FAGA(女性男性型脱毛症)とは|発症する原因と治療法を紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

女性で薄毛にお悩みの方はFAGAの可能性がある!

頭を抱えて驚いている女性 女性でも薄毛に悩む方が増えています。女性の薄毛には、出産後におこる分娩脱毛症、フケが毛穴に詰まって引き起こされる粃糠性(ひこう)性脱毛症、皮脂の過剰分泌で引き起こされる脂漏性脱毛症、また加齢によって全体的に髪のボリュームが減り、地肌が見えるというFAGAの可能性があります。 その中でも特にFAGAは、40歳前後の方や閉経した方が顕著になることから全ての女性に関係があるといえるでしょう。そこで今回はFAGAについて紹介していきます。

FAGAとは

メガネをかけている女性 FAGAは女性男性型脱毛症と呼ばれています。男性型脱毛症(AGA)の女性版といえるもので、体内ホルモンのバランスの変化が強く影響しています。 FAGAは、男性のAGAのように生え際が後退したり、M字ハゲになることはなく、分け目が広がるのが初期症状です。その後、次第に頭部全体の地肌が見えはじめ、頭頂部の毛も薄くなります。特に40歳前後の女性や閉経以降の女性に多く見られ、60歳以降になると顕著に現れます。また稀に20代女性でFAGAになる方もいます。 また、AGAの標準治療薬であるフィナステリドは処方されません。その理由としてFAGAへの効果が明白でないことや妊婦が使用すると胎児に悪影響を及ぼすからです。フィナステリドは皮膚吸収されるため、妊婦さんはフィナステリドの粉末に触れることも危険です。

FAGAの原因

FAGAの原因は、体内ホルモンのバランスの変化にあります。女性の体内ホルモンは、女性ホルモン20:1男性ホルモンとされていますが、年齢を重ねることで女性ホルモンが減少し、男性ホルモンの比率が高まっていきます。また男性ホルモン・テストステロンが、5αリアクターゼと合わせることで薄毛物質ジヒドロテストステロンを生成します。これがFAGAの原因です。 この他にも女性の社会進出によるストレスや生活習慣の乱れ、喫煙やアルコール、過度のダイエット、経口避妊薬などの利用が指摘されています。

FAGAとAGAの違い

FAGAとAGAは脱毛症という共通点がありますが、明確に区別されています。その違いには脱毛のパターンが異なるということがあります。FAGAは分け目、頭頂部という順番で全体的にゆっくりと薄くなっていきます。またFAGAの場合は、地肌が透けて見える状態にはなりますが、完全に抜け落ちるということは極めて少なくなっています。 対するAGAは生え際や頭頂部周辺から脱毛が始まり、進行性であるため、早い期間で地肌が完全に露出していきます。ジヒドロテストステロンの影響をもろに受ける男性と、生涯女性ホルモンを分泌し続ける女性の違いが症状にもあらわれます。

FAGAの人の特徴

顎に手を置いて何かを考えている女性

親戚に薄毛の人がいる

親戚などの血縁者に薄毛の方がいるとFAGAになりやすいです。特に親戚に薄毛の男性が多い場合はリスクが高くなると考えられています。AGAは親から子へと遺伝していきますが、これは女性にも例外ではありません。そのため親戚にAGAの方がいる場合Hは、FAGA予防策を考慮しておくべきでしょう。

生理不順の人

生理不順が続く女性は、ホルモンバランスが崩れているのでリスクが高くなります。女性ホルモンの分泌が減ったり、不安定になると男性ホルモンの割合が増えることが理由です。女性ホルモンがたくさん分泌されれば、ヘアサイクルも正常に保てますが、その逆の場合はヘアサイクルが短くなってしまい、薄毛が進行しやすくなります。

汗をかきやすい人

汗かきの女性は、毛穴トラブルに注意しましょう。汗は汗口というところから分泌され、体温を下げる働きをします。しかしこの汗が、近接する毛穴に大量に入り込んだり、毛穴を塞いでしまうと皮脂が閉じ込められてしまい、毛髪の成長を妨げます。

