プチ整形|美容整形との違いやクリニック選びのポイントなどを紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

プチ整形ってどんなもの?

少し笑顔の女性 プチ整形は、本格的な整形手術ではなくて比較的簡単な整形手術や美容整形術などを受けることによって顔や体型を変化させることができる方法です。ただ、この方法にも本格的な整形手術と同様にメリットとデメリットが両方ありますのでしっかりと把握していく必要です。 そこで今回はプチ整形について詳しく紹介していきます。

プチ整形と美容整形の違い

お店で電話をしている笑顔の女性

施術の範囲の違い

プチ整形と美容整形の違いをもう少し具体的に書くと施術の範囲の違いがみられます。本格的な美容整形の場合は、顔・首・胸・腕・太ももなどありとあらゆる部分が施術の範囲となっています。 一方、プチ整形の場合は目を一重から二重まぶたにすることや唇を厚くするなどの施術を行うときにはそう呼ばれることが多いです。施術する範囲は限られており、あくまでも簡単にできる美容整形術と判断しやすい場合にそう呼ばれることが多いです。

メスを入れるかどうか

本格的な美容整形を行う場合は、メスを入れることによって身体を切開したあとにシリコンプロテーゼなどを入れたりして見た目を大きく変えて美しく仕上げることができます。 一方、プチ整形の場合は基本的にメスを使用することがない美容整形法となっている点で違いがあります。よく用いられる方法としては、ヒアルロン注射があります。注射するだけですので傷跡が少なく即効性も比較的あります。そのため、人気の美容整形術として注目されている方法のひとつです。

明らかに見た目に変化があるか

本格的な美容整形の場合は、見た目に大きな変化がでてきます。かわいい顔というよりは美しく整えることで美人の顔や体型に仕上げることを目的としている場合が多いです。 一方、プチ整形の場合は外見の変化がメイクやスキンケアのようなものが多いということが挙げられます。メスを使いませんので、施術後に傷跡が残ってしまうようなこともほとんどありません。そのため、整形に抵抗がある人でも利用しやすいというメリットがあります。

プチ整形のメリット

微笑んでいる女性

リスクが少ないことや傷跡が施術跡に残りにくい

プチ整形のメリットとしては、施術を行った後にリスクが少ないことが第一に挙げられます。大がかりな手術については行いませんので、法的なトラブルになったりするなど問題になることも少ないです。 施術後に傷跡が残りにくいということも大きなメリットといえるでしょう。整形をしても、気づかれずに済んでしまうことは美容面でコンプレックスを持っていても整形したことを言われたくない人にとってはとてもありがたいものといえます。

短時間で終了する

プチ整形のさらなるメリットとして、短時間で施術が終了するという点もあります。施術自体は、30分から長くても2時間くらいで済んでしまいます。多くの場合は、施術を行ってから入院せずに帰ることが可能となっています。そのため、買い物のついでや休日など時間があるときに立ち寄って簡単にこうした整形による治療を受けて変えるということもできます。 整形がしたいと感じたときに、手軽にできやすいというイメージがあることが魅力といえるでしょう。 

ダウンタイムが比較的少ない

プチ整形ではそこまで大きな施術になることがほとんどありませんので、施術後のダウンタイムの期間についても少なめです。ただ、本格的な美容整形ほどではなくても人によっては施術を受けた後に腫れが大きくなってしまうことはあります。 いずれの方法でもダウンタイムが比較的少なめことは確かに安心ではあるのですが、医師の指示に従ってケアをすることについては本格的な美容整形と同様に心がけておいたほうが良いといえるでしょう。

良心的な価格設定

本格的な美容整形を行った場合においては、保険の対象外になっているため価格設定もかなり高額という傾向があります。そのため、予算についてはかなりまとまったお金を用意したほうが良いといえます。プチ整形についても、保険適用外になっていることがほとんどです。 ただし、大規模な手術と違って比較的良心的な価格設定であることが多いということがメリットといえます。こうした施術に理解を持っている美容クリニックが多いことも良心的な価格設定の理由です。

