豊胸手術でよく聞くカプセル拘縮とは?原因や症状をご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

豊胸手術後、胸に違和感ある…

過去に豊胸手術を受けた方の中で、だんだん胸が硬くなってきたり、形が左右で異なってきたと感じたことはありませんか?こんな時、体内に挿入されたバッグがカプセル拘縮を起こしている可能性があります。 豊胸手術を受けた方の10人に1人がなってしまうと言われるカプセル拘縮とはどんな症状なのでしょうか?今回はカプセル拘縮の症状についてご紹介します。

豊胸手術の失敗事例、カプセル拘縮とは?

カプセル拘縮とは??

カプセル拘縮とは、豊胸手術の際に体内に入れた豊胸バッグが硬くなり、見た目も感触も不自然になってしまう症状のことです。主に、「人工乳腺法(豊胸バッグ挿入)」による豊胸を行なった場合に起きることがあり、体内で異物反応が起こっていることが原因で引き起こされると言われています。中には、胸が硬くなることで痛みを感じる方もいらっしゃいます。

カプセル拘縮が出来る原因

カプセル拘縮は、豊胸手術によって体内に異物を入れた際に、体内が異物反応を起こし、それから体を守ろうと豊胸バッグの周りに「カプセル被膜」と呼ばれる硬い膜を作り出すことが原因で起こる症状です。バッグ豊胸の場合、このカプセル被膜は誰でもできるものですが、被膜が厚くなり硬くなりすぎてしまうことがカプセル拘縮と言われています。

この症状があらわれたら注意!カプセル拘縮の予兆と症状

寝ても胸が流れない

本来豊胸バッグは動きや姿勢に合わせて自然に動くようになっています。しかしカプセル拘縮の症状があらわれている方は、豊胸バッグが硬くなっているので仰向けに寝ても胸が左右に流れないことがあります。 豊胸バッグの動き方がこれまでと違う感ったり胸に違和感を感じたときは、カプセル拘縮の可能性を疑ってみてください。

形や位置が左右で異なる

左右の形が異なってきた場合、どちらかの胸もしくは両胸がカプセル拘縮を起こしている可能性があります。施術後は左右のバランスがよかったのに、どちらか一方だけ小さくなってきたり位置がおかしくなってきた場合もカプセル拘縮が起こっている可能性があります。

形・感触が不自然

豊胸手術後にバストの形や感触が不自然になった場合は多くのケースでカプセル拘縮が起こっている場合があります。一般的に豊胸手術を受けた方の10人に1人の割合で、カプセル拘縮が起こると言われているので、見て触って不自然に感じたときはカプセル拘縮を疑ってみてください。

カプセル拘縮は体質が原因なの?

一般的に体質だけが原因でカプセル拘縮が起こっているとは言えません。カプセル拘縮になりやすい事例としては、シリコンバッグの質感がスムースタイプのものを使用した方に多いようです。また、施術後に出血があった方、施術後に炎症が起こった方、施術後のマッサージを怠った方なども比較的なりやすいと言われています。

予防方法

マッサージをする

施術後によくマッサージをすることでカプセル拘縮を防ぐことが出来ます。マッサージは過剰にカプセル拘縮が厚くなることを防ぎ、バッグが動くスペースの確保にもつながります。

予防薬を服用する

カプセル拘縮にならないように、施術後に服用できる予防薬が作られています。担当の医師に確認してみましょう。また、施術後に超音波を当てて予防に努めている事例もあるようです。

バッグの種類をよく考える

カプセル拘縮はスムースタイプのバッグを使用してる方に多く見られていますので、バッグを選ぶ際にスムースタイプ以外のものを選ぶこともお勧めです。

修正方法の流れ

カプセル拘縮を起こしてしまった際には、バッグを取り除き、新しいバッグを追加する以外に修正方法はありません。修正にも費用はかかってしまいますので、なるべく未然に防げるように気を付けましょう。

さいごに

今回は豊胸手術で起こりうる「カプセル拘縮」についてご紹介しました。カプセル拘縮は豊胸手術で多くの方が体験しているトラブルです。豊胸手術を受けた際は、未然に防げるようにご自身で出来るマッサージなどを頑張りましょう。 ▽関連記事 ・豊胸バッグ抜去・入れ替えとは~口コミ&体験談もあり!-豊胸・バスト形成豊胸後のメンテナンスって必要?豊胸術別のメンテナンスと費用

関連記事