ニキビの種類について徹底解説|それぞれの原因と治療法まで

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ニキビの種類別に原因と治療法を紹介!

女性の綺麗な肌を虫眼鏡で拡大している ニキビにはそれぞれ段階別で5つの種類があることはご存じですか? 初期段階なら正しいケアで簡単に治せますが、悪化すると手遅れになることも。 そうならないためにも、それぞれ種類別の原因と正しいケアをご紹介したいと思います。

ニキビは大きく分けて5種類

ニキビは、その過程によって白・黒・赤・黄・紫と5つの種類に分けられます。まず初期段階である白。そこから黒ニキビに変わります。さらに悪化すると赤、黄ニキビと段階を経て変わり、最も深刻な状態である紫ニキビへと変化していくのです。このように初期から末期状態まで、5種類のニキビ過程を経て悪化していくのです。 紫ニキビまでいくと跡にも残りやすく改善するのも難しくなります。ニキビができたら初期段階で正しいケアをすることが早く治るカギとなります。

白ニキビについて

特徴と原因

一番初期の段階で、まだ炎症を起こす前なので正しいホームケアで綺麗に治すことが出来ます。 見た目は白いプツとした吹き出物が出ている状態で、毛穴に詰まった皮脂や老廃物が詰まっています。 原因は、毛穴汚れです。洗顔クレンジングがしっかり出来ていなかったり、生活習慣の乱れにより皮脂が過剰に分泌されることで毛穴につまったなどが挙げられます。かゆみや痛みはほとんどなく、ほっとかれる方も多いですがこの初期段階でケアすることがとても重要です。

治療法

白ニキビの治し方として、まず洗顔クレンジングの見直しをしましょう。 しっかりと汚れを落とすことが重要です。しかし、ゴシゴシと強く洗うのは肌に刺激を与えてしまうので逆効果。 優しくなでるように丁寧に洗顔をしましょう。洗顔後はしっかり保湿することも大切です。乾燥はニキビをより悪化させてしまいます。 また、内面からのケアも行いましょう。スナック菓子など脂質の多い食べ物やケーキなど糖質が多いものは、皮脂を過剰に分泌するので控えましょう。 ビタミンBの摂取も良いです。レバーやゴマ、豚肉に豊富に含まれています。食事での摂取が難しい場合、サプリで補うことも可能です。睡眠も重要ですので、早寝早起きを心がけましょう。

黒ニキビについて

特徴と原因

白ニキビの毛穴の中に皮脂や古い角質が溜まると、その中に角質ができます。この角質が酸化して黒くなった状態が黒ニキビです。 種類としては、まだ初期の段階なのでホームケアでも綺麗に治すことが可能です。見た目は黒いプツプツとした吹き出物がある状態です。黒い見た目なので、一見深刻な状態だと思いがちですが、炎症は起こしていないので根本的なケアは白ニキビの場合と同じです。 一番の大きな要因は、皮脂詰まりなので正しい皮脂ケアが重要です。

治療法

まだ初期段階なので、根本的なケアは白と同様です。 もっとも大切なケアは洗顔の見直しです。もちろんゴシゴシ洗いは白同様タブーです。またスクラブ入りやメンソール入りの洗顔料は、すっきり汚れが落ちる感じはしますが肌への負担が大きいので避けましょう。界面活性剤が使われている洗顔も肌への刺激が強く、乾燥しやすいためあまりオススメ出来ません。 おすすめはピーリング効果のある洗顔です。ポイントは強いピーリング剤ではなく、AHA配合の肌に優しいピーリング洗顔を選ぶこと。AHAは植物由来なので、低刺激で古い角質を除去してくれます。 絶対に行ってはいけないことは、自分でニキビの芯をとったり、潰すことです。肌表面に傷がつくことで余計に悪化してしまいます。

赤ニキビについて

特徴と原因

毛穴内部でアクネ菌が増殖することで、炎症が起きた状態です。見た目は赤く腫れ上がっており、ここまでくると皮膚科での治療も視野に入れた方が良いです。 初期段階と違い、治した後も繰り返し出来やすかったり、跡に残りやすいです。炎症部分が熱を持って、顔がほてったり、かゆみを伴うこともあります。しかし手で掻いたり、いじると、そこから雑菌が入りさらに深刻化してしまう恐れがあるので、絶対に触らないようにして下さい。この赤ニキビの大きな要因は皮脂の過剰分泌です。

