一度の豊胸手術でどこまで大きくなるの?限界について解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

一度の豊胸手術でのサイズアップの限界は?

豊胸手術は費用が高く失敗のリスクも非常に高いです。そこまでのリスクを覚悟して豊胸手術を受けるのに、カップ数が思ったように上がらなかったら残念ですよね。一度の豊胸手術では、どのくらいサイズアップが可能なのでしょうか?今回は豊胸手術を1回受けてどのくらいサイズアップが出来るのかを、施術別にご紹介します。

平均的な豊胸手術の限界は1~2カップ!

一度の施術で1~2カップが限界です!

一般的に一度の施術で大きくなる限界は1カップから2カップと言われています。しかし個人差がありますので、平均より大きく仕上がったという方もいれば、平均より小さくても限界と言われてしまうこともあります。 また施術の方法によっても限界は異なってきます。いかに施術別の豊胸の限界を記載しましたので参考にしてみてください。

施術別!一度の豊胸手術の限界は?

ヒアルロン酸注入による豊胸の場合

ヒアルロン酸注入法での限界は1カップ~2カップ程度です。一度の施術で注入できるヒアルロン酸は最大でも100~150CCと言われています。 体形の個人差もありますし、クリニックによっても注入してもらえる量が異なりますが、一般的には1カップ程度のサイズアップが限界と言えます。

バッグ豊胸の場合

バッグ豊胸での限界は2~3カップ程度と言われています。バッグ豊胸は形のあるバッグを挿入するため、他の施術と比較して一度の施術でも大きくすることが出来ます。 しかしバストの小さい方に無理やり大きなバッグを挿入してしまうと、胸周辺の皮膚に余裕がないために、胸が硬くなってしまったり、形が不自然になってしまうことがあります。 ですのでバッグ豊胸によるサイズアップの限界には個人差があると言えます。

脂肪注入による豊胸の場合

脂肪注入法の場合、平均的な体系の女性の場合、カップのサイズアップは1カップ~2カップ程度が限界とされています。理由は自分の体内にある脂肪を大量に使用するため、吸引できる脂肪の量も限界があるからです。また、一度の施術で注入することのできる脂肪の量もバストのサイズによって限度があります。一度に大量の脂肪を注入してしまうと、うまく定着せず、しこりになってしまう可能性があります。 そのため一度の脂肪注入法では大幅なバストアップは難しいと言われています。

※あくまで個人差があります。

ここまで様々な施術を紹介してきましたが、どの方法でも一度のサイズアップには個人差があります。必ずしも上記に記載したサイズアップを誰もが出来るわけではありませ。人それぞれ限界は違ってきますので、カウンセリングを通して自分の限界を知りましょう。 無理な豊胸は不自然な見た目に仕上がるだけではなく、再手術を行う必要も出てきてしまいます。

さいごに

いかがでしたか?一度の豊胸ではどんなに頑張っても1カップ~2カップ程度までしか大きくならないと言われています。もっと大きくしたい場合は数回に分けて徐々に大きくしていくことが体への負担を減らしてくれます。 ▽関連記事 ・豊胸ガイド~豊胸術の種類と選び方Aカップから豊胸したらバレる?豊胸術とバレにくい工夫方法後悔してからじゃ遅い!豊胸手術の失敗・後遺症のリスクについて徹底解説

関連記事