ニキビ治療|炎症してしまう原因と炎症を抑える方法と徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

炎症しているニキビは抑えることはできる?

輪郭と肌が綺麗な女性 ニキビにも種類がありますが、特に赤く炎症を起こしているニキビは、正しい方法で炎症を抑えなければ、さらに悪化させたり、ニキビ跡を残してしまったりということも繋がりかねません。 しかし、なぜ炎症したニキビができてしまうのか、なぜ治らないのかが気になるところですよね。 今回は炎症しているニキビを抑える方法についてご紹介します。

赤ニキビとは?

顎に手を置いて何かを考えている女性 ニキビが炎症を起こして赤く腫れてしまったものが「赤ニキビ」と呼ばれています。 ストレスを溜めてしまったり、ホルモンバランスが乱れてしまったりすると、皮脂が過剰に分泌されアクネ菌のエサになり、アクネ菌の作り出す物質によって炎症が起きてしまいます。 アクネ菌のエサとなる皮脂が多い脂性肌の方にできやすいと言われています。 また、ストレスを溜めやすいホルモンバランスが乱れている生活習慣が乱れている食生活が乱れている洗顔が正しくできていない、というような方にもできやすい傾向があるようです。

赤ニキビの原因:皮脂の過剰分泌

皮脂が過剰に分泌されると、アクネ菌の繁殖を引き起こします。 皮脂の過剰分泌は、もともとの体質によるものもありますが、生活習慣の乱れ保湿などスキンケアの不足清潔を保とうと1日に何度も洗顔する夜更かしによる睡眠不足脂っこい食事などによっても、引き起こる可能性が高いでしょう。

赤ニキビの原因:ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが乱れると、皮脂の分泌を促すという働きがある男性ホルモンが優位になり、皮脂の過剰分泌をまねくでしょう。また、角質を増やしすぎてしまうことも。 さらに、毛穴を塞ぎやすくしてしまいます。 これにより、ニキビそのものができやすくなり、治りにくくなる可能性があります。

赤ニキビの炎症を抑える方法

クリニックの女性医師

①正しい洗顔を行う

まずは、正しい洗顔を行うことが炎症を抑える方法の基本になります。 洗いすぎもお肌に悪影響を与えてしまうため、1日2回の朝・晩に正しい洗顔が必要です。 洗顔はそもそも、肌を清潔にすることが目的なので、まずは手を洗って清潔にしてから顔を洗います。ぬるま湯で予洗いをし、石鹸をしっかりと泡立ててから肌にのせていきます。 特に汚れがあるTゾーンから洗顔をはじめ、デリケートな目元や口元は最後に洗います。 すすぎ残しがないように、しっかりとすすいだら、清潔なタオルを使って、水分を優しく拭き取っていきましょう。

②保湿をしっかり行う

保湿をしっかり行うことも重要です。 肌が乾燥していると皮脂が過剰に分泌される、毛穴が開いて皮脂が詰まりやすくなるなどが起こります。 既にニキビができている場合には、肌のバリア機能が低下している状態なので、肌への刺激が少ないものを使って優しく保湿していきましょう。 低刺激の化粧品を選んで保湿することはもちろん、つけるときにも肌を刺激しないように優しくつけるようにしてくださいね。

③食生活を見直す

食事もニキビをはじめとする肌トラブルに影響を与えるため、食生活を見直す必要もあります。 意識して摂りたいものは、レバーやほうれん草に含まれているビタミンA、緑黄色野菜や果物に含まれているビタミンCです。 この他にも、豚肉・鶏肉・納豆・青魚に多くに含まれているビタミンB2、ピーマンやアーモンドなどに含まれているビタミンEといった栄養素も積極的に摂りましょう。 特定の栄養素に偏って食事をするのではなく、あくまでも栄養素のバランスを考えた食事をすることが大切です。

④睡眠をしっかりとる

あまり重要視していない方も多いのが、「睡眠」です。実は睡眠もニキビなどの肌トラブルに影響をもたらします。しかし、単純に寝る時間を長くすれば良いという訳でもありません。 ニキビなど肌のことを考えるのであれば、質の良い睡眠をとり、肌のターンオーバーを正常化させることが必要です。 肌のゴールデンタイムは入眠から3,4時間頃と言われているため、この頃には熟睡するようにしましょう。

