ニキビができる原因とは?部位別に原因・ケア方法を解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ニキビができてしまう原因と対処法とは!

肌の綺麗な女性 思春期の男女、成人女性にとって大きな悩みの種になる「ニキビ」は、原因があるからこそ引き起こる状態です。広く嫌われる症状ではあるものの、健康状態を知るバロメーターとしても活用できるので、個別の理由について把握しておくと効果的です。 今回はニキビができてしまう原因について紹介していきます。ニキビはできる場所によっても原因や対処法が違うので、しっかり場所ごとに合った治療を行いましょう。

髪の毛の生え際・頭皮のニキビ

笑って携帯を見ている女性

原因①汚れが落ちていない・洗い残し・すすぎ残し

この場所にできるニキビは、しっかりと洗浄できていないことが原因です。洗顔料などを使ってしっかりと洗い清潔にすることが大切になります。 ただし、洗いすぎが原因になる場合もあるので注意が必要です。また、洗うだけでなくしっかりとすすぐことも意識しましょう。

原因②乾燥によるもの

そもそもニキビができる原因は毛根に菌が入り込むことによる炎症などです。思春期には皮脂が詰まって内部で菌が繁殖するなどの理由もありますが、乾燥することで皮脂が余計に分泌されるので症状が起こる可能性があります。

原因③枕カバー・寝具が汚れている

ニキビを防ぐためには清潔に保つ、状態を良く保つなどの対策が必要ですが、入浴時などにしっかりとケアできていたとしても寝具が汚れているなどの理由で菌が繁殖する可能性もあります。できる限りの頻度で選択をするなどして、余計な汚れが付かないようにすることが大切です。

原因④帽子・被り物による刺激

よく被り物をする人は、それによる刺激で頭皮ニキビができる可能性があります。毛根を刺激して皮脂の分泌を促進してしまったり、蒸れることで菌の繁殖が促されてしまうことなどが理由です。対策としては、なるべく通気を良くすることが効果的です。

髪の毛の生え際・頭皮にできた対処法

頭皮や生え際にできたニキビを予防、改善する方法は、正しい洗髪・衛生管理・保湿などを意識することが大切です。 見た目では分かりづらい場所ですが、悪化すると抜け毛の原因になる可能性もあるので、しっかりと管理して健全な頭皮状態を維持できるように努めることが必要です。まずは、多くの人が間違っている洗い方から見直しましょう。

おでこ・額のニキビ

微笑んでいる女性

原因①ホルモンバランスの乱れと皮脂の過剰分泌

成長期はホルモンのバランスが崩れやすくなります。思春期の男女によくニキビができる理由がこれで、ホルモンバランスが乱れることで皮脂の分泌が促進されたり、菌の繁殖が促されることで症状が発生する可能性があります。

原因②髪の毛や触ることによる刺激

人によっては頭皮も良く触れる機会がありますが、額も良く触れる機会があります。自分で意識して触れる以外にも無意識で触れていることもありますし、被り物や前髪が触れる機会も多く、それらによってニキビができてしまう原因になっています。

原因③洗剤の洗い残し・整髪剤の付着

少しの刺激でもニキビができてしまう可能性があるのですが、洗顔やシャンプーの成分が髪に残ったままだと強い刺激を与える結果になりやすいです。また、整髪料をつけた髪が触れることでも強い刺激を与えるため、症状を助長してしまいます。

原因④胃腸の不調

発生個所によって体の不調を表しているとはよく言われることですが、体に不調をきたしていることで症状が出る可能性はもちろんあります。特に、胃腸が不調の場合は額に出来やすいと言われているので、食生活を見直すことも必要です。

おでこ・額にできたニキビの対処法

部位的にさまざまな刺激に晒される可能性が高いため、しっかりとケアをしていてもできてしまう可能性があります。特に、思春期などホルモンのバランスが崩れやすい時期は意識して気にケアを行わないとすぐにできてしまいます。 思春期以外では、衛生面だけでなく健康面にも十分に留意すると発生を抑制することが期待できます。

鼻のニキビ

横顔が綺麗な女性

原因①洗顔のし過ぎ

防止策として清潔に保つことが大切なのはもちろんですが、だからといってやり過ぎてしまうと逆効果になります。特に顔の組織は非常に敏感なので、少しの刺激でも大きな影響が出ます。清潔にすることは大切ですが、適度な皮脂を保つということを意識しましょう。

