受け口の矯正について|原因や矯正方法、保険適用の条件などをご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

受け口の矯正について紹介します

顔の輪郭や顎のラインが綺麗な笑っている女性の口元 受け口の人は下顎の歯全体が上顎の歯全体よりも前に出ているため、自分の顔の見た目に自信が持てないという人が多くいます。 そこで受け口を治したいと思う場合、出来れば外科手術無しで改善したい人が多いのではないでしょうか。ここでは歯列矯正で受け口が改善可能かどうかを紹介しているので是非参考にしてみてください。

受け口の原因

受け口になる原因については、骨格性の場合だと遺伝的な要素が大きく関わっていると言われています。顔の上半分は親に似ることが多いため、上顎が元々小さい家系だと受け口になりやすいと言えます。 また、子供の頃の成長段階で上顎の成長が不十分で下顎の成長がそれを追い越して大きくなってしまった場合にも受け口になりますが、おしゃぶりを長く使っていた人や舌が短かった場合は上顎の成長が不十分になりやすいです。それから口呼吸をする習慣がある人も上顎が成長不全になりやすいので、受け口になってしまいがちです。

歯列矯正で受け口を改善することができる

結論から言うと、歯列矯正で受け口は改善することが出来ます。それは受け口になっている原因は主に歯並びの悪さにあるからです。 受け口の程度が重度である場合、外科手術が必要だと言う歯科医師もいますが、下顎の歯全体が上顎の歯全体よりも前に出ているという噛み合わせの悪さだけを改善するのには歯列矯正だけで出来るケースが多いため、手術が必要だと言われた時には他の矯正歯科でも相談してみると良いでしょう。

歯列矯正とは

受け口を治すための歯列矯正の方法は、患者さんが子供で骨格が原因の場合は上顎の成長を促して下顎の成長を抑制するというものになります。その時に使われる矯正装置はムーシールドや上顎前方牽引装置などです。更に骨格を治しながら歯並びも治していきますが、それにはワイヤーなどが使われます。 それに対して、大人の患者さんに使う矯正の種類は症状の重さによって変わってきます。上顎の前歯を前に出し、下顎の前歯を後ろに下げるために治療を行いますが比較的軽い場合では小臼歯を抜いてからマウスピースを使ったり、白いブラケットと白いワイヤーを使うことなどで目立たない矯正が出来ることもありますし、抜歯が必要無いケースもあります。

受け口治療の場合の保険適用条件

口元に大きな唇の形のアイテムを持っている女性 受け口を保険適用で治療したい場合は、顎口腔機能診断施設に指定されている病院で顎変形症と診断されることが条件になります。それに加えて顎口腔機能診断施設か自立支援医療機関で治療を受けることや、顎の外科手術を含む治療を指定された通りに受けることも条件です。 受け口治療は顎変形症だと診断されたら条件を満たすことで保険適用によって50万円前後で出来ることがありますので当てはまるか不安な人は、一度受診してみることをおすすめします。

歯列矯正は医師の腕や技量で左右される

これから受け口を治したくて矯正歯科に行くなら、クリニックと医師を選ぶのは慎重にした方が良いでしょう。何故なら矯正治療は医師の腕によって治療効果が大きく変わってくるからです。 腕が良く豊富な知識や経験を持っている医師に診てもらえれば、あなたの状態に最適な治療法を提案してもらえますし、それによって治療期間を短く出来ることも期待出来ます。しかし、患者さんにとって一番良い方法を考えてくれない医師にかかってしまうと長く通っても効果が出ないこともあります。

自分に合った最適な施術方法で行いましょう

口元に虫眼鏡を当てている女性 受け口に悩んでいる人は矯正歯科で相談をしてみてはいかがでしょうか。受け口を治せれば外見に自信が持てるようになる場合が多いですし、気持ちも明るくなります。 お口や歯並びの状態によっては比較的短い期間で矯正が出来たり、歯を抜かずに治せることもありますので受診して治療法を提案してもらうことをおすすめします。

関連記事