毛細血管拡張症の治し方について|適応可能な様々な施術法をご紹介します

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

毛細血管拡張症の治し方について紹介します

顔の輪郭をおさえた女性 毛細血管拡張症を気にしたり悩んでいる人は多くいます。毛細血管拡張症は赤ら顔のことで、特に女性の場合はメイクなどで隠そうと思ってもカバーできないこともあり、赤ら顔だとアルコールを飲んでいるかのように見られたり、常に緊張しているのではないか勘違いされることなどもあって気にしている人もいるでしょう。ここでは、そんな毛細血管拡張症の治し方について徹底的にご紹介していきます。

そもそも毛細血管拡張症とは?

毛細血管拡張症はアルコールを飲んでいなくても顔が赤くなる症状を言います。原因として毛細血管が拡張されると血液が毛細血管に集中し赤く目立つようになりますが、渋滞状態と同じものだと言えます。 毛細血管においてこのような症状で起こると、まるで赤く浮き出たようになってしまうでしょう。治し方として血液の流れを正常に戻す必要がありますが部位を冷やすことによって改善することができたり、足が冷えている時もあるので足を温めると改善することが可能です。

毛細血管拡張症の治療法①レーザー治療

毛細血管拡張症は医療レーザーを使うと不要な毛細血管を壊すことによって改善することが可能です。 レーザー治療はシミやほくろをとったり脱毛や美肌ケアなども施術することができますが、毛細血管拡張症波長レーザーを使用することによってコラーゲン生成を促進することができます。 レーザーを使い必要のない毛細血管を壊し、赤みの原因を取り除くことが可能です。毛細血管を破壊するレーザーを部位に当てると、熱エネルギーが血管に伝わって毛細血管を焼き固めていきます。費用は範囲によって異なりますが、だいたい3万円~5万円ぐらいが相場でしょう。

・レーザーの代表的な施術「Vビーム」

毛細血管拡張症に治療のために導入しているレーザーにはいくつか種類がありますが、Vビームは保険が適用される施術です。 メリットとして軽度の症状ならレーザーを何回か照射することによって赤みが目立たなくすることができるでしょう。高額にはなりますが性能の良いマシンに切り替えることも可能です。デメリットとして保険を使用する場合は回数に制限があったり、Vビームを照射すると赤紫色の内出血が現れるケースもあります。ダウンタイムは1週間ぐらいですが、人によっては1ヶ月近く残ることもあるでしょう。

・レーザーの代表的な施術「ヤグレーザー」

毛細血管拡張症の代表的な施術にヤグレーザー(ジェネシス)があり、レーザーを照射し皮膚の下にある深皮層に向けて熱エネルギーを与える施術です。 メリットは赤ら顔の原因である毛細血管を消失することができ、ダウンタイムは7日〜10日ぐらいで人によってはかさぶたができることもあります。 保険が適用できるのはVビームのみとなっているので、デメリットは保険適用がないことです。しかし、医療機関において毛細血管拡張症と診断されると場合によっては保険が適用されることもあります。

毛細血管拡張症の治療法②光治療

毛細血管に直接フィルターをかけ優しい光を当てることによって血管を収縮させ赤みを抑えることが可能です。一瞬だけ光を治療する部位に当て、赤みの原因である血管を破壊します。 保険適用外で、費用は1回2万円〜3万円ぐらいが相場で、ダウンタイムは1週間ぐらいでしょう。メリットは赤ら顔はもちろん小じわなどにも効果があり、お肌のダメージがほとんどありません。デメリットはレーザー治療よりも即効性がないことでしょう。

・光治療の代表的な施術「フォトフェイシャル」

フォトフェイシャルはIPLという光を肌に当てる方法です。メリットとしてお肌のくすみなどにも効果があり、美容クリニックやエステなどでも利用されています。デメリットとして肝斑が悪くなることがあり、保険適用はありません。 ダウンタイムは1週間ぐらいで、費用は1ショット4,000円~6,000円ぐらいでしょう。やや炎症が出ることもありますが、2週間もするときれいになります。

