鼻のプチ整形で起こりうる失敗例|原因と予防策を紹介

鼻のプチ整形で起こりうる失敗例とは?

「鼻」は、顔全体の印象を決定づけるパーツです。その鼻を、比較的手軽に変えることができるといわれているプチ整形ですが、実は失敗するリスクが高い施術でもあります。 プチ整形なら失敗しても平気では?と思いがちですが、失敗してしまうと、その後の修正が難しくなってしまうことも多くあります。 今回は、鼻のプチ整形で起こりうる失敗例と、その対処法について紹介していきます。

プチ整形であっても失敗する可能性がある

プチ整形は、メスを使わず短時間で施術が終わり、ダウンタイムも短い傾向にあるため、手軽に受けられる美容整形として人気があります。 施術内容は比較的簡単なものが多いといわれていますが、それでもトラブル・失敗が起こる可能性は0ではありません。 イメージと違う仕上がりになってしまったり、形が余計に崩れてしまったりするなどの失敗の声も。 プチ整形だからといって、安易に受けないように注意してくださいね

鼻のプチ整形:ヒアルロン酸注射による隆鼻術

ヒアルロン酸注射による隆鼻術は、ヒアルロン酸を注入することで、鼻筋の通った鼻になれるといわれている方法です。 注射のみの治療なので、施術時間とダウンタイムが短い傾向です。施術にかかる費用も、プロテーゼなどを比較すると、安いのが特徴です。

ヒアルロン酸注射による隆鼻術の失敗例

比較的手軽に受けることができる反面、カウンセリング時と形が違う、バランスが崩れたなどというケースがあります。他にも、鼻筋が太くなってしまうということも。 いずれの失敗も、医師とのイメージの共有不足によるものと、経験の浅い未熟な医師が担当したことによるものの可能性が高いです。

失敗の対処・改善方法

注入したヒアルロン酸の量が足りずに、鼻が高くならなかった、バランスが崩れてしまったという場合には、再度注入する必要があるでしょう。 反対に、入れすぎによるバランスの崩れは、自然にヒアルロン酸が吸収されていくのを待つか、ヒアルロニダーゼでヒアルロン酸を溶解するかの選択になるでしょう。

鼻のプチ整形:スレッド(糸)による鼻の形成術

スレッド(糸)による鼻の形成術では、時間の経過とともに自然に吸収されてなくなる糸を使った方法です。スレッド(糸)は鼻筋に入れる方法と、鼻中隔に入れる方法があります。入れる部分と入れ方によって、デザインが変わってきます。 インジェクターという器具を使って、スレッドを鼻に挿入し、数ヶ月経つと、糸の代わりとなるコラーゲンが作られます。これにより高さや形を維持することができるようです。

スレッド(糸)による鼻の形成術の失敗例

スレッド(糸)による鼻の形成術の失敗は、鼻の形が変わるなどの失敗ではなく、どちらかというと、期待以上の効果が出なかったなどの失敗例が多い傾向です。 また、インジェクターは注射器よりも、少し大きめの器具なので、傷もその分大きくなるでしょう。

失敗の対処・改善方法

スレッド(糸)による鼻の形成術では、糸がしばらく残っている状態が続きます。カウンセリングで話していた時よりも低い、デザインが希望とは異なるという場合には、調整し直せるかを医師に相談して見ましょう。 挿入してから時間が経過している場合には、糸を取り出すことが難しいという可能性もあるので、十分に注意しましょう。

失敗しないためにできること

①医師・クリニックを慎重に選ぶ

プチ整形といっても、失敗する可能性は0ではありません。鼻は顔の印象を決定づけるパーツなので、失敗してしまうと、見た目の印象に影響が出てしまいます。 失敗しないためには、プチ整形であっても、鼻の分野で専門性・技術力の高い医師を探す必要があります。 希望通りにできるという医師ではなく、こうした方が良いかもしれないなど、デザインを親身に考えてくれる医師が良いでしょう。

②施術を担当してもらうドクターの経歴や資格を確認する

安心して施術を受けるには、どの医師がカウンセリングと施術を担当してくれるのかを確認することも大切です。 医師のこれまでの経歴や資格、美容外科医としての年数なども確認するべきでしょう。

③アフターケアがしっかりしているか見極める

プチ整形では、やってみないと分からないという面もあります。術後にトラブルが起きてしまった場合、心配事がある場合にしっかりと対応してもらえるのかが重要になります。 必要であれば無料または比較的低額で再度施術を行ってくれる無料で術後の経過を見てもらうことができるなどは、クリニックのカウンセリングを受け、直接確認してみてくださいね。

鼻のプチ整形でも失敗する可能性は0ではない

鼻のプチ整形は、比較的手軽に受けることができる美容整形で、どこの美容外科(美容皮膚科)でも受けることはできるでしょう。 どのクリニック、どの先生でも結果は同じというわけではなく、鼻の形成術を不得意にしている先生もいれば、医師になって日が浅いという先生もいます。 こういった先生による施術を受けてしまうと、プチ整形でも失敗するリスクが高まります。 鼻のプチ整形でも、失敗する可能性があることを理解し、慎重な医師選びを行うようにしてくださいね。

関連記事