プチ整形のデメリット

失敗や後悔をして悩んでいる女性

効果の持続性が弱い

プチ整形では効果の持続性が弱いというデメリットがあります。半永久的に効果が続くようなものではありません。長くても、1年から数年くらいまでの期間でしか効果が持続しにくいのが一般的といえます。 そのため、施術を受けてからしばらく経過して効果が薄くなってきたころに再度定期的に通うということが多いです。そのことは、事前に医師からも告げられるのが基本ですので覚えておくようにしましょう。

施術によっては何度か通院する必要がある

施術によっては何度か通院する必要があるため手間に感じる人もいます。 例えば、目を二重瞼にするときに糸を埋め込むなどをして挿入する方法です。その場合は、施術が終わってからしばらくして抜糸する必要があるため再度通う必要があります。また、施術後の仕上がりにもしも不満を持ってしまったという場合においては修正して再度治療を行う必要がある場合もあります。 なので、できればそうした再修正を行う必要がないようなクリニック選びを行う必要があるといえるでしょう。

プチ整形の失敗例・対処方法

プチ整形でも失敗してしまうリスクについてはないわけではありません。たとえば、仕上がりが不満である場合や効果が実感できないという場合です。仕上がりが不満である場合は、医師の技術レベルが不足しているという場合も考えられます。 失敗しないようにするための対処方法としては、実績のあるクリニックをできるだけ利用して失敗するリスクを減らしておくという必要があるといえます。クリニックの評判についてはインターネットを利用することである程度把握することが可能ですので、確認しておくようにしましょう。

プチ整形の施術でのクリニック選びで気を付けるポイント

頭にタオルを巻いて寝転んでいる女性の顔

カウンセリングをしっかりしてくれているか

カウンセリングをしっかりとしているかは、クリニックを選ぶ上ではとても大事なことといえるでしょう。カウンセリングを行うことによって、医師との信頼関係をしっかりと構築することができます。 あらかじめ施術によって生じるリスクについてもきちんと説明してくれるクリニックであれば、心構えをしやすくトラブルになることも少ないことはいえるでしょう。もし医師の説明に納得がいかなかったりした場合には、セカンドオピニオンを利用することも考えておくといいでしょう。

十分なアフターケアを行ってくれるか

アフターケアがきちんとしているかもとても重要です。プチ整形についても成功するかどうかは十分なアフターケアがしっかりとしているかどうかで決まることが多いです。 また、経験や実績が豊富な医師は、アフターケアの方法についてもしっかりと指導してくれます。なので、信頼性のある医師かどうか見極めるためにもアフターケアについて聞いておくことはとても大事です。 もし丁寧に説明がされない場合には、アフターケアについても雑である場合が多く、トラブルになっても対応してくれないということにもつながってしまいますので注意しましょう。

経験が豊富なドクターが担当するか

経験が豊富なドクターのもとで施術をおこなっているかという点も非常に重要な要素といえるでしょう。熟練のドクターであっても、失敗してしまうリスクについてはないわけではありません。しかし、信頼性が高いクリニックであれば万が一トラブルになったとしても素早く対応してくれることが多いです。 そして、再治療にかかる費用についても抑えてくれやすいため実績のあるクリニックで施術を受けたほうが良いといえます。中には、再治療にかかる費用を無料にしてくれるところもあります。

プチ整形で気になることがある場合にはクリニックに相談しましょう!

ピアスをして綺麗な輪郭をしている女性の横顔 プチ整形は、手軽に利用することができやすい簡単な美容整形術として知名度があります。ただ、成功するかどうかについては利用者のこころがけ次第で決まってくる面が大きいことをしっかりと理解しておきます。分からないことがあったら全て医師に聞いて解決しておきましょう。

関連記事