アボルブとは?AGAへの効果・副作用・注意事項までを徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

アボルブはAGAにも効果が期待できる可能性がある!

頭皮が薄くなっているのを気にしている男性 アボルブは、前立腺肥大の治療として認可を受けている医薬品です。 実際には、前立腺肥大だけでなくAGA(男性型脱毛症)にも効果が見込めると言われています。 そこで今回は、気になるアボルブについて、効果・副作用・注意事項を詳しく解説していきます。

アボルブとは

内服薬 アボルブとは、更年期に差し掛かった男性に起こりやすいと言われている前立腺肥大の治療を目的に使用されている、イギリスのグラクソ・スミスクライン社製の薬です。 アボルブの主成分はデュタステリドというもので、5α還元酵素のⅠ型とⅡ型を阻害し、テストステロン(男性ホルモンの一種)からジヒドロテストステロンの生成を抑え、前立腺の肥大を改善する効果が期待できるというものです。 そもそも前立腺肥大は、前立腺が徐々に肥大することで尿道を圧迫し、頻尿・残尿感といった症状が現れる病気の一つです。 これの原因は、更年期に減少するテストステロンを補うために、5α還元酵素と結びつき、ジヒドロテストステロンが大量に生成されたことが関係しているようです。 そのため、アボルブを服用することで、前立腺肥大を改善することが期待されます。

アボルブとザガーロの違い

AGA治療薬には「ザガーロ」という治療薬が存在しますが、これの有効成分はアボルブと同じデュタステリドで、製造・販売もグラクソ・スミスクライン社製です。 海外では、アボルブが前立腺肥大だけでなくAGAにも効果が期待できることがわかってから、AGA治療薬としても使われています。 しかし、日本では、アボルブは「前立腺肥大症」の治療薬として、ザガーロは男性型脱毛症の治療薬として認可を受けています。 配合されている成分はほとんど同じなため、効果に差はないようです。

AGA治療に使用されるアボルブの効果

グーサインをして笑っている男性 アボルブが誕生したのち、ジヒドロテストステロンが前立腺肥大だけでなくAGA(男性型脱毛症)の原因物質でもあるということが判明しました。 これにより、アボルブに含まれているデュタステリドはAGAの治療にも有効であると考えられました。 AGAでは、ジヒドロテストステロンが大量生成されると、ヘアサイクルのうちの一つである「成長期」が数ヶ月〜1年へと減少(退行期や休止期は同じ)し、毛髪が十分に成長する前に抜けてしまい、全体的に髪の毛が薄くなっていくようです。 そこで、アボルブを服用することで、デュタステリドがテストステロンと5α還元酵素の結びつきを阻害しジヒドロテストステロンの発生を抑制するすることでAGAの進行を遅らせることが可能と言われています。 また、数々の臨床試験により、AGA治療薬の一つであるプロペシア(フィナステリド)と併用することで、単体の治療よりも高い改善効果が発揮できるという臨床報告も存在するほどです。

アボルブとプロペシアとの違い

AGA治療薬として使われているアボルブや、アボルブと同じ成分でAGA治療薬として承認を受けたザガーロ以外にも、「プロペシア」という治療薬が存在します。 これは、ザガーロよりも前にAGA治療薬として使われてきたものです。 プロペシアは、フィナステリドという有効成分が含まれた治療薬で、5α還元酵素阻害薬の一つです。 アボルブやザガーロとの違いは、阻害するのはⅡ型の5α還元酵素のみという点です。 そのため、アボルブやザガーロとプロペシアを比較すると、阻害できる酵素が多いアボルブやザガーロの方がAGAの改善効果が高いとされています。 だからといって必ずしも「ザガーロ」が適切であると言い切ることはできず、あくまでも症状・状態に対して適切な方を選択することが重要になってきます。

アボルブの服用で起こる副作用

手で顔を覆って落ち込んでいる男性

勃起不全

アボルブの副作用には、勃起不全があります。 勃起不全とは、ペニスが勃起しなくなる・勃起しても硬さが足りないといった症状などが起こります。 勃起不全になるとパートナーとの性交渉ができなかったり、スムーズではなくなったり、パートナーを満足させられないなど性生活で支障を感じることがあります。 また、射精障害も報告されています。

