エラにできるニキビの原因と治し方|正しい肌ケアの方法をわかりやすく説明!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

エラにできたニキビが気になる方へ

ピアスをして綺麗な輪郭をしている女性の横顔 ニキビができやすい人は、場合によっては顔以外のところにも表れることがあります。しかしエラの部分にニキビができる場合は、生活習慣や肌を扱う力加減などにも原因があるため、できてしまった原因をしっかりと知っておくことで改善されるかもしれません。 そこで今回はエラにニキビができてしまう原因や治し方について詳しく紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

エラにニキビができる原因

女性

洗顔不足・毛穴の詰まり

ニキビは毛穴に詰まり具合によって悪化する可能性があります。顔の皮脂は毛穴に詰まりやすい性質があるため、毛穴に菌が繁殖して炎症を起こしやすいと言われています。よって洗顔不足の場合は毛穴の衛生状態が悪くなりやすいでしょう。

乾燥や間違ったスキンケア

皮膚が乾燥しすぎている場合も皮膚に炎症が起こり、ニキビができやすくなってしまいます。例えば温水で力いっぱい顔を洗う行為はあまりよくないとされています。温水は必要以上の皮脂を洗い流してしまうため、粘膜のバリアの抵抗が弱まりやすいというデメリットがあります。

食生活の乱れ

ファーストフードは良質な栄養素が含まれていません。しかし良質なタンパク質をたくさん摂ることで肌に弾力が生まれます。よってファーストフード以外の肉や魚を毎日食べることで、良質なタンパク質をバランスよく取れると思われます。

ホルモンバランスの乱れ

骨が出っ張っている頬やエラの部分はニキビができやすいと言われています。これはホルモンが骨の歪曲に沿って集中しやすい性質があるため、ホルモンバランスが乱れる事によってエラの部分に集中する可能性があります。

接触による刺激

洗顔や毛の処理をする時はエラの部分が骨に沿っているため強い力を与えてしまいがちです。また皮膚が比較的に薄いため、ほんのわずかなダメージでも炎症が起きやすいです。また男性は剃刀を使うため、エラの部分の皮膚組織を傷つけて毛穴にダメージを与えやすいと言われています。

エラのニキビを治す方法

ポイントや注意点を教えている女性医師

正しい洗顔・スキンケアを行う

エラの皮膚は敏感なので、あまり力を与えると負荷をかけてしまことににあります。また、ニキビができてしまった時にニキビをつぶして治すという方もいますが、逆に菌が繁殖して悪化するケースが多くみられます。 もしもニキビをつぶしてしまった場合は、洗顔クリームなどで肌の弾力を高めておくと良いです。また極度に乾燥している場合に温水で洗顔するのは良くありません。寒くても冷水で洗顔を行うことで肌のバリアは守れます。こうすることで後のスキンケアも楽に済むため、皮脂を落としすぎない事がポイントです。

食生活を見直す

食生活が乱れることでホルモンバランスが乱れてしまいニキビが多くなってしまいます。即席食品を摂りすぎてしまうと、大量の炭水化物と添加物を摂り入れることになります。これらは肌の粘膜を破壊して細胞の活動を悪化させてしまうため、エラの部分にニキビができやすい可能性があります。 よって、栄養素の多い海藻や脂身の少ない良質な肉類を食べることで、タンパク質とミネラルがバランスよく摂ることができます。タンパク質は美肌の宝庫と言われますが、ミネラルにも同じような効果があります。

生活のリズムを整える・規則正しい生活をする

エラのニキビを治すためには、生活のリズムを整えることも大事です。特に夜は肌の細胞が生まれ変わる時間帯になるため、本来夜になると就寝を始めなければなりません。 しかし夜中まで起きて朝ごろに寝るような生活をくりかえすと、細胞は混乱してホルモンバランスが乱れる要因にもなります。よって規則正しい生活を送るのはニキビを解消する最善の策とも言えます。

接触による刺激を避ける

美顔器や剃刀は肌を清潔にする効果がありますが、以外にも肌を傷つけやすい特徴があります。これらを行った後に肌が赤みを帯びている場合は炎症のサインでもありますから、もう少し力を抜いて作業をする必要があります。炎症部分はほこりなどの接触によって悪化してニキビを生み出すことがあるため、よく注意する必要があります。

病院で治療をしてもらう

どうしてもストレスなどの影響でニキビが改善しないこともあると思われます。そのような場合にはクリニックなどの医療機関で治療できることがあります。 例えば海藻粘りを溶かした薬を塗ることで、肌の毛穴部分に緩やかなバリアを作り出す効果があります。乾燥した日でも顔の脂がバランスよく保たれて、皮膚の炎症を抑えてくれやすいです。また余計な添加物が少ないため副作用の心配も少ないことから、皮膚が弱い人にとって良い方法でもあります。

エラにニキビができたら早めに病院にいくことが大切

エラにニキビができた場合も自然に生活を見直すことで治ることが多いですが、悪化する場合はすぐに病院で受診してもらう方が良いです。人によってニキビ跡が残りやすいこともあり、悪化するとなかなか消えなくなってしまうため早いうちに対策をすることが大事です。

自分の状態に合った治療を行いましょう

クリニックの男性医師 ニキビはホルモンバランスの乱れによって発生しやすいため、特にエラの部分は皮膚が薄いため、スキンケアの際には手加減が必要です。もしも悪化した場合は完治しても跡が残りやすいため、なるべく悪化する場合は病院に行くことが無難です。しっかりと原因を確認して、自分に合った治療を行うことで早く肌の状態を改善することができます。

関連記事