⑤生活習慣を見直す

バランスの良い食事、質の良い睡眠を取る以外にも、シャワーで済ませず湯船に浸かる・生活のリズムを整えることも必要になります。 特に湯船に浸かることはリラックス効果だけではなく、毛穴に詰まった汚れも浮かせることができると言われています。 さらに、就寝の約3時間ほど前にお風呂を済ませておくと、自然に体温が低下して眠くなり、質の良い睡眠が摂りやすくなるでしょう。

⑥低刺激なスキンケア化粧品を使用する

特にニキビなどができている場合には、外からの刺激に弱くなっているので、低刺激のスキンケア化粧品を使うようにしましょう。また、化粧品をつけるときにも、肌を刺激しないように優しくつけることがポイントです。 使用する化粧品は、炎症を抑えてくれるグリチルリチン酸やサリチル酸といった成分や、保湿効果の高いヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドといった成分が含まれたものを使ってみるのも良いかもしれません。 自分の肌にあった化粧品で、根気強くケアを続けていきましょう。

⑦医療機関で薬を処方してもらう・治療する

赤ニキビの炎症を抑えるためには皮膚科で薬を処方して貰うという方法もあります。ニキビも皮膚の疾患なので、皮膚科で診察して貰うことができます。 ニキビの治療は、保険適用で受けられる治療もあるので、赤ニキビを悪化させないためにも早めに医療機関で受診してみるのが良いでしょう。 塗り薬にしても飲み薬にしても、病院で薬を貰った薬を自己流で使用するのはよくありません。診察を受けて薬を処方して貰ったら医師のアドバイスに従って正しく使用しましょう。 また、美容皮膚科・美容外科で受けられる治療は、内服薬や外用薬だけでなく、ケミカルピーリング・イオン導入・レーザー治療など様々な治療方法があります。しかし、既に炎症がある状態なので、刺激の強い治療はかえって悪影響がある場合も。 そのため、治療は自分で決めるのではなく、医師に診て貰ってアドバイスに従って決めるようにしましょう。特に、保険適用外の治療は費用が高くなるので、費用面でトラブルにならないように、事前に確認してから受けるようにしましょう。

⑧触らない・潰さない

赤ニキビは既に炎症があり、刺激に弱くなっている状態のニキビです。刺激をしてしまうと悪化させたり、跡が残ってしまったりする可能性があります。 手には雑菌がたくさんついているので、その手で触る・潰すなどをしてしまうと、雑菌が付着してしまいます。 特に普段から手で触る・潰すなどを無意識にしている場合には、意識するようにしましょう。

赤ニキビで気をつけること

①刺激を与えない

赤ニキビができている時には肌の抵抗力が低下しているので、刺激を与えないようしなければなりません。 手で触るのはもちろんのこと、洋服や髪による刺激、マスクなどによる刺激もよくありません。弱っている部分を乱暴に扱っても良いことは起きません。 必要のない刺激を与えないように注意して過ごしましょう。

②洗顔後のすすぎ残し

ゴシゴシ洗うのはよくありませんが、洗顔後のすすぎ残しがあるのもよいことではありません。 洗顔後のすすぎ残しがあると赤ニキビの炎症を悪化させてしまいます。炎症を抑えるためには清潔に保つことが必要です。 すすぎ残しはただの汚れなので、悪化させることはあっても、炎症を抑える働きは期待できません。すすぎ残しがでないように丁寧にすすぐようにしましょう。

ニキビの炎症を抑える方法を理解し 問題点を改善しましょう

女性の綺麗な肌を虫眼鏡で拡大している 赤ニキビの炎症を抑える方法は普段のスキンケアによるものだけではありません。生活習慣の改善も含めて改善を行う必要があります。 全てを確実に改善していくのは大変ですが、赤ニキビの炎症を抑えるのであれば、一つでも多く改善するとともに、根気強く継続していくことが大切です。

関連記事