まつ毛育毛剤(まつ毛美容液)についてのあれこれを大解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
2

まつげ育毛剤について解説

目頭に蒙古ひだがない二重の大きな目 まつ毛育毛剤とは自まつ毛を伸ばす・育毛する手伝いをしてくれるまつ毛専用の育毛剤です。まつ毛美容液とも呼ばれることがあります。 自まつ毛がしっかり生えてくると、目力が強くなったり、アイメイクの時間を短縮させたりすることも可能です。

まつげ育毛剤の内容・成分

まつ毛育毛剤に含まれている成分としては、センブリエキス、アロエベラ、アミノ酸、グリコシル、トレハロースなど、まつ毛を伸ばす成分が多く含まれていることが多いです。 オタネニンジン根エキスは保湿性が高く血行促進性があります。ワイルドラッシュはまつ毛の保護成分で、美しいまつ毛を維持させてくれます。 アセチルデカペプチド-3はタンパク類、保湿剤、FGF様合成ペプチドで、毛の成長をサポートしてくれるはたらきを期待することができます。

まつげ育毛剤の効果・効果

まつ毛育毛剤の効果は、その名の通りまつ毛が伸びるという点です。たった1ミリまつ毛が伸びただけでもかなりの差が顔に表れてきます。 まつ毛にハリやコシが出てきます。 髪の毛もハリやコシがあった方がきれいに見えるのと一緒でまつ毛もそうです。ビューラーを使ってカールを作ることもよりやりやすくなります。 ほとんどの製品は使い始めてすぐにまつ毛に効果があらわれることはありません。長期間、継続的な使用をしていく必要があります。また効果の出方には個人差があります。

まつげ育毛剤の使い方

まつ毛育毛剤の塗り方ですが、まつ毛は髪の毛と一緒で根元から生えてきますので、根元に育毛効果のある有効成分しっかりと塗ることが大切になります。 一気に大量に塗るのではなく、少量ずつ重ねづけをすることをおすすめします。 一度に根元に浸透させることができる量は限られているので、少しずつ塗るようにしましょう。たっぷり塗ってしまうと目や粘膜に入りやすくなるので注意が必要です。根元や生え際を中心に、ムラなく塗るように心がけましょう。

まつげ育毛剤の使用上の注意

注意や禁止を意味する標識を持っているクリニックの医師 まつ毛育毛剤はまつ毛を伸ばす効果がありますが、皮膚トラブルを起こしてしまう可能性もあります。 まつ毛の育毛のために作られた製品なので、目に入らないように最新の注意を払う必要があります。万が一目に入っても問題が起こらないようにはできているものの、目によいものではないので注意しましょう。 結膜炎などの病気の人は、使用する際は眼科医などに相談してから使用するようにしましょう。皮膚が弱い人などはまぶたがはれてしまうこともあるので、できるだけ皮膚につけないように使用することをおすすめします。

まつげ育毛剤のリスクについて

まつ毛育毛剤は危険なものではありません。万が一目の中に入っても視力が下がったり、失明などをすることはありませんが、しみたり充血する可能性は高いので注意しましょう。 また目元の皮膚はデリケートな部分になるため、とくに元々皮膚の弱い人の場合はかゆみやかぶれを起こしてしまう人もいます。 製品によっては色素沈着を引き起こす可能性もあるので注意しましょう。なるべく皮膚につけないように塗ることがポイントになります。

まつげ育毛剤の入手方法

まつ毛育毛剤の入手方法ですが、薬局やドラッグストア、化粧品店などで購入することが可能です。 製品の中にはインターネット通販などでしか買えないような製品もあります。値段とクチコミなどを参考にして、自分に合う製品を選ぶことをおすすめします。

まつげ育毛剤の相場価格

まつ毛育毛剤の相場価格ですが、安いものだと2,000円程度のものから高いものだと8,000円程度のものまであります。 高いからといって絶対に効果が高いというわけでもないし、安いから効果がないというものでもありません。 自分で納得のいく価格のものを選びましょう。

記事のまとめ

目頭に蒙古ひだがない二重の大きな目 まつ毛育毛剤はまつ毛を伸ばしたり増やしたりハリやコシを増やす手伝いをしてくれる製品です。 毎日継続使用することによって効果を感じることが出来ますので根気良く使用することをおすすめします。

関連記事