まぶたの腫れについて解説|大切なのは原因を知ること

このエントリーをはてなブックマークに追加
4

まぶたの腫れは何のサイン?

綺麗な二重をした女性の目元 まぶたは皮膚が薄く、非常にデリケートな部位です。外部からの刺激や細菌感染などにより、比較的異常が発生しやすいと言われています。まぶたに何らかの症状が現れた時は、正しい原因を突き止めた上で適切な治療を行うことが求められます。

瞼が腫れる原因とその対処法について

女性の綺麗な肌を虫眼鏡で拡大している

(1)ものもらい

ものもらいは表皮ブドウ球菌や黄色ブドウ球菌といった細菌が原因で起こる炎症のことです。これらの球菌は基本的には常在菌なので人間であれば誰もが持っていますが、体調の悪化などで抵抗力が低下すると球菌が活発に働き、目にものもらいが発症することがあります。 症状が現れてから早期に対処することで、自力で治療することも可能です。対処法はまぶたを清潔に保ち、はれている場合は極力触らないようにします。そして洗眼薬で目を洗い、抗菌目薬を毎日数回さしましょう。早期に対応できれば数時間で症状が治まる場合があります。

(2)結膜炎

結膜炎の原因は複数あります。ウイルス性結膜炎や細菌性結膜炎はウイルスや細菌に感染することで発症し、アレルギー性結膜炎はハウスダストや花粉などのアレルゲンが発症の原因です。 ウイルスが原因で発症した結膜炎の対処法は、免疫力を向上させて自然治癒を待つことです。細菌が原因の場合は抗菌薬を使用して、原因となっている細菌を死滅させる治療を行います。 アレルギー性結膜炎には抗アレルギー点眼薬を用いて治療しますが、それでもまぶたのはれが治まらない場合はステロイド点眼薬を使います。

(3)眼瞼炎

眼瞼炎には感染症と非感染症が存在します。感染症は主にまぶたにウイルスや細菌が感染することで起こります。また、病原体が付着した手でまぶたをこすると、眼瞼炎が発症するリスクが高まります。特に免疫力が低下している時期などは炎症が起こりやすい状態です。 非感染症は皮脂腺から皮脂が過剰分泌することで起こります。皮脂は不規則な生活が続くことで分泌量が増えるため、生活習慣の乱れが原因と言えるでしょう。 感染症には抗ウイルス薬や抗菌薬で治療し、非感染症には炎症を抑える薬剤を投与しつつ、生活習慣の改善を図ります。

(4)霰粒腫

霰粒腫の原因は主にストレスや細菌感染です。免疫力が落ちることで常在菌の黄色ブドウ球菌が増殖し、霰粒腫を発症します。ストレスや運動不足で免疫力が低下しやすくなるため、霰粒腫の発症リスクも高くなります。 対処法は腫れたまぶたに軟膏を塗ったり、ステロイド薬を使用します。また、抗炎症作用を持つ目薬で菌の増殖を抑制する治療を行います。他に自力で対処する方法として、患部をホットタオルなどで温めると症状が改善する場合があります。

(5)アレルギーによる腫れ

アレルギーは本来、体を守ってくれる免疫システムですが、何らかの異常により過剰反応することがあります。それは食べ物やハウスダスト、花粉といった物質であり、それが体内に入った時に体から追い出す攻撃が開始されます。その攻撃の影響で体に炎症が発生するのですが、これがアレルギー症状としてまぶたに現れるのです。 対処法はまぶたにはれを起こさせているアレルゲンを除去することです。ハウスダストや花粉が原因であれば専用のメガネなどを着用して外出したり、食べ物であれば摂取を控えます。

(6)むくみによる腫れ

まぶたはむくみが原因ではれることがあります。まぶたのむくみは顔のむくみ同様に塩分の摂りすぎやアルコールの摂取で起こる場合が多いです。また、まぶたの裏側には多くの毛細血管があるため、過剰に擦ると血管が痛み、むくみが起きてはれることがあります。 対処するにはむくみを取り除く必要があります。ホットタオルと冷えたタオルを交互にまぶたに乗せ、目元の血行を改善するとむくみが緩和します。 また、まぶたを人差し指か親指で目頭から目尻に向けてなぞるマッサージを行うことでも血流が良くなり、腫れが改善していきます。