治療法

まず炎症を抑えることが先決となるので、一時的に抗生物質やステロイドを用いて消炎しましょう。 炎症が治まったら、繰り返し起きないよう根本改善のケアをします。大きな要因である皮脂の過剰分泌を改善するため、生活習慣の見直し、スキンケアの見直しが必要です。 夜更かしや、乱れた食生活は、肌の免疫力を低下させ、アクネ菌と闘う力もなくなります。肌のターンオーバーも乱れてしまい、本来新しい肌へと生まれ変わるはずが、正常に機能せず古い角質がどんどん溜まります。 規則正しい生活でターンオーバーを促すことが重要です。ターンオーバーを促すビタミンCの摂取も有効的です。 乾燥もターンオーバーの乱れの要因となるので、スキンケアを見直すことでしっかり保湿ケアをしましょう。

黄ニキビについて

特徴と原因

炎症がさらに悪化し、化膿して黄色い膿をもっている状態です。アクネ菌だけでなく、膿を発生させる原因である黄色ブドウ球菌も増殖しているので、炎症が一気に拡大する可能性が高いです。 またこの炎症は表皮の奥の真皮層まで達しているため、跡が残る可能性も高く、炎症が長引くとクレーターと言われる肌の凹凸や色素沈着を起こしてしまいます。黄ニキビは突然できるものではなく、赤の段階での放置したり間違ったケアをするこが原因となります。

治療法

膿を持つほど重症化しているため、自己判断によるケアは危険です。 皮膚科などの専門医のもとで正しいケアを行うことをお勧めします。 赤ニキビ同様、まずは炎症を抑えることが重要ですが、症状も重いため治療には強力な内服抗生物質の服用を用いることがあります。 医療機関によって、炎症を抑える治療方法は様々ですが、何であれまずは炎症を抑えることが第一優先となります。 肌の回復力を高めるために、洗顔やスキンケアにも注意が必要です。バリア機能の回復には肌の潤いを高めることが必要なので、しっかりとした保湿ケアを行いましょう。 また非常に肌が弱まっている状態なので、刺激の少ないスキンケア、洗顔を選ぶことが重要です。敏感肌用やアトピー肌用のスキンケア用品など低刺激なものを選びましょう。

紫ニキビについて

特徴と原因

種類としては最も深刻な段階で、別名を結節性ニキビと言います。痛みやかゆみはなく、触るとゴリゴリと硬いのが特徴です。 炎症や化膿を繰り返すことで皮膚の奥深くまで炎症が進み、そこに膿や血が溜まり、肌表面にしこり状の大きな赤黒い塊ができた状態です。毛穴の周囲にまで炎症が及んでおり、自己判断による治療ではあまり効果が得られない場合が多いです。 治っても跡が残ってしまうことも多く、根気よく瘢痕治療することが必要となります。一刻も早く医療機関で受診することが重要です。

治療法

治療には、ステロイド注射や内部に膿や血を取り除くために切開することもあります。皮脂分泌を抑え、細菌の増殖を低滅させる炭酸ガスレーザーやPDTを用いるところもあります。 炎症を早急に抑えることが重要なので、集中的な治療を行う必要があります。また、男性ホルモンを抑え女性ホルモンを優位に立たせるホルモン療法も有効的です。 また、体内環境を整えることも重要です。血液循環を改善して老廃物を排出しやすい体質作りをしましょう。そのためには規則正しい生活や適度な運動、食事にも気をつける必要があります。老廃物の排出には腸内環境を整えることも重要です。食物繊維や乳酸菌を多く含む食品を積極的に摂取するようにしましょう。

いかがでしたか?

顔の輪郭をおさえた女性 この記事を読んで初期段階での早期ケアの重要性がわかったと思います。とくに白ニキビは軽症なので放置しがちですが、悪化して手遅れにならないためにも早期ケアが肝心です。早い段階で対策を打つことで、綺麗な肌をキープしましょう。

関連記事