切開による二重整形について詳しく解説|リスクや費用相場も

このエントリーをはてなブックマークに追加
2

二重整形の切開について解説

目頭に蒙古ひだがない二重の大きな目 腫れぼったい瞼に見えたり、一重で目の幅が狭いなどのお悩み抱える方は多いですよね。そんなお悩み解決の手段として、メスを使って行う二重整形手術があります。 切らない方法だと将来元に戻ってしまう可能性がありますが、切開を伴うこの施術は半永久的な効果が期待できる施術です。

切開法の施術の概要と効果について

(1)全切開(概要・効果)

しっかりした二重ラインを形成したい場合に適している施術で、瞼に厚みがある人に向いている方法です。 二重のラインに当たる部分をメスで切り、余分な脂肪を取り除いた後、眼輪筋に瞼板、さらには眼窩隔膜も処理を行って縫合を行います。 デザインを行いやすく、きちんと内部処理が行われれば二重ラインが後戻りしたり、歪みやくぼみができる心配もいりません。ライン上にある皮膚と挙筋腱膜がうまく癒着するまで術後一週間程度たってから抜糸が行われ、徐々に傷跡も目立たなくなります。

(2)部分切開(概要・効果)

ダウンタイムが長すぎると困る人や皮膚が薄く形成しやすい人は、部分的にメスを入れるだけで、きれいな二重ラインを作ることが可能です。 ミニ切開とも呼ばれ、二重ラインに当たる中央部分、黒目の上あたりの瞼を1cmから2cm程度のみメスを入れて余分な脂肪を取り除き、皮膚と挙筋腱膜の断端を縫合し固定して二重にしていきます。部分的な処理でも抜糸までには1週間程度かかりますし、ラインが全切開よりも二重の強度は甘くなる施術です。

ダウンタイム

睡眠をしている女性 手術後入院する必要はなく、当日帰宅することができます。 麻酔を利用するため術後30分程度はクリニック内で安静にさせるクリニックもあります。切る二重整形は、施術自体は20分から30分程度で終わりますが、強い腫れが残るのは1週間程度となり、抜糸を行うくらいまでは比較的強い腫れが残っていると考えてよいでしょう。 完全に腫れが引き、二重が完成するまでは、1〜2ヶ月ほどかかることが多いです。 仕事を休めないなど外出が必要な人は、両目を同時に二重にするのではなく、片目ずつ行えば眼帯などを使用して外出することは可能です。

アフターケア

縫合した患部を清潔にする必要があり、消毒をしたり、ガーゼの交換が必要になる場合があります。 2〜3週間ほどたっても強い腫れが引かない場合には、炎症が起きている可能性があるため早めに施術を受けたクリニックへ相談しましょう。 抜糸後も経過が順調であるか定期的に受診を勧めているクリニックもあり、二重が維持されているか回復が順調であるかをみてもらうことが可能です。 腫れが引かないからとマッサージをしたりすると逆効果の場合がありますので自己判断は避け、医師の指示を仰ぎましょう。

失敗・リスクについて

失敗や後悔をして両手で顔を押さえて落ち込んでいる女性 事前のカウンセリングを通してデザインをしっかりと決めて、医師とイメージの共有を納得いくまで行わないと仕上がりに不満を感じる可能性が高まります。 部分的にメスを入れる術式は、全切開に比べて曖昧なラインになりやすく、目頭や目じりの方はあまり変化が感じられない場合があります。 脂肪を抜き取る量を誤ったり、余分な皮膚が残されたままだとたるみやしわができてしまう場合があり、内部の処理を誤るとへこみができて目立つリスクがある施術です。縫合の仕方によっても術後の仕上がりが左右され、傷跡が目立ったり目頭部分の瞼に不自然なラインができることがあります。

施術費用相場

どのくらい切除が必要かなど難易度により金額に差がありますが、施術費は両目で250,000円前後がおおよその相場です。 高くなると300,000円を超えるクリニックもあるため、費用の確認が必要です。価格があまりにも安すぎる場合には、理由を確認したほうが良いでしょう。 クリニックでも担当する医師によって、価格が変わる場合もあります。二重整形でデザインをいろいろ注文するとその分高額になる場合もありますが、納得できない仕上がりにされないようカウンセリング時によく相談して金額についても話し合いましょう。

二重整形の施術を受ける前に、慎重なクリニック選びが必要

クリニックの女性医師 美容外科では症例数が多い二重整形で、多くの医師が慣れていますが、瞼を切って行う内部の処理の仕方がいい加減だと仕上がりが不自然で、失敗となってしまうリスクが高くなる術式です。 皮膚の硬さや厚さがあると難易度が高くなり、内部の組織も同様に硬さがあると切除や縫合が丁寧に行われないときれいに形成することができなくなります。なので、技術が優れており経験も豊富な医師がやクリニックを選ぶことがリスクの低下につながります。 経験が乏しい医師だと、理想とする二重のデザインに近づけない可能性があるので、クリニックやドクター選びは慎重に行いましょう。

最後に

綺麗な二重をした女性の目元 パッチリと目を大きくすることもできる二重整形ですが、医師の施術の仕方により変化が感じられなかったり、不自然なラインにされてしまうことがある施術です。 しっかりとクリニックやドクターを比較して選び、失敗の可能性をできるだけ低くしてから施術を受けましょう。

関連記事