急なダイエットをしたことがある人

急激なダイエットもリスクになります。短期間で10kg以上のダイエットをすると脱毛が増えると指摘されています。その理由として厳しいカロリー制限により、補給されるエネルギーや栄養分が急減することで毛母細胞に影響を与え髪への栄養補給が停止され、休止期脱毛症になる可能性があります。また栄養不足によってホルモンバランスが引き起こされるとやはりFAGAリスクが高まります。

ピルを服用している人

経口避妊薬ピルには女性ホルモンプロゲステロンが含まれており、服用することでホルモンバランスを妊娠状態に近づけ、排卵を抑制します。服用している間は、ヘアサイクルは成長期になり髪は伸び続けますが、服用を止めると出産後脱毛と同じような症状があらわれ髪の毛が抜けることがあります。

食生活が不規則な人

食生活が不規則な方もリスクがあります。コンビニ弁当や外食、スーパーなどの惣菜、菓子類や清涼飲料水などで生活していると毛母細胞に必要な栄養が不十分になり、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

運動をしない人

定期的に運動しないと筋肉が衰えて血行が悪くなるため、新陳代謝も衰えていきます。デスクワークをしている女性や運動嫌い、インドア派の方も要注意と言えるでしょう。

睡眠不足気味の人

睡眠中に分泌される成長ホルモンが、髪の成長を促します。しかし睡眠不足気味になると成長ホルモンの分泌が減ってしまうため髪の成長に影響を与えます。

冷え性の人

若い女性に多い冷え性も要注意です。冷え性になると女性ホルモンを生成する卵巣の働きが弱くなり、ホルモンバランスが崩れてしまい、男性ホルモンの割合や働き強まります。

40歳以上の人

40歳以上になると女性ホルモンの分泌が減り、男性ホルモンの割合が高まるため、分け目が広がるというFAGA特有の症状があらわれます。また閉経することでさらに女性ホルモンの分泌が減るため、頭髪のボリュームも減少していきます。

ストレスが溜まっている人

特に若い女性のFAGA原因で最も多いのがストレスです。視床下部は卵巣に女性ホルモンを分泌するよう命令を出しますが、ストレスの影響によって視床下部の働きが弱まって充分な命令を出せなくなり、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

酒・煙草を好んでいる人

アルコールの分解過程で生じるアセトアルデヒドは、FAGAの原因になるジヒドロテストステロンを誘発するため、リスクを高めます。タバコにふくまれるニコチンやタールも血管を収縮させ、血行が悪くなり栄養が毛母細胞に行き渡らなくなるため、やはりFAGAの要因になります。

FAGAの症状が現れた際の対処法

ポイントや注意点を教えている女性医師

生活習慣を見直す

FAGAを予防するには、規則正しい生活習慣を確立しましょう。髪をつくるタンパク質や亜鉛などを含む栄養バランスの良い食生活に変え、タバコやアルコールを控えます。また定期的に運動することで骨格筋を鍛えて血行を改善し、23時~24時までに就寝することで成長ホルモンの分泌を促します。

ストレスをためないように気をつける

ストレス発散する方法を見つけておきましょう。ウォーキングなどの運動やストレッチやヨガで汗を流したり、旅をしたり、入浴やサウナや岩盤浴などで気分をスックリさせるなど、定期的にストレスを発散し溜め込まないようにしましょう。

育毛剤を使用する

FAGAの症状があらわれたら育毛剤を使う方法もあります。女性用の育毛剤は頭皮の健康を健やかに保ち、髪の毛の成長を促してくれます。さまざまな育毛剤が販売されているため、レビューや口コミなどを参考に体質にあったものを選びましょう。

専門のクリニックで治療を受ける

頭皮が透けて見えるようになったり、頭頂部が集中的に薄くなった場合は、専門クリニックで治療を受ける方法があります。外用薬としてミノキシジルやパントスチンなど他、FAGAに効果のある治療薬を処方しているので高い効果を期待できます。日常生活に支障が出る場合は専門医に相談しましょう。

FAGAかもしれないと感じたらクリニックに相談しましょう!

クリニックの女性医師 社会進出や高齢化により、FAGAで悩む女性が増えていますが、原因と症状、特徴などを知り、生活習慣などを改善することでリスクを減らせます。また、すでにFAGAの症状で悩んでいる女性は、専門クリニックに相談をすることで薄毛の改善を目指せます。

関連記事