しこりニキビの治し方について|原因や治療法、予防策まで一挙ご紹介します

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

しこりニキビの治し方について紹介します

髪を書き上げている女性 ニキビが出来たとき、芯のあるしこりが出来ることがありますが、これはしこりニキビと呼ばれていて通常のものよりも治りにくく跡が残りやすいのが特徴です。原因をさがして適切な対策をすることで、症状を改善することが出来ます。

そもそもしこりニキビとは?

しこりにきびとは、さわったときに固い芯のある感触の症状で、皮膚が炎症を起こして晴れている状態を指します。一般的な症状と比べると大きめなのが特徴で、赤みを帯びていたり黒っぽくなっているものもあります。 一般的なニキビが数日で治るのに対してしこりのあるタイプは治るまでに時間を要するのが特徴です。中にある固い芯のあるしこりが外に出たり炎症が鎮静化しないと改善は見込めませんので、スキンケアや治療の必要があります。

しこりニキビが出来る原因

しこりのあるニキビができる原因としては、肌のターンオーバーが乱れていることが原因と考えられます。肌は約一か月周期でターンオーバーを繰り返していますが、何らかの原因でこのターンオーバーが上手くいかなくなるとしこりのある症状が目立ってくることがあります。 そのため、肌のターンオーバーを正常化させるスキンケアが必要となります。皮膚のトラブルでは皮脂のケアに着目されがちですが、しこりのある症状では保湿が重要です。

しこりニキビを治す方法

ニキビ薬を使用する

しこりのあるニキビの治し方として最も効果的なのが、皮膚科で処方された薬を使う方法です。皮膚科を受診すると、症状に最適な薬を処方してもらえます。治療薬にもいくつかの種類がありますが、しこりのある症状の場合には皮膚の角質を柔らかくして皮脂の分泌をスムーズにする薬が処方されます。 この治し方は健康保険が適用されるので安価で治療できますし、効果が高い方法ですのでスキンケアで改善が見込めない時には適切な治し方と言えるでしょう。

洗顔・保湿を正しく行う

しこりニキビの治し方として、洗顔や保湿を正しく行うことも重要です。洗顔は肌に合った洗顔料やせっけんを使って肌を清潔にします。メイクをしているときにはクレンジングジェルやクレンジングミルクを使って肌に負担をかけないように肌を洗浄します。 保湿は化粧水や乳液、オールインワンゲルなどで洗顔後速やかに肌に潤いを与えると、肌のターンオーバーを正常化させるのに役立ちます。肌トラブルが起きているときにこそ保湿を心がけるようにしましょう。

皮膚科で治療する

しこりニキビを治す方法として、美容皮膚科での治療が有効です。一般的な皮膚科よりも美容を専門としている皮膚科のケミカルピーリングや炭酸ガスレーザー、切開手術などで皮膚をなめらかにして皮脂の分泌をスムーズにし、皮脂が毛穴にたまりにくい構造を作る治療が効果的です。 美容皮膚科や美容外科ではこうした治療を受けることが出来ます。健康保険は適用になりませんが、有効な治療方法がそろっているのが特徴です。

しこりニキビができた時の注意点

自分で潰さない

しこりニキビが出来たときには、自分でつぶさないことが注意点と考えられます。皮膚科でつぶしてもらう治療がありますが、自分でつぶしてしまうと雑菌が繁殖してさらに腫れてしまうことがありますし、痛みや赤みが増してしまうケースもあります。 自分でつぶしてしまうとクレーター状の跡や色素沈着状の跡が残ってしまうケースもあります。後になってしまうと治りにくくなりますので気になる症状があるときにはスキンケアをしながら専門医を受診するのが良いでしょう。

化粧は薄めにする

皮膚にトラブルが出ているときにはメイクは薄めにするのがポイントです。油脂分の多いファンデーションをつけてしまうと毛穴をふさいでしまい、皮膚が呼吸をしにくくなって皮膚のトラブルのもととなります。 ファンデーションを使う時にはクリームタイプは避けてパウダータイプで油脂分の少ないタイプを使います。長時間塗っていると皮膚がトラブルを起こしやすくなりますので、帰宅したらすぐにメイクを優しく落として肌を休ませるようにしましょう。

しこりニキビ予防するには「肌のターンオーバー」がポイント!

しこりニキビを予防するには、ターンオーバーに着目したスキンケアが重要なポイントです。毎月肌は生まれ変わりますが、日頃の生活習慣やスキンケアによってはそのサイクルに変化をきたすことがありますので、定期的に肌が生まれ変わりやすくするためのサポートとして、スキンケアや生活習慣を見直すのも重要です。 ターンオーバーはホルモンバランスや自律神経、免疫力などとも密接な関わりがあります。ストレスをためずに睡眠不足にならないような工夫をするのもポイントです。

しこりニキビを予防する方法

生活習慣を整える

しこりニキビを予防するには生活習慣を整えるのが有効です。食事はミネラルやビタミンなどのバランスが取れたものが良いでしょう。野菜や卵、肉や魚、ナッツ類やフルーツなどの食材をふんだんにつかってなるべくバランスの取れた食生活を心がけましょう。 質の良い睡眠も美肌作りには欠かすことはできません。できれば夜の10時から夜中の2時ごろは肌が再生される時間ですので就寝しているのが望ましいでしょう。遅くても夜12時までには就寝することを心がけましょう。

スキンケアをしっかりする

しこりのあるニキビを予防するには、スキンケアをしっかりすることが重要です。毎日の洗顔では余分な皮脂や汚れをスッキリ落とす必要がありますので、泡立ちの良い洗顔料でメイクや毛穴の汚れをスッキリ落とします。 スキンケアで重要なのが保湿です。あまり油分の多いものをつけると毛穴をふさぎやすくなりますので、さっぱりタイプのローションや乳液を使って保湿をすると良いでしょう。オイリー肌の方でもうるおいは必要ですので、たっぷり保湿を心がけます。

普段の生活から改善していくことが大事!

頭にタオルを巻いて寝転んでいる女性の顔 しこりのあるニキビが出来たときは、ターンオーバーを意識したスキンケアと生活習慣の実践が早期解消につながる近道です。ファンデーションは油分の少ないものを選び、栄養バランスや睡眠、ストレスに配慮した生活をするのが重要です。

関連記事