鼻の下のシミについて|原因や効果的な施術法をご紹介します

このエントリーをはてなブックマークに追加

鼻の下のシミとの向き合い方をご紹介します

口元を手で引っ張っている女性 ヒゲのように見えてしまう鼻の下のシミに悩む人も多いのではないでしょうか。できていても最初は薄くて気づかない人も多いかもしれません。しかし放っておくとどんどん濃くなってしまうのが恐いところです。そこで、鼻の下のシミができる原因と治療方法を見てみましょう。

鼻の下のシミは色素の沈着?

放っておくとどんどん濃くなってしまうので、できる限り早く気づきたいものです。出来てしまう原因には様々なことが考えられますが、その1つは色素の沈着が挙げられます。 最も多いのは加齢とともにできやすくなる老人性色素斑というものです。大きさは数ミリの小さなものもありますが、数センチと少し大きいものまで様々になります。

シミが出来てしまう原因

(1)紫外線の影響

そもそもなぜ鼻の下のシミはできてしまうのでしょうか。その1つは紫外線の影響であることが考えられます。肌に紫外線が当たると、体内では活性酸素が発生し肌が老化してしまいます。 活性酸素はしみやそばかすを作り出すメラニンの生成を促すため、紫外線を浴びるほどできやすくなってしまうのです。特に鼻の下などの顔は服で覆われていないため紫外線を浴びやすい部分でもあります。普段から日焼け対策などの心がけが重要でしょう。

(2)髭剃りなどの刺激

シミができる大きな原因は紫外線ですが、髭剃りなどの刺激も原因になっている可能性があります。鼻の下は女性でも産毛が気になりやすい場所ではないでしょうか。 そのためカミソリで剃っている人も多いでしょう。しかし肌に刺激を与えすぎるとその部分が乾燥し、シミの原因となってしまうのです。できるだけ刺激を与えないようにしたり、剃ったあとの保湿をしっかり行うようにしましょう。

シミに効果的な施術方法

クリニックの男性医師

(1)レーザートーニング

鼻の下にできたシミが自分では気づかないうちに濃くなってしまった、ということもあるのではないでしょうか。そこで効果的な治療方法の1つにレーザートーニングというものがあります。 レーザートーニングとは、弱めのレーザーのパワーで肌に均一に照射し、シミを薄くする治療方法です。鼻の下のシミの原因が色素沈着で、自分では対処できないときにもおすすめの治療方法になります。効果としては完全に消すことはできませんが、薄くなったことは実感できます。費用としては1回の照射で1万円から2万円ほどです。

(2)フォトフェイシャル

効果的な治療方法として、レーザートーニングの他に、フォトフェイシャルというものがあります。フォトフェイシャルはニキビ跡にも使われる施術方法ですが、この施術が最も効果を発揮するのがシミです。 フォトフェイシャルは施術を毎月1回ずつ、合計で4〜5回ほど必要になります。効果としては、気になっていた部分がかなりうすくなったり、もしくは完ぺきに消えてしまうほどです。費用はクリニックによっても異なりますが、2万円から3万円ほどでしょう。

(3)内