原因②紫外線や角栓を無理やりだす行為などによる刺激

発生場所が毛穴である以上、ここに対する刺激(ストレス)を与えることが大きな問題です。手やマスクで恒常的に刺激を与えてしまったり、角栓を取り除く際に強い刺激を与えてしまうと発生を助長してしまう可能性があります。

原因③内臓の不調

額同様、鼻周りにできる場合も内蔵が理由になっている可能性があります。胃腸の元気がなくなってしまうと発生しやすい場所の一つでもあるので、外的刺激だけでなく体の内部に理由があることも意識して対策することが必要です。

鼻にできたニキビの対処法

鼻周りにできたニキビは、まず余計な刺激を与えないようにすると言うことが大切です。特に、鼻周りは角質などを取り除こうとして刺激を与えやすいため、それが理由で起こる可能性を下げるだけでも効果があります。 また、それ以外にも体の内部に不調が潜んでいる可能性もあるということを踏まえ、規則正しい生活をして体調を整えることも必要です。

頬のニキビ

顔の輪郭をおさえた女性

原因①メイク・化粧

男性はあまりありませんが、思春期以降の女性は日常的に化粧をしています。最近の化粧品は非常に品質が良いですが、毛穴に化粧などが詰まることは避けられません。すると当然刺激が起こるため、そこから症状が出る可能性があります。

原因②髪の毛による刺激・整髪剤の付着・シャンプーの洗い残し

顔の半分以上まで髪がかかる長さの場合、髪から与えられる刺激で症状が出る可能性があります。これは額などに症状が出る場合と同じ理由ですが、顔の組織は非常に敏感なので少しの刺激でも大きなストレスを感じます。

原因③乾燥・ホルモンバランスの乱れ

いわゆる乾燥肌の人は、乾燥しやすい時期以外でも肌の皮脂が少ない状態になりやすいです。乾燥することで刺激が強くなることが理由になることもありますが、実は乾燥肌だと思っていたものがオイリー肌だと言うこともあるので注意が必要です。

原因④枕カバー・寝具の汚れ

就寝時、顔周りは常に寝具に接触している確率が高い部位です。寝る前に入浴をして肌を清潔にしたとしても、寝具が不衛生では意味がありません。そこから雑菌などが繁殖してしまうと、対策しているにもかかわらず症状が起こる可能性があります。

頬にできたニキビの対処法

頬にできた場合の対処法としては、まずキレイにすることが大切です。余計な雑菌を繁殖させないためにもしっかりと清潔さを保つことが重要ですが、洗い過ぎが理由で起こる乾燥には十分注意する必要があります。 特に、オイリー肌だと思っていたものが乾燥肌だったということもあり得るので、対策を間違えないことが必要です。

顎・フェイスライン(Uゾーン)のニキビ

顎・顔のラインを手で押さえている女性

原因①ホルモンバランスの乱れ

部位に関係なく、ホルモンバランスの乱れは大敵です。いかなる対策をしていようとも、体の中から起こる影響を抑制しきることはできません。特に女性はホルモンバランスが乱れやすいので、成長期以外でもしっかりとした生活を心掛けることが大切です。

原因②間違った洗顔・スキンケア

今でこそ認識が改められてきましたが、それでもなお洗顔方法を間違って覚えている人がたくさんいます。ごしごしと洗う方法は肌を傷つけてしまう大きな要因であり、その刺激によってニキビが出きてしまう可能性があります。

原因③癖などで触ることによる刺激

人によってさまざまな癖がありますが、特に口回り、あご回りは無意識に触れてしまう可能性が高いです。行動心理学などでも深層心理を表す行動として口回りに触れる動作が認められていることでも分かりますが、余計な刺激を与えていることが理由の可能性もあります。

原因④食習慣の乱れ・ダイエット

男性の場合はあまり機会がありませんが、女性は特にダイエットなどで無理な食生活をすることが多くあります。食生活が乱れてしまうと体の内部にさまざまな不調が現れ、その表現として症状が出る可能性があります。

原因⑤生理によるもの

女性ならではの理由に生理があります。基本的には1か月スパンで変動するホルモンバランスに合わせ、同じようなタイミングで症状が出やすくなることもあります。また、ストレスなどで不順になると余計に強く症状が出ることもあります。

