ワキガと菌の関係性について|性質や改善方法など徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ワキガと菌の関係についてご紹介します

花を持っている女性 他人にも不快感を与えてしまうワキガのあの強い臭い、「ワキガ臭」は季節を問わず悩まされる厄介な症状といえます。この臭いに悩まされている人の体質にはさまざまな要因があると言われています。そのひとつがワキガ菌とよばれるものです。

そもそもわきがとは??

個人差が激しく定義が難しいと言われていますが、アポクリン腺が確認でき、本人がワキガの臭いを自覚し悩んでいるのであればワキガが成立していると言えるのではないでしょうか。 これらによる精神的苦痛は計り知れず、生活に支障が出てしまう可能性があるので、深刻になる前に専門の医師に相談することで大きく改善させることが出来ます。

よく聞く「エクリン腺」と「アポクリン腺」って?

エクリン腺は誰にでもある腺といわれていますが、アポクリン腺はもっている数に個人差が激しく、アポクリン腺のない人はワキガに悩まされることはないとも言われています。 その理由として、このアポクリン腺からでる汗を好む菌が付着することで、強い臭いを発生させます。 またアポクリン腺がなければワキガ菌は生きていくことができないません。(エクリン腺からでる汗にはワキガ菌は付着できません。)

ワキガ菌の正体はコリネバクテリウム属の菌や表皮ブドウ菌

アポクリン腺からでる汗に付着するワキガ菌は、主に「コリネバクテリウム属の菌」や「表皮ブドウ菌」といわれています。これらはどこにでも存在する普通の菌で、好む環境に住み着く特性があります。 ワキガはこれらの条件が揃うことで不快感をあたえるような悪臭などが発生してしまうのです。

乾燥にとても弱く湿度を好む特徴がある

これらの菌は湿度を好む為、汗腺の多い脇の下や蒸れやすいボトムや靴の中などで繁殖しやすいといわれています。 しかし下半身にはアポクリン腺がほぼないので発生する多くは脇などで発生することが殆どといわれています。ワキガの臭いを予防したい場合は、乾燥に弱い性質を活かし、通気性の良い衣服を着用するなど、菌が繁殖しないような工夫が必要です。

一方で、ワキガはフェロモンの役割も果たす…?

不潔や不衛生といった悪いイメージの強いワキガですが、もともとはフェロモンという繁殖などに必要で重要な役目があるといわれています。 しかし清潔感を重視される現代では、理解されることが少なく、不潔なイメージがつきやすいので民間療法から医療まで様々な方法やグッズが登場しており、対応することが可能です。

ワキガを改善させるには、こうした菌を殺菌する必要がある

症状を改善させるには、脇など菌が繁殖しやすい部分の適切な殺菌・洗浄などが重要となってきます。あまりに強い薬剤や強い力を加えた摩擦洗浄などを行うと悪化してしまう場合があるので注意が必要です。 よく泡立てた洗剤でアポクリン腺の存在する部分を中心に優しく洗い流したり、制汗剤を使用することで症状を抑えることができます。

衣服にも菌が付着する可能性もあり、注意が必要!

花を持った女性 アポクリン腺が存在する人体部分のケアも必要ですが、そうしたアポクリン腺付近の衣服の布地からも臭いが発生しやすいといわれています。 よって、ワキガが気になる場合は衣類に気を配る必要もあり、根本的に治したい場合は、早めにクリニックを受診する必要があります。

関連記事