(7)メイクによるもの

普段使用しているメイク用品が体質と合わないとまぶたに異常が現れることがあります。特にアイシャドウやアイライナーに含まれる金属や不純物などが皮膚にアレルギー反応を起こし、痒みやはれが発生します。 化粧品によっては天然成分のみを配合した無添加の製品も存在するため、メイクが原因でまぶたに異常が現れた際は使用を中断し、不純物の含まれていない製品を選ぶようにしましょう。また、症状が治まるまではメイクを控えることも重要です。

瞼が腫れないようにするための予防法

自転車を乗っている笑顔の女性

(1)水分を摂りすぎない

水やジュース、コーヒーやアルコールといった水分を摂りすぎると、代謝に異常が発生します。すると不要な水分が体から排出されずにむくみが現れます。むくみは血管が密集している場所に現れやすいため、まぶたがはれやすくなるのです。 血行を良くすればむくみは改善しますが、寝ている間は動くことがないため、血流が悪化しやすい状況となります。そのため。寝る前にはできるだけ水分を摂りすぎないことを心がけることが大切です。

(2)寝すぎないようにする

健康を維持するために欠かせない睡眠ですが、寝すぎてしまうと逆に体にとって悪い影響が出てしまいます。寝ている間はまぶたに水分や液体成分などが溜まりやすく、それがむくみとなって表に出てきてしまうのです。 最も効果的な予防法は寝すぎないことです。7~9時間睡眠が最適と言われており、それ以上は寝すぎとなるので注意しましょう。もしどうしても寝すぎてしまう場合は、起床直後にカーテンを開けて太陽の光を浴びることを日課としてください。正しい生活リズムが作りやすくなります。

(3)マッサージや目の運動を習慣化する

日頃からまぶたをマッサージしたり、目のトレーニングを習慣化しておくと、むくみが解消されてすっきりとした目元を維持できるようになります。 マッサージは人差し指で軽く目頭から目尻へ向かって擦るだけで十分です。これをむくみが気になるタイミングで毎日数分間行ってください。まぶたの皮膚はかなり薄いので、過度にマッサージを行うと伸びてしまったり、色素沈着が起きる恐れがあるので優しく丁寧に行うことを意識しましょう。 目を上下左右に大きく動かすトレーニングも予防法として効果が期待できます。

(4)泣いたときは目をこすらない

悲しいやつらいことがあった時などに涙を流す人は多いでしょう。単に泣いただけではまぶたがはれることはありません。泣いた際に、目をこすることでまぶたのデリケートな皮膚が刺激を受け、むくみを起こしてしまう場合があります。 感情的になって涙を流すことは問題ありませんが、涙を拭う時はティッシュやタオルなどで優しく取り除くことが重要です。間違っても手で強く目をこすって拭くといったことがないように注意してください。

最後に

微笑んでいる女性 目が腫れてしまう原因は様々です。それぞれの要因や症状によって対処方法も全く異なるため、まず第一に原因を探ることが重要です。そのためにも目に何らかの異常を感じた時は、なるべく早めにクリニックを受診することをおすすめします。 早期の治療によって改善するケースは多く、逆に対処が遅れると目の症状が悪化してしまう恐れがあります。むくみが原因だと自己判断して病院に足を運ばない人もいますが、万が一重い病気が隠れていた場合のリスクを考慮しても、早めに医師の診断を受けることが大切と言えます。 まぶたが腫れていると外見が悪くなるだけではなく、視界が悪くなるなど日常生活にも支障をきたします。異常を見つけた時は目をむやみに触らず、早めに病院を受診しましょう。早期に治療を行えば完治するまでの期間も短くなります。

関連記事