ドーリーフェイスの特徴|ドーリーフェイスになるための方法についても紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

お人形さんのように可愛くて人気のドーリーフェイス!

何かを思いついた女性 多くの人にかわいいと認められる顔になりたい場合、お人形のような顔にすると童顔で愛らしさがある中に品も備わり、注目される顔にすることが可能です。鏡を見ながらどこのパーツがお人形と違っているかを確かめて、気になる部分に対応していきましょう。

ドーリーフェイスとは

文字通りお人形のような顔を意味します。芸能人やモデルの方にこのドーリーフェイスは多く、可愛らしい印象になります。 また、このようなドーリーフェイスに憧れる人も多く、メイクや美容整形によってドーリーフェイスになるのが流行しています。

ドーリーフェイスの特徴

笑顔の女性

顔・輪郭

角ばっている部分がない小顔で丸みを帯びていることが特徴です。また、エラも張っておらず、横顔のあごのラインもすっきりしていますが柔らかみを帯びていて、あご先に向かって細くなっているのが好まれます。 あご先は極端に細くやや尖り気味が特徴で、頬骨などのでっぱりも見受けられない顔をしているとより良いです。

顔のパーツの中でも目が大きくてぱっちりとした二重幅が特徴的です。黒目部分も大きく、より幼く見える形をしています。 しっかりとした長めのまつ毛で、涙袋もあってふっくらとしており、比較的たれ目がちの方が愛らしくて好まれる形です。

中心部にあって目立ちやすい鼻ですが、できる限り目立たないほうが好ましく、全体的に小さく整っていることがドーリーフェイスの特徴です。 特に鼻の穴は目立たないサイズで見えないくらいのものが好ましくなっています。鼻筋もなだらかでまっすぐ、小鼻も小ぶりが適しています。

唇も鼻と同様にあまり目立たないものが好まれていて、全体的に小さくバランスが取れていることが重要です。 上唇は薄目で、下唇は厚くふっくらとしているのが愛らしい印象を与えます。しわなどもあまりなく、ハリがあって艶やかだとより魅力的です。

きめ細かく色白の肌で、ニキビなどもなくてつるんとした、子供の肌のような状態が好まれます。 シミやそばかすはなく、法令線や目じりのしわ、ゴルゴラインなどもない状態が好ましくなります。ほくろや産毛もない状態であればよりドーリーフェイスには適した肌です。

ドーリーフェイスになる方法

何かを見つけて指差している女性

メイク

毛穴を目立たせなくするファンデーションを使い、肌の色もできるだけ白に近づけるものを選ばなければなりません。エラは、シャドーで隠し小顔を作り、目を大きくするためには二重にしたり、アイライナーやアイシャドウで形を整え、つけまつげでぱっちりとした目を作る必要性があります。 鼻や唇を小さくする場合もファンデーションだけでなく、コンシーラを複数そろえて色合いの違いで目立たせなくさせます。唇の端をファンデーションでつぶして中央部分だけ口紅を塗るなどの工夫が必要です。 誰でもドーリーフェイスにすることは可能ですが、費用や時間がかかり、毎日メイクを行うのは大変で左右対称にするのが難しいデメリットもあります。

美容整形

顔のパーツが大きい人は美容整形による施術を行い、小さく整えることができます。また、輪郭も出っ張っている骨は削ったり、痩せこけている部分には注入するなどすれば、毎日のお化粧を楽にして時間の節約にもつながります。 美容整形の場合、施術によっては半永久的な効果が期待できますし、メイクよりも理想的な形に整えられることがメリットです。肌に対するアプローチはプチ整形などで可能なことが多いですが、輪郭を変える場合にはメスを入れなければならない場合もあって、体への負担が高くなりますし、医師の技術により仕上がりに差が出てしまうデメリットもあります。 手術になれば費用も高く、顔を全体的に整える必要がある人は100万円を超える可能性が高いです。

美容整形でいつでもドーリーフェイスに!

ポイントや注意点を教えている女性医師 メイクは工夫して目標とする形に近づけなくてはなりませんし、慣れるまでは再現率が低くなってしまいます。美容整形であれば、施術に慣れた医師が理想に近づけるためにシミュレーションを行い、どんな施術が必要か検討してくれますし、施術前に仕上がり状態をCGで確認できます。 一度美容整形によって変えてしまえば、時間をかけてメイクしなくてもドーリーフェイスの特徴を抑えた顔にすることが可能です。早い効果があって、苦労しなくても理想の状態を半永久的に持続することができまするので、毎日メイクが面倒だという方にはぴったりです。

憧れのドーリーフェイスになれる!

顔の輪郭をおさえた女性 顔にメスを入れることに抵抗感がある人もいますが、毎日メイクでドーリーフェイスに作り上げるのは時間がかかってしまいます。気になるパーツだけ施術を受けることも可能ですから、憧れの顔に近づけるために美容整形を活用してみましょう。

関連記事