ピーリングとは|自宅でやる方法やクリニックでの方法まで紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

美容ケアでよく使うピーリングって?

顎・顔のラインを手で押さえている女性 ニキビ跡やシミなどの肌トラブルが起こった時によく利用されるのがピーリングです。美容皮膚科などで医療行為として行われている施術ですが、具体的にはどのような施術が行われて、どのような作用をもたらすのでしょうか。今回はそんなピーリングについて紹介していきます。

ピーリングとは

輪郭と肌が綺麗な女性 ピーリングとは、皮膚表面の古い角質を取り除いて表皮細胞の新陳代謝を促進させる美容法のことを指しています。ただし、元々は「はぎ取る」という意味を持つ言葉であり、美容面の意味としてはお手入れを行うことによって肌表面を取り除いて古い細胞と新しい細胞の入れ替えを活性化させるという意味で用いられます。 また、化学薬品などを使って古い皮膚の表面をはぎ取り、新たな肌細胞を生成させる美容法はケミカルピーリングと呼ばれます。

古い角質が肌にもたらす悪影響

古い細胞がどんどん溜まってしまうと、古い細胞と新しい細胞の交代が上手く行われなくなります。その結果、古い細胞が長期にわたって肌表面に留まることになり、肌にくすみが現れて弾力や瑞々しさも失われます。 また、角質が毛穴を覆ってしまうことによりニキビもできやすくなります。古い肌細胞が増加するに伴い、硬くなった皮膚が占める割合が多くなりますので、化粧品などもスムーズに浸透できなくなってケアも大変になります。

古い角質を除去するにはピーリングが効果的

古い角質を取り除きたい時には、ただ化粧水や乳液をつけるだけでは改善されません。強制的に取り除けるような方法が必要であり、それがピーリングです。弱い酸の働きによって皮膚表面を溶かし、排出を助ける働きをしますので、肌細胞の働きが衰えてターンオーバーの周期が長くなった肌にも効果があります。 周期の長くなった肌は自力で代謝を高めることができませんので、ピーリングのように強制的に取り除けるような方法でなければ効果は現われにくいといえます。

自宅でピーリングを行う方法

おしゃれなお店で座っている女性 美容皮膚科に通う時間がない、お金をかけることができないという場合には、自宅で行えるピーリング用品もあります。美容皮膚科で用いられているものとは異なるので効果は弱くなりますが、その分安全にケアできる方法です。 自宅で行う場合には、洗顔料タイプ・ジェルタイプ・ピーリングタイプなどがあります。数百円程度から2千円程度の商品が多く、美容皮膚科で受けるよりも肌に優しいのが特徴です。

クリニックでピーリングを行う方法

クリニックの女性医師 クリニックで行う場合、本格的な薬剤を利用して肌の生まれ変わりを活性化させます。費用は5千円程度からあり、高くても2万円くらいで行えます。ただし、施術は一回では終わりませんので、何度か受けると費用はかさみます。 優れた作用を持つ薬剤が使われますので一度でもはっきりとした効果が現われることが多いのですが、その分刺激が強いものですので施術後に肌がヒリヒリしたり乾燥が引き起こされることもあります。

クリニックで行ったほうがより安全かつ目に見え効果を期待できる

自宅でのケアとクリニックで行われている施術とを比較してみると、やはりクリニックの方が目に見えた効果が出やすい内容になっています。 自宅でのケアでは家庭用ということでそれほど強い成分は使われませんが、クリニックでは医療行為が行えますので、強い薬剤を使って行うことができます。ですから、肌の代謝を高める作用も当然大きくなりますので、悩まされている肌トラブルが早期のうちに改善されやすくなります。

ピーリングをクリニックで受ける場合は、慎重なクリニック選びが大切!

顔の保湿ケアをしている女性 ケミカルピーリングを受ける際には、技術力の低いところで受けてしまうと思うような効果が得られなかったり、刺激が強すぎて肌に負担がかかり過ぎてしまうことがあります。 評判の良いクリニックは話題にのぼることも多いので口コミでお客さんが集まってくるケースも多く、混雑具合で分かることもあります。良いクリニックとは、技術力があるだけでなく親身になって治療を行ってくれるところです。

ピーリングで肌を綺麗に保ちましょう!

横顔が綺麗な女性 自宅でのピーリングは便利ですが、やはりクリニックで受けるものとは効果が異なります。ケミカルピーリングは即効性がありますので、肌トラブルが改善されやすいのが特徴です。ただし、クリニック選びは重要ですので、慎重に選ばなければなりません。自分に合った方法でピーリングを行って肌のケアをしましょう。

関連記事