原因⑥髭剃り

男性は女性と比べて毛根が太く大きいため、そこに雑菌が入り込む可能性があります。また、髭剃りで強い刺激を与えてしまうと、それが理由で症状が出る可能性があります。手段を問うわけではありませんが。余計な負担を掛けないことが大切です。

顎・フェイスライン(Uゾーン)にできたニキビの対処法

顎周りのニキビは、非常に多くの人が悩むものです。顔の中でも額に続いて発生しやすい場所なので、日頃から適切なケアをすることが求められます。 出来やすいからといって必要以上に意識してしまうと悪化の可能性もあるので、必ず正しいケアを意識することが大切です。また、他の場所同様に体の中にも目を向けることが大切です。

口・口周りのニキビ

顔の輪郭や顎のラインが綺麗な笑っている女性の口元

原因①乾燥によるもの

乾燥肌の人は特にそうですが、乾燥しやすい時期は口の周りが白く粉を吹いてしまうこともあります。乾燥の原因はさまざまですが、乾燥することで肌が刺激に敏感になってしまい、少しの刺激でも症状を引き起こしやすくなります。

原因②冷え性によるもの

口回りに出る症状は、胃腸の不調が原因の可能性もあります。胃腸が弱る原因もさまざまなものがありますが、暴飲暴食などしていないにもかかわらず症状が出る場合には冷え性を疑うことも必要です。 冷え性の場合には内蔵が冷えて不調になっている可能性があり、それによってニキビができてしまうことがあります。

原因③胃腸機能の低下

胃腸、特に胃に不調がある場合は口回りにニキビが出来やすいと言われているため、乾燥や刺激による可能性が低いと感じられる場合には内臓の調子を整えるということが大切です。特に年末年始などは乾燥に加えて胃腸が疲れやすいので、しっかりと体をケアすることが大切です。

口・口周りにできたニキビの対処法

口周りをケアするためには、洗顔で余計な雑菌や皮脂を洗うことも大切ですが、それよりも保湿などのスキンケアを意識することが大切です。 特に乾燥しやすい場所でもあり、なおかつ日常的に多くの刺激が加わる場所でもあるので、しっかりとしたケアが重要です。その際、部分的なケアだけではなく体全体のケアを意識することも大切です。

背中のニキビ

寝転んで肌の保湿やスキンケアをしている女性

原因①食生活の乱れ

背中は体の中でも非常に皮脂の分泌が多い部分です。皮脂の分泌が多いと言うことは当然、それが原因でニキビができる可能性が高いわけですが、食生活が乱れていると余計に皮脂の分泌が増加してしまう可能性があります。

原因②ホルモンバランスの乱れ

皮脂の多さのみならず角質の硬さも他の部分とは違うため、少しの原因で大きな症状が引き起こる可能性もあります。睡眠不足やストレスなどが原因でホルモンバランスが乱れてしまうと、それが原因で症状が出る可能性もあります。

原因③不十分な洗い方・洗剤の洗い残し

目視で確認しやすい体の全面部分と比べ、背面部分は見落としが多くなります。ただでさえ皮脂が多く分泌される背中ですから、予防のためだけではなくニオイ防止の目的でもしっかりと洗う人が多いです。 しかし、手の届きにくいこともあり、洗い残しがある方も多いです。そしてこの洗い残しがニキビができてしまう原因になる可能性もあります。

背中にできたニキビの対処法

背中にできたニキビの予防法として、規則正しい生活をして体のバランスを整えることが効果的です。また、体を洗うときにごしごしと洗うのではなく、よく泡立てた泡で優しく洗うようにすることも効果的です。 食事にも気を使っておくと「体臭」に関する不安が払しょくできるので、必要以上に洗おうとしなくなる効果が期待できます。

ニキビの治療は適切な方法で行うことが大切!

顔の保湿ケアをしている女性 思春期はもちろん、大人になってからも多くの人がニキビで悩んでいます。世の中にはさまざまな対策グッズがありますが、市販品だけですべての症状を改善できるとは限りません。まったくケアをしないことも問題ですが、対策グッズを選択する段階でも適切な知識に基づいて判断することが求められます。もしどうしてもニキビが改善しない場合には一度クリニックに相談しましょう。

関連記事