性欲減退

アボルブの副作用では、勃起不全だけでなく、性欲が低下する副作用も指摘されています。 パートナーを見たり肌に触れたりしても性的興奮を何も感じない、セクシーなビデオを見たり、体や性器などを愛撫されたりしても性的興奮しないなど、性欲そのものが低下すると訴える方も少なくないようです。

全身倦怠感・食欲不振

アボルブだけでなく内服薬治療全体に言えることですが、内服薬治療では全身倦怠感や食欲不振が起こる可能性が高いです。 服用を始めると、体が重い・だるい・頭痛・ふらつき・食欲不振・吐き気などの症状が伴うことがあります。 服用しているうちに慣れると言われていますが、しばらく服用しても治らないなどという場合には医師に相談し、服用の中止を検討しましょう。

肝機能障害・腎機能障害

服用した薬剤は肝臓で処理され、腎臓から排泄されます。 しかし、アボルブの服用をきっかけに、肝臓や腎臓に負荷がかかり、肝機能障害や腎機能障害を引き起こすことがあるようです。 アボルブはカプセルに包まれている薬ですが、その内容物は口腔咽頭粘膜を刺激する可能性があるため、添付文書に記載されている通り、カプセルをかんだり、開けたりせずにそのまま服用するようにしてください。

初期脱毛

男性脱毛症治療を行う上で、治療の初期段階で脱毛が起こることがあります。 これは発生する頻度の高い副作用ですが、治療自体に問題があるという訳では無いようです。 毛髪には、成長期・退行期・休止期というヘアサイクルが存在します。このうち、退行期と休止期の毛は成長期を迎えた新しい毛に下から押し出されるため、古い毛が抜けていきます、 通常は1ヶ月ほどで落ち着いてくると言われているので、服用を続けて様子を見ましょう。 ▽▼アボルブの副作用などに関する添付文書はこちら▼▽ ・アボルブカプセル0.5mg

女性はアボルブを使用したり触ったりしてはいけない!

何かを拒否している女性 アボルブを、女性が使用したり触ったりしてはいけないという理由には、男性向けの治療薬であることと、胎児に影響を及ぼす可能性があることが関係してきているようです。 そもそも、アボルブはジヒテストステロンの生成を阻害する働きのある薬で、添付文書にも、「男性における男性型脱毛症のみの適応である」と記載されています。 そのため、女性の薄毛に対しては効果が期待できないため、女性に使用することはありません。 もう一つの理由である「胎児への影響」は、実験の段階で胎児の生殖器の発達に影響が出ているためです。 アボルブの主成分であるデュタステリドは、皮膚から成分が直接吸収されてしまう可能性があると言われています。 このことから、妊娠中の女性・妊娠する予定がある女性・授乳中の女性は使用したり触れたりしないように注意しなければなりません。 服用をしている男性本人も、取り扱いには気をつけましょう。

