方として鏡を持って正面から見た時と、天井に向けて鏡を見た時とでクマの感じが同じなら茶クマの可能性があります。原因として茶クマは色素沈着があり、例えば紫外線からのダメージやメイクを落とすのにこすり過ぎたり、マッサージを強くし過ぎて摩擦からの刺激によって色素沈着を引き起こすことがあります。 注意すべき人は紫外線を浴び続けたり、メイクやマッサージなどで目の周りを刺激したり、目をこすってしまうクセがあるような人は色素沈着を起こしやすいので茶クマができやすいでしょう。

③黒クマ

目の下のクマには黒クマがあり、涙袋の下に脂肪が突出している、いわゆる目袋の膨らみによって影ができてしまうことを言います。 影が黒い線のように見えることから黒クマと呼ばれていて、膨らみを押した時に黒い線が消えたり影が消えると黒クマの可能性があります。照明が当たると影が黒く強調されたり、むくみがプラスされると目の下がたるみクマが目立つでしょう。 原因として加齢によって目の周囲の筋肉などが衰え、眼球を支える下まぶたにある脂肪が前に出てしまうのです。注意が必要な人は加齢によって目の下が膨らんだり、小ジワやたるみなどが気になりだしたら要注意で、もともと目の下がくぼんでいたり加齢によって脂肪がくぼんでしまうと、影になり黒クマになりやすくなります。

④赤クマ

目の下のクマの種類である赤クマは目の下が赤く腫れたような状態になります。見分け方として目の下の皮膚を下側に引っ張る時、赤みが増えると赤クマの可能性があります。 原因としては黒クマと同じようにまぶたの奥の脂肪が前に出ると同時に、脂肪のある筋肉も突出するのでこの筋肉が赤く透けて見えるのです。加齢が原因によるたるみや目の疲れ、血行不良などによって血管の詰まりが起こり目の下が赤く見えることもあるでしょう。注意すべき人は仕事やパソコンなどで目を酷使する人です。 赤クマは比較的軽いクマになりますが、適切なケアをしないでそのまま放っておくと、目の下のたるみに繋がることがあり早期のケアを行うと改善することができるでしょう。

目の下のクマの予防法や改善方法

笑顔のクリニックの男性医師

①青クマ

目の下のクマの一つである青クマの対処法として、マッサージやホットパックを使って血流を良くするのが効果的です。 例えばマッサージはクリームなどで滑りを良くし、指でやさしく行うと良いでしょう。強い力で押したりこすると色素沈着を起こし、茶グマの原因にもなるので注意が必要です。血行を促進するのに効果があるビタミンKが含まれているクリームは効果があります。 全身の血の巡りを良くする半身浴や運動も予防になり、喫煙は血流を悪くするのでタバコはやめましょう。漢方などを利用すると血流を良くすることができ体質改善を図ることができるので、インナーケアにも役立ちます。また、光治療などを行うとクマをきれいにすることができるでしょう。

②茶クマ

茶クマには2種類あり、表皮レベルの茶クマが原因の場合、色素沈着が原因になるので対処法として美白効果の入った化粧品がおすすめです。日々のケアには美白作用のあるビタミンCが配合したスキンケアが良いでしょう。 クリニックで処方されるお薬も効果があり、目の近くに使うので注意しながら使うことが大切です。 真皮レベルの茶クマが原因の場合、あざが原因で20歳前後から目の下などに現れる青みのある灰色や茶色が混ざった色素斑が原因で、メラニンが皮膚奥に沈着している状態になります。対処法としてレーザーでの治療が効果的です。

③黒クマ

目の下のクマの種類である黒クマには二つの原因があり、まずもともと目の下の脂肪が少なかったり、加齢によって脂肪が萎縮し、皮膚のたるみからへこみが目立ち影ができることがあります。この場合、皮膚のへこんだ部位にヒアルロン酸を注入してへこみを失くすことが可能です。 次に、加齢によって目の下の眼窩脂肪を支える筋肉がゆるんでしまい、眼窩脂肪が突出することによってたるみが生じたり、へこみができることがあります。このケースであれば、眼窩脂肪などをきれいに取る脱脂術の手術を行うことで、改善することが可能です。

④赤クマ

赤クマの場合、青クマや黒クマと同様の解消法を取り入れたり、血流を良くし、筋肉を鍛えるようなストレッチを行うのが有効的です。 例えば​ホットタオルで温めたり、目の周辺のリンパをマッサージしたり、目のツボを刺激すると良いでしょう。目の筋力を鍛えるような運動をしたり、疲れを感じたらアイケアを行うことがおすすめです。

症状や原因に合わせた治療を行うことで効果が期待できます

目頭に蒙古ひだがない二重の大きな目 目の下のクマにはいくつか種類があり、それぞれ異なった原因が想定されます。それらの対処方法も異なるので、症状や原因に合わせた対応が必要です。不安な場合は、クリニックを受診して、医師に診断してもらうことで、より適切なケアが可能になるので、検討してみてはいかがでしょうか?

関連記事