・光治療の代表的な施術「ライムライト」

顔の広範囲に広がっているシミやソバカス・赤ら顔などをスピーディに改善することができる美肌総合治療器です。 お肌に最適な設定が組み込まれていて、安心・安全に治療することができるでしょう。メリットとして治療した後、炎症後色素沈着の出現などが低く、効率よくお顔全体を治療することができます。 デメリットとして照射した後、数日間はお肌が通常より乾燥することがあります。保険適用外でダウンタイムは1週間ぐらいでしょう。

毛細血管拡張症の治療法③ステロイド

ステロイドは拡張した毛細血管や炎症などが起きた部位を収縮させたり、炎症を鎮める効果があります。 メリットは手軽に塗ることができ、費用も低価です。デメリットは副作用によって症状が酷くなることがあるので使用する際には注意が必要です。ステロイドは医療機関から購入することができるので保険が適用されます。 ステロイドを長期に使用していると、敏感肌の人は肌があれてきたり赤みがひどくなることもあるでしょう。医師と相談しながら適量を使用すると効果が現れてきます。 ステロイドには副作用があるなどの怖いイメージがありますが、上手に利用すると効果的に良く効く薬なので、飲み薬や塗り薬などの多角的な治療を行うことが可能です。

毛細血管拡張症の治療法④漢方

毛細血管拡張症の治し方には漢方薬があり、漢方薬は植物や鉱物といった生葉を用いた天然成分でできています。 西洋薬と比較すると刺激が少なく、副作用もほとんどありません。費用も低価で利用することができ、医療機関で購入すると保険を適用することができるでしょう。デメリットは即効性がなく、長期にかけて服用したり長い目で効果を見ていくことになります。 漢方にはいろいろな種類があるので、自分の症状に応じたものを選択することが可能です。

毛細血管拡張症の治療法⑤抗生物質

毛細血管拡張症の治療には抗生物質や抗菌薬などを使用することもあります。 保険適用で医療機関で購入することができ、症状を抑えることが可能です。比較的低価で購入することができますが、デメリットとして飲み合わせに注意が必要で、お腹の調子が悪くなるなど副作用の可能性があります。 使用期間などにも注意が必要で、飲む期間が少な過ぎたり、途中で使用をやめてしまうと効果がなくなるケースもあるので、医師と相談しながら服用すると良いでしょう。

毛細血管拡張症の治療法⑥食生活の改善

毛細血管拡張症の治し方には食生活を改善する方法があります。アルコールやカフェインは適度にとるようにしたり、香辛料を取り過ぎないことが大切です。自炊で栄養バランスの良い食事をとるようにし、3食規則正しく食べるようにしましょう。 刺激物をとりすぎないことが大切で、ビタミン類を意識して摂取することが大切です。緑黄色野菜や根菜類を使った料理をなるべく食べると、赤ら顔を改善するには効果的で健康的なじょうたいにもなるでしょう。

毛細血管拡張症の治療法⑦自律神経を整える

自律神経が乱れると毛細血管の動きもおかしくなり、毛細血管拡張症や赤ら顔が発生することもあります。 自律神経は生命維持に必要な自律的活動をつかさどる神経で、呼吸や血圧などを調節しています。 毛細血管を拡張したり収縮したり、血圧や血流調節を行っているので、自律神経が正常になることによって赤ら顔を改善することができるでしょう。ストレスをためない生活をおこるのが大切で、普段の生活においてリフレッシュすることが大切です。

毛細血管拡張症の治療法⑧スキンケア

毛細血管拡張症のお肌には極力刺激を与えないが大切で、スキンケアが重要になってきます。 例えば洗顔する時、刺激の少ない洗顔料に変えたり、たっぷりの泡でケアすると良いでしょう。敏感肌向けのスキンケアもおすすめで、赤ら顔用のスキンケアグッズが多く市販されていて、毛細血管拡張症の人には毛細血管にアプローチするような化粧水が効果的です。 セルフケアという観点から試してみるとお肌の改善に繋がることができるでしょう。

自分にあった方法を選択することが重要

両手で顔をおさえている女性 毛細血管拡張症で悩んでいる人が多く、美容整形やステロイド、漢方や抗生物質などを使って改善することが可能です。毎日の食生活を見直したり、スキンケアを丁寧にすることによって赤ら顔を改善することが可能です。

関連記事