矯正の抜歯のデメリットについて|具体的なデメリットや軽減させる方法をご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

歯列矯正の抜歯のデメリットについてご紹介します

口元に虫眼鏡を当てている女性 歯列矯正では、歯をきれいに並べるために抜歯をするときがあります。抜歯というと怖いというイメージがありますが、精神的な恐怖以外にもデメリットがあり、それについて詳しく紹介していきます。知識を得ることで、歯列矯正をする際の参考になります。

そもそも歯列矯正とは

歯列矯正とは、歯並びをきれいにするのを目的とした治療だと多くの人が思っています。確かに、見た目をきれいにしたいという患者さんは多いのですが、実は歯並び以外の効果もあります。 歯並びが悪いことで虫歯ができやすいだけでなく、噛み合わせが悪くなるので消化器官にも負担が強くなります。発音なども歯列矯正をすることできれいになります。最近の歯列矯正は、歯の表面にワイヤーをつけるだけでなく、裏側に装着したり、マウスピースを使うなど治療の種類も増えています。

矯正の時に抜歯を行う理由

頭蓋骨の模型を持っている女性医師 歯列矯正を行うとき、抜歯をしなければいけないケースがあります。 なぜ抜歯が必要なのかというと、歯並びがガタガタしているところは、歯の大きさに対して顎のスペースが足りないことが原因です。 ですから、抜歯をすることで歯がきれいに並ぶためのスペースを作るというのが理由になります。抜歯しなくても矯正することはできるケースもありますが、その分前に出っ張ったような印象になってしまうので、きれいに仕上げるためにも抜歯を行っています。

抜歯を行った際のデメリット

健康な歯を抜くことになる

歯列矯正の際に抜歯を行う際に、健康な歯でも抜かなければいけません。 抜歯をする歯は、噛み合わせや見た目に問題ないとされている小臼歯が対象になることがほとんどですが、虫歯にもなっていない歯を抜くということは精神的にもいいものではありません。1度抜歯してしまえば、元の状態に戻らないというデメリットもあります。

痛みや腫れが起こることがある

抜歯をすると、術後に痛みや腫れが起こることがあります。 それほど痛まないこともありますが、抜いた後というのは出血が続きますし、引っ張って抜いているので歯茎や骨に炎症がおき、しばらく腫れが続いてしまいます。痛み止めを飲むことで、ある程度痛みをコントロールすることができますが、違和感は続くことが多く見られます。

治療期間が長引くことがある

抜歯をすることでスペースを作って歯を並べるのですが、抜いた分移動距離が長くなるので、治療期間が長引いてしまうこともあります。 歯が移動しやすくするための抜歯ですが、元々歯列矯正は治療期間が長くなる傾向があります。さらに治療期間が長くなってしまうということは、早く歯並びをきれいにしたい患者さんにとってデメリットになります。

知覚過敏になる恐れがある

隣り合った歯があれば、歯茎が歯の根元をカバーしていますが、抜歯することで隣の歯の根元が露出することがあります。根本の部分は冷たい刺激に弱く、術後しばらく知覚過敏になる恐れがあります。 抜歯した部分の歯茎が盛り上がってくると自然に治ることもありますが、食べるたびに冷たい思いをするなど、知覚過敏というのはストレスになります。

医師・クリニック選びは慎重に行う必要があります

デメリットを軽減させるためにも、歯列矯正を行う医師やクリニックの選び方は慎重に行いましょう。 資格や経歴、万一のトラブルの際の対応や保証が可能であるかということを目安にすると安心です。日本矯正歯科学会では、一定の水準に到達した歯科医師に認定医や専門医といった資格を与えています。

デメリットを把握した上で施術を受けましょう

横から見た綺麗なEラインをした口元 歯列矯正をする際はメリットだけでなくデメリットも多くあります。いいことばかりを説明するクリニックではなく、リスクやデメリットについても説明してくれる先生を選びましょう。抜歯をすることで、痛みや腫れだけでなく知覚過敏のリスクも高まります。

関連記事