AGA治療|フィナステリドの服用で起こりうる副作用の例を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

フィナステリド配合の薬は副作用が起きる可能性が高いかも...

失敗や後悔をして頭を抱えて悩んでいる女性 もともとは前立腺肥大症の治療薬に含まれていた有効成分である”フィナステリド”。研究から、現在、男性型脱毛症(AGA)の治療にも効果が期待できるとして、服用する薬に配合されている有効成分です。 しかし、フィナステリドが配合されている薬を服用することで、副作用が起きてしまう可能性も十分に考えられます。 今回はフィナステリドで起こりうる副作用について紹介してきます。

フィナステリドとは?どんな人に向いている?

顎に手を置いて何かを考えている女性 フィナステリドが配合されている薬で、改善に期待ができるのがAGA(男性型脱毛症)です。AGA(男性型脱毛症)による抜け毛は、活性化された男性ホルモンと密接な関連があります。 男性ホルモンであるテストステロンが還元酵素の働きによってより活性化され、ジヒドロテストステロン(DHT)に変化します。前頭部や頭頂部にはこれらのホルモン受容体が多く存在しますが、DHTが毛根の受容体と結合することで、ヘアサイクルが乱れて、十分な長さ太さに成長する前に脱毛してしまいます。 フィナステリドは還元酵素に作用し、DHTの生成を抑制することで、抜け毛の進行を遅らせる効果が期待できます。成人男性のAGAによる抜け毛の予防治療に向いている治療方法の一つでしょう。 しかし、フィナステリドが配合されている薬の多くは、副作用を伴うものが多いといわれています。副作用が起きてしまうリスクが高い薬なので、十分に理解した上での治療が必要です。

フィナステリドが配合されている薬で起こりうる副作用

びっくりして驚いている顔

・性機能障害

フィナステリドが配合されている薬の服用による副作用として、多くあげられるのが、性機能障害です。主に勃起不全(ED)、性欲減退、精液量の減少などの症状が現れます。 5α還元酵素は、前立腺や陰茎、睾丸にも分布し男性の性機能維持に重要な役割を担っています。 しかし、フィナステリドの役割である5α還元酵素の抑制は、頭皮の毛根の受容体に存在するだけでなく、性器周辺に分布している還元酵素の活性までも、同時に抑制してしまうので、EDなどの性機能障害を発症する可能性が高くなります。

・性器のかゆみや痛み

フィナステリドが配合された薬を服用した結果、睾丸部分に痛みやかゆみを感じることがあるようです。 特に基礎疾患として炎症を有していない方でも、このような症状を経験することから、還元酵素の作用によりDHTの生成が抑制される過程で、睾丸への何らかのメカニズムが作用し、痛みやかゆみなどの刺激症状が出てしまうと考えられています。

・肝機能に影響する

フィナステリドは肝臓で代謝されて有効成分へと変化することによって治療効果を発揮していきます。 ところが、長期間服用すると肝機能への負担も大きくなり、肝機能障害を発症する可能性があります。特に飲酒習慣がある方、別の薬を常用している方は定期的な検査が必要になるでしょう。 白目の部分が黄色身を帯びたり、全身倦怠感などは注意すべき症状です。

・うつなどの精神面にも影響する

男性ホルモンは、活力や意欲を高めるなどの気分面でも大きな影響を与えています。 フィナステリドは男性ホルモンの活性化を抑制する作用を持っているので、精神面での症状を伴う可能性が考えられます。 うつ症状として典型的な症状は気分が落ち込むなどですが、特に服用開始後にこれまで気分の落ち込みやイライラするなどの焦燥感を感じる機会が増えた場合には注意が必要です。 他にも服用開始前に比べて、意欲が落ちる、将来への悲観や特に理由も無いのに絶望感を覚えるなどの症状は要注意です。

・乳房痛・乳房肥大(女性化乳房)

フィナステリドは男性ホルモンの活性を抑制する効果が期待できますが、ホルモンバランスを乱してしまうことも。これにより、乳房障害が生じることがあるようです。 主な症状としては、乳房にふくらみが生じて女性のような乳房に変化する”女性化乳房”のほかにも、乳首の痛み・腫れを感じるなど症状は様々な形で現れます。 服用中に乳首などに違和感を感じたときは注意しましょう。

服用中に副作用が起きてしまった場合の対処法

ポイントや注意点を教えている女性医師

医師の診察を受け、一時服用を中止する

それでは服用中に副作用が生じてしまった場合の対策はどうするべきなのでしょうか。 通常、AGA治療は医師の診察を受けて実施されるため、まずは担当の医師による診察と検査してもらうことが必要です。 血液検査など症状に応じた各種の検査で、これから先の治療を継続するべきかの判断を仰ぐことになるでしょう。 多くの場合、副作用は内服を中止すれば回復が見込めます。その後治療を再開するか否かは、リスクを考えながら、医師との相談が必要になります。

服用を中止しても改善されない...それポストフィナステリド症候群かも

頭を抱えて悩んでいる女性 通常、副作用が起きてしまった場合には、服用を中止することで症状の改善が見込めます。しかし、中止しても副作用が後遺症として、その後も継続して残ってしまうことがあります。それがポストフィナステリド症候群というものです。 ポストフィナステリド症候群の症状は様々ですが、性欲の減退・消失、勃起不全(ED)、精子量の減少などの性機能の低下、うつなどが継続するのが主な症状とされています。 ポストフィナステリド症候群になってしまうと、性機能低下などの症状が数ヶ月以上、場合によっては、数年経っても症状が改善されないまま残る場合もあるようです。

ポストフィナステリド症候群の治療方法

それでは、ポストフィナステリド症候群を発症した場合の治療法はどうするのでしょうか。 残念ながら、この病気の発症機序は明確でないため、決定的な治療法は無いのが現状です。そこで症状に応じた対症療法が中心になります。 性機能の低下に対して男性ホルモンの補充を行ったり、うつ症状が現れている場合にはうつ病に準じた治療薬が投与されたりすることがあります。 いずれにせよ、ポストフィナステリド症候群の疑いがあれば、早急に医師の診察を受けることが重要です。

フィナステリド配合の薬の服用で気をつけること

メガネをかけている医師

・献血をしない

 それでは副作用以外でフィナステリド服用時に注意すべき事項を考えていきましょう。まず、服用中はもちろん、服用を中止しても約6ヶ月間程度は献血をしないことを心がけましょう。 服用を中止しても薬理成分が体内に残留するので、輸血を介して他人の体内に、成分が移行する恐れがあるため、献血は行わないでください。

・子作りを希望(予定)している人は服用を避ける 

パートナーとの間で子作りを予定している場合にも、フィナステリドの服用は避けるべきとされています。 これは男性ホルモンの活性を弱める作用を持っているので、精液による受精を通じて、もしも男児を妊娠している場合には、男児の生殖器の形成や成長に、奇形などの悪影響を及ぼすリスクが否定できないからです。 使用を中止して子作りを検討している方も、体内の成分が完全に排出されるまで6ヶ月程度の期間を空けることが賢明です。

・女性は服用しない・触ってはいけない

フィナステリドはAGAの専用治療薬です。脱毛のメカニズムが男性と女性とでは異なるため、女性が服用しても改善が見られないとの報告がされています。そのため、女性は服用しない方が良いしょう。 また、妊娠している女性・妊娠している可能性がある女性は、触ることも禁止されています。これは、皮膚を通じて有効成分が吸収され、胎児の体内に移行する危険性があるからです。 もし女性が触ってしまったら、石鹸と水ですぐに洗い流す必要があります。

・未成年は服用しない

フィナステリドは成人男性のAGAのための治療薬です。未成年に投与した場合の安全性は確認されていません。 特に、未成年では成長期が完全に終了していない場合もあり、ホルモンバランス等への影響については未解明の部分が多いといえます。そのため未成年は服用しないように注意してください。

・副作用を心配しすぎない・思い込みをしすぎない

このようにフィナステリドには、副作用の可能性や取扱い上の注意点があることは確かです。 だからといって、あまりに心配しすぎてしまったり、思い込みがすぎてしまったりすることと、マイナス要因になりえます。 AGA治療においては、思い込みや心配性は精神的な問題のもとになりえるものなので、気楽に構える姿勢で治療に臨むことが大切です。

AGA治療で失敗しないためは信頼できる医師を探そう

笑顔のクリニックの男性医師 抜け毛・薄毛の治療は、正しい判断と適切な治療方法の選択が求められます。適切でない場合、効果が感じられない、症状・状態が悪化してしまうこともあります。 そうならないためには、AGAなどの毛髪治療の専門性が高い医師を探さなければなりません。 また、フィナステリド配合の薬によるAGA治療では、長期間の継続が必要になります。相談しにくい・話しにくい医師は、治療にも影響をもたらしてしまうことも。 こういった面から、専門性の高さと人柄に注目して、医師を探すことからはじめてくださいね。

関連記事