口ゴボの矯正について|原因や対策法について徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

口ゴボの矯正法についてご紹介します

人差し指を立てて注意点を示している女性 口ゴボの人の場合、骨格や歯並び自体がその印象を強くしているため、メイクや髪型ではカバーしきれません。今回は、こうした口ゴボの状態はどうして出来てしまうのか、そしてどうやって解消していけばいいのか、詳しくご紹介していきたいと思います。

そもそも口ゴボとは?

そもそも、口ゴボとは具体的にどういった症状、状態のことをさすのでしょうか。一般的に知られているのは出っ歯や反っ歯、顎の形などによって口元が前面に押し出た状態にことです。 日本人はこうした口元が前面に出やすい骨格をしていますが、先天性なものの他、後天性の理由、生活習慣の影響で口ゴボが引き起こされていることもあるので注意が必要になってきます。

口ゴボになってしまう原因

歯が原因で口ゴボになっている場合、主に出っ歯や反っ歯など、前歯の生え方によってその印象が大きく変わってきます。前歯が前に押し出た状態なので、唇やその周辺の肉も前面に押し出ていってしまいます。 こればかりは歯並びによるものなので、素人がそう簡単に解消できるというものではありません。後天性の場合もありますが、こうした歯並びに関しては先天性のものが大半です。症状を解消していく為には、それこそ歯列矯正など本格的な治療を受けるしか方法はないという事です。

骨格

骨格が原因で口ゴボになっている人の場合、顎の骨の位置、上と下の歯のかみ合わせなどによって症状が引き起こされています。鼻の下の空間が長いという人も、こうした症状を引き起こしやすいので、合わせて注意していく用にしましょう。 こうした骨格が原因で引き起こされる症状についても素人がどうこうできる問題ではありません。そもそも、もって生まれた骨の形が原因なのですから、骨を削るか矯正する他、症状が改善されることはないという事です。

口ゴボのタイプ:出っ歯(上顎前突症)による下顎が小さいタイプ

まず一つ目に挙げられるのが出っ歯によって、下あごが小さいタイプです。上の前歯の大きさが大きい、長い、もしくは前にせり出ているなどの影響でそこばかりに目が行ってしまいます。 その分下あごの大きさが小さくなるのでバランスが取れず、見た目に悪い印象を与えてしまうことがあります。もちろん、中には例外もありますが、このケースであれば出っ歯の矯正を行うだけでも十分に見た目の変化をもたらすことが可能です。

治療方法

上の歯の歯列矯正がすすめられます。人によっては歯を数本抜いてその隙間を利用して歯列を整えていきます。金具を直接歯に装着して行う治療もありますが、中にはマウスピースを用いる方法もあるため、まずは具体的な治療内容について医師に相談することから始めていきましょう。

口ゴボのタイプ:上顎と下顎の両方が出ているタイプ

二つ目に挙げられるのが上顎と下顎、両方が前面に出ているタイプです。こうした症状は上下顎前突症、両側前突症とも呼ばれていて、歯科矯正で十分に対処していくことが出来ます。 このケースの場合には、上と下、両方の前歯を後ろに押し込むように矯正がなされていきます。多少時間はかかりますが、両方の歯を後方に押し込むことによって見た目を確実に改善していくことが出来ます。

治療方法

下顎と上顎の両方が出ている場合、上下両方の前歯を後方に押し込む必要があります。この方法も歯並びや顎の大きさによっては抜糸を行うことがあります。 この治療法は体への負担が懸念されることになりますが、こうした矯正治療は長い時間をかけてゆっくり行っていくものです。一度にその負担が体にかかるというわけではないため、その点は心配ありません。

口ゴボのタイプ:顎がない・顎がはっきりしないタイプ

そして、三つ目に挙げられるのが、顎がない・顎がはっきりしないタイプです。下顎の発達不足によって引き起こされるこの症状、治療法としてはこのタイプも矯正治療が有効です。 マウスピースなどを使って奥まっている下顎を前面に出していく、その際かみ合わせを治していくことでより見た目を改善していきます。下顎がないことで引き起こされていた筋力低下、神経圧迫などの症状もこの治療で改善していくことが出来ます。

治療方法

後ろに下がった顎を前面に押し出す治療がなされます。このタイプはいびきが出やすい、睡眠障害を併発しやすいという傾向があるため、就寝時に装着するマウスピースが用いられることもあります。 骨格だけでなく、生活習慣も改善することが出来るため、この点は大きなメリットとなってきます。

口ゴボの治療の注意点

顔の輪郭や顎のラインが綺麗な笑っている女性の口元

完璧に改善できない場合もある

口ゴボを矯正治療で治していく場合、注意しておきたいのがその費用と治療期間についてです。審美歯科はその費用が全額自己負担となる為、その分負担が大きくなる傾向に在ります。また、治療期間も人によっては数か月、数年と伸びていくことになる為、すぐに劇的な効果が得られるというわけではありません。 時に、十分な効果が得られないまま治療が終わってしまうという事も十分にあり得るという点は押さえておくようにしましょう。

高い技術が必要な施術方法

口ゴボの矯正治療は信頼できる医師選びが重要になってきます。というのも、こうした矯正治療は担当する医師の経験、技術力によってその効果に大きな違いが出てきます。経験、技術力不足の医師の元では治療自体が失敗する可能性もあるため、その見極めが重要になってくるという事です。

きちんと改善させるためにも、慎重な判断を!

薔薇にキスをしている女性 口ゴボの治療のために矯正に挑戦するという人はまず、病院の設備や医師の実績、経験などを考慮して病院さがしをしていきましょう。口ゴボの治療を得意としている病院も中にはあります。こうした情報にプラスして、ネット上の口コミや評価を参考に情報収集を徹底していくというのも有効です。 たったこれだけの工夫でも、病院さがしでも失敗を防ぐことができますし、治療での失敗のリスクを軽減していくことが出来ます。決して安くはない治療費を払うわけですから、しっかり吟味していきましょう。

関連記事