アボルブの注意事項・禁忌事項

禁止マーク【カプセルを噛んだり溶かしたり開けたりしない】 アボルブはカプセルタイプの薬ですが、この内容物には口腔咽頭粘膜を刺激してしまう可能性のある成分が含まれています。 そのため、これを噛んだり溶かしたり開けたりして服用してはなりません。 【正しい用量・用法を守って服用する】 アボルブは、通常、1回1カプセルを1日1回服用します。 飲み忘れが無いように決まった時間にアボルブを服用しますが、飲み忘れに気が付いた場合には、できる限り早く服用してください。 ただし、次の服用時間が近い場合には、その場では服用せず、いつも通りの服用時間に1回分服用します。 2回分を一度に服用しないように注意しましょう。 誤って数を多く飲んでしまった場合は、医師や薬剤師に相談しましょう。 【未成年も使用しない・触れない】 女性だけでなく未成年への安全性や有効性が確率されていないことから、未成年も使用したり触れたりしないように注意しましょう。 特に、保護者であり服用している本人が、未成年者の手の届きやすい場所に管理をしない、服用前後に薬を放置しないなどが必要です。 【子作りを考えている場合は使用しない】 AGA治療を希望する方の中には、子作りを考えている方も少なくありません。 しかし、未成年者への安全性と有効性が確率されていない上に、皮膚から成分が吸収されることで胎児へ影響してしまう可能性があると言われている以上、アボルブを使用することはできません。 また、勃起不全や性欲の低下といった副作用が起きた場合も子作りをするのは難しいでしょう。 そのため、子作りを考えている場合にはアボルブは使用しないというのが一般的です。 【服用期間中は献血をしない】 アボルブを服用すると、血液中にもその成分が含まれることになります。 献血で採取された血液は、妊婦にも使用されることがあります。 仮に、血液中にアボルブの成分が含まれている血液が妊婦に使用されれば、その妊婦がアボルブを使用したのと同じことになり、胎児へ何らかの影響を及ぼしてしまう可能性が出てきます。 そのため、日本赤十字社では、アボルブをはじめとするデュタステリドが含まれている医薬品を使用している方の献血は禁止しています。 また、服用を中止したとしても、血液内には成分が残っているためすぐに献血を行うことはできません。 成分が体外に排出されるまでには時間がかかるため、約6ヶ月を目安にすると良いでしょう。 【PSA検査を受ける前には事前に申告する】 PSA検査とは、前立腺がんの可能性があるかどうかを見極めるための検査です。 アボルブを服用していると、検査ででる数値が半減し正しい値が得られないと言われています。 そのため、この検査を受ける場合には、問診の段階でアボルブを服用していることを事前に申告しなければなりません。 【アボルブに対して過去に過敏症と診断された人は使用できない】 過去にアボルブの服用によって過敏症が確認された方は使用できません。 例えば、蕁麻疹が出た、アレルギー反応がでた、皮膚にかゆみを感じるそう痒症、ブツブツした発疹ができる、足の膝から足首・足の周り・眼や瞼・背中・後頭部などに浮腫が生じる限局性浮腫、皮下組織が腫れる血管浮腫と判断された方などです。 【肝機能に障害がある人】 肝機能障害がある方も服用できません。 黄疸や肝炎、高血圧、脂質異常症、肝不全、肝硬変、ナッシュと診断された方だけでなく、疑いがある方も服用を避けるべきでしょう。

AGA治療に使用されるアボルブの費用

電卓とノート 気になる費用の相場は、1ヶ月分で約5000円ほどかかります。AGAの標準治療薬であるフェナステリドやプロペシアも同じぐらいの価格なので、大きな違いはないといえます。 個人差がありますが、効果を感じられるまでに平均約6ヶ月かかるとされているので、合計で約3万円ほどとなります。この価格はAGAクリニックなどで処方された場合なので、診察料や検査費用などは入っていませんので注意しましょう。 クリニックによって費用は異なりますが、1ヶ月分で約1万円前後の費用がかかってきます。 他AGA治療薬ともあまり大きな差はないでしょう。 効果が感じられるまでには平均で約6ヶ月が必要とされているため、最低でも6万円ほどの費用が必要になります。

AGA治療目的のアボルブは保険適用外である

アボルブは「前立腺肥大の治療薬」認められ、保険適用が可能な薬です。 ただし、AGA治療を目的にしている場合には、「見た目を改善するもの」とされ、保険適用はされません。 保険診療を取り扱っている医療機関であっても保険適用はされないので注意しましょう。

アボルブの効果・副作用を理解して服用しよう

鏡を見て頭皮を気にしている男性 アボルブは前立腺肥大だけでなく、AGA(男性型脱毛症)の改善にも効果が期待できる医薬品です。 ただし、メリットばかりではなく、日常生活に影響するような副作用が起こりものでもあります。 安易には服用せず、しっかりと効果・副作用を理解した上で、アボルブを服用するようにしましょう。

関連記事