豊胸後も乳がん検診は受けられるの?気になる乳がん検診について

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

豊胸後も乳がん検診は受けられるの?

主にヒアルロン酸注入法脂肪注入法シリコンバッグ(人工乳腺)挿入法をはじめとする、様々な豊胸術があります。 豊胸を受けると乳がん検診が受けられないと広まっていますが、豊胸後も乳がん検診は受けることが可能です。

ヒアルロン酸注入法

ヒアルロン酸は細胞と細胞をつなげる体内に存在する成分であり、注入したヒアルロン酸は、時間の経過とともに体内に吸収されてしまうので、ヒアルロン酸注入法による豊胸後も、乳がん検診を受けることが可能です。

脂肪注入法

脂肪注入の場合も、自分の身体から脂肪組織を注入して、抽出した脂肪を胸に入れるだけなので、乳がん検査が可能です。

シリコンバッグ(人工乳腺)挿入法

豊胸術の中でも注意したいのが、「シリコンバッグ(人工乳腺)法」です。 現在の乳がん検診では、「マンモグラフィー」と「エコー」の2通りの検査方法がありまます。しかし、シリコンバッグ(人工乳腺)が胸に入っている場合は、マンモグラフィーによる乳がん検診を断られてしまうこともあるようです。 ではなぜシリコンバッグ(人工乳腺)が胸に入っていると、「マンモグラフィー」を断られてしまうことがあるのでしょうか?

シリコンバッグ(人工乳腺)挿入後はマンモグラフィーが受けられないの?

シリコンバッグ(人工乳腺)が胸に入っていても、絶対にマンモグラフィーが受けられないというわけではないそうです。 マンモグラフィーによる乳がん検査では、胸を前に引っ張り、胸を上下から圧迫(胸を板挟みするイメージ)し、乳房を厚さ4〜5cmの平らにした状態で、片胸ずつ撮影していきます。圧迫時にシリコンバッグ(人工乳腺)が破損してしまう可能性を否定できないため、マンモグラフィーによる乳がんは難しいと判断されてしまうことも少なくないようです。 シリコンバッグ(人工乳腺)が胸にいれている場合は、「エコー」による乳がん検診が可能です。ですので、豊胸後も乳がん検診を受けることが可能なので、安心してくださいね。 さらにシリコンバッグ(人工乳腺)による豊胸後でも、手法によってはマンモグラフィーを受けることが可能です。

豊胸後の乳がん検診を受ける上での注意点

乳がんの初期症状に「しこり(石灰化)」があります。 ヒアルロン酸注入法の場合、注入したヒアルロン酸の周りにできた被膜がしこりになっているケースや、脂肪注入法で胸に入れた脂肪が定着せずにしこりになっているケースがあります。これが誤診につながってしまうこともあるようです。 誤診を防ぐためにも、乳がん検診を受ける前の問診時に、医師にどんな方法による豊胸術を受けたのか、事前に申告しましょう。 また通常の医療機関や自治体の乳がん検査では、シリコンバッグ(人工乳腺)が胸に入っている場合は断られてしまうこともあるので、事前に申告してくださいね。

豊胸は検査でわかるの?

ヒアルロン酸注入法脂肪注入法は基本的に精密検査で写ってバレてしまうということは少ないようですが、しこり(石灰化)がある場合のエコー検査では、しこり(石灰化)が写り豊胸したことはわかってしまうようです。 またシリコンバッグ(人工乳腺)を胸に入れている場合は、マンモグラフィーだけでなく、エコー検査、レントゲン、MRIやCTなどの精密検査もしっかりとシリコンバッグ(人工乳腺)が写ります。

レントゲンに写りにくいシリコンバッグ(人工乳腺)って?

レントゲンに写りにくいとされているシリコンバッグ(人工乳腺)があります。「写りにくい」といわれているだけで、「完全に写らない」という訳ではありません。 写りにくいといわれているバイオセルバッグソフトコヒーシブシリコンバッグなど、バッグの内容物がより水分に近い成分だと写りにくい傾向にあるようですが、内容物を包んでいる被膜がわずかに写ってしまうことはあります。

美容外科での乳がん検診について

乳がんに精通した乳腺専門医のもとで乳がん検診を受ければ、エコー検査でもしっかりと診断ができるそうです。 またシリコンバッグ(人工乳腺)を胸にいれているもマンモグラフィーが受けられる手法をもった専門医がいます。 さらに美容外科での乳がん検診と一緒に、シリコンバッグ(人工乳腺)の破損を含む状態の把握も行うことが可能なようです。 こういった面を考えると、普通の病院や自治体が行っている乳がん検診よりも、豊胸と乳がんのどちらにも専門的な知識をもっている専門医や、乳がんに精通した乳腺専門医と連携している美容外科での乳がん検診を受ける方が良いでしょう。

乳がん検診の費用

乳がん検診ですが、厚労省が推進しているため、住んでいる市区町村によっては無料で検診が受けらることもあります。市区町村での乳がん検診の場合の費用の目安は0円〜3,000円前後です。 マンモグラフィー・エコー・視触診・自己検診を含める検診を全額自己負担する場合は、トータルで15,000〜20,000円程度です。 他にも健康保険によって、乳がん検診にかかった費用を一部または全額の補助をしてくれることもあります。

さいごに・・・

豊胸後の状態(特にシリコンバッグ挿入法の場合)を確認ができることを考えると、乳腺専門医や乳腺専門医と連携している美容外科クリニックで乳がん検診を受ける方が良いでしょう。 豊胸がバレてしまうことを考え、乳がん検診を受けないという方もいるようですが、乳がん検診に関わる医療従事者には守秘義務があり、口外されてしまう心配は少ないので安心してくださいね。 ▽関連記事 ・豊胸しても母乳はあげられる?豊胸と授乳の関係と影響について豊胸って年齢制限があるの?気になる未成年者と高齢者の注意点

関連記事