二重整形|二重幅が広すぎることのデメリットと予防策を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
2

その二重幅は合っていないかも... 二重幅が広すぎるとどうなる?

綺麗な二重をした女性の目元 これから二重整形を受けようと思っている方、希望している二重の幅は自分に合っていますか?特に二重幅が広過ぎてしまうことによるトラブル・失敗の声は少なくありません。 二重幅が広過ぎてしまうと、どのようなデメリットがあるのか気になりますよね。 今回は、二重の幅が広過ぎてしまうことによるデメリットと、失敗しないためにできることについて紹介します。

二重の幅が広すぎてしまうことのデメリット

頭を抱えて悩んでいる女性

①不自然な目元になる・整形がバレる

目を少しでも大きく見せるため、できる限り幅を広くしようと考えている人も多いですが、やり過ぎてしまう(幅を広げ過ぎてしまう)と不自然な仕上がりになってしまいます。 また、整形を周囲の人に知られたくないという場合、不自然な仕上がりになることで、バレてしまう可能性が高くなるので注意が必要です。

②まぶたの開きが悪くなって眠そうな目になる

特に、もともとまぶたが厚いなどの場合には、広くし過ぎてしまうと、そのまぶたの重みによって腫れぼったい印象を与える目元になってしまいます。 また、広くすればするほど、目が開きにくくなり、腫れぼったいまぶたと合わさることで、余計に眠たそうに見えてしまうでしょう。

③目を閉じた時に傷跡が目立つ

施術の方法として埋没法と切開法があります。埋没法とはまぶたに糸を埋め込む方法で、切開法はまぶたにメスを入れる方法です。どちらの施術も、手術直後は手術跡が目立ちます。 埋没法の場合は埋め込んだ糸の部分が盛り上がり、切開法の場合はメスを入れた部分に切開跡ができます。 どちらかといえば、埋没法の方が手術跡は目立ちにくいといわれています。埋没法も切開法も、時間の経過とともに目立たなくなってきますが、医師の技術力によっては、目立つ傷跡が残ってしまう可能性があるので注意が必要です。

④まぶたの厚みが強調される

もともとまぶたが厚い場合には、無理に幅を広くしてしまうと、二重のラインの下側が膨らんで見える上側に脂肪や皮がたくさん乗ってしまうなどの状態になります。 これは腫れぼったい印象を与えるとともに、まぶたの厚さを余計に強調してしまう可能性があるので注意しましょう。

⑤まぶたが強調されることで目が小さく見えてしまう

幅を広くし過ぎてしまうと、まぶたの厚みで目を十分に開くことができず、逆に目が小さく見えてしまう可能性があります。 まぶたの厚みが強調されてしまうと、目の大きさそものもよりも、厚みが目立ってしまうので、厚みが目立たないような広さの幅にすることが大切です。

⑥まつげが短く見える

二重の幅を広くし過ぎてしまうと、まつげの生え際にまぶたが被ってしまい、まつげが短くて見えてしまうでしょう。 まつげを長く見せるには、まつげが長く見えるような二重幅にするか、付けまつ毛やマツゲエクステなどでまつげ自体を長くするかが必要になります。

目大きく見えるのは末広型と平行型どっち?

顎に手を置いて何かを考えている女性 末広型は目頭の部分に幅がなく、目尻に向かって幅が広くなります。 平行型は目頭から目尻まで同じ幅です。一般的には、平行型の方が目がより大きく見え流でしょう。 また、同じ平行型でも、見ている人は幅を含めて目と認識するため、幅広な平行型二重の方が大きく見える傾向にあります。

末広型二重とは?

目頭に蒙古ひだがない奥二重の大きな目 末広型は自然な仕上がりで、見る人に清純な印象を与えます。他の顔のパーツがどちらかというとあっさりとしているような、薄い顔立ちの人は末広型の方が似合うことが多いでしょう。そのため、メイクもあまり濃くなりすぎず、ナチュラルなものを好む人に向いていることが多いです。 また、蒙古襞が発達していたり、まぶたが厚かったりする場合は、末広型の方がより自然な仕上がりが期待できます。 末広型は日本人に似合う形ともいわれており、相手にも不自然な印象を与えにくいでしょう。

平行型二重とは?

目頭に蒙古ひだがない二重の大きな目 平行型は華やかな印象の目元になるため、アイラインを引いたり、つけまつげをつけるなどしてしっかりとメイクをしたいという人に向いているでしょう。 他の顔のパーツもはっきりとしていて、どちらかというと濃い顔立ちの人の方が、この形を選択することが多いです。 ただし、まぶたが厚い人の場合、目そのものの開きが弱くなってしまうため、平行型にすると眠たそうな目元になってしまう可能性があります。目の開きが大きい人であれば、そういった心配は少なそうです。

二重整形で失敗しないためにできること

ポイントや注意点を教えている女性医師

ミリ単位でなくイメージを共有する

二重整形のカウンセリングでありがちなのが、二重幅を○mmにして欲しいという希望です。目を閉じた時のまつげの生え際からの距離なのか、目を開いた時のまつげの生え際からの距離なのかが、曖昧なことが多いようです。 また、ミリ単位の指定では角度によっても仕上がりが異なり、術後の仕上がりに満足できない方もいます。 こういった失敗を防ぐためには、ミリ単位ではなく、「目頭はギリギリ平行型に見えるような幅にしたい」「奥二重くらいの幅にしたい」など、わかりやすいイメージを医師と共有することが大切です。

医師の提案にも耳を傾ける

希望している幅や形が、もともとの目の状態に合っていない場合が多くあります。強引に希望を押し通してしまうと、術後の仕上がりに不満を持たれる方も少なくありません。 どのような顔になりたいかという希望は誰にでもあると思います。そのため、最終的にどのような仕上がりにするかを決定するのは自分自身ですが、失敗を避けるためには、多くの人の顔を見てきた医師のアドバイスに耳を傾けてみることも大切です。

自分に合った二重の幅を考えよう

女性 誰にでもなりたい目の幅や形はあります。しかし、理想の目元は、もともとの目の状態に合わないということも少なくありません。 無理に幅を広げてしまうなどをすれば、術後の仕上がりに満足がいかない、歳を重ね、幅をこんなに広げなければよかった、などの後悔の声も。 トラブル・失敗をしないためには、自分に合った二重の幅を考えることが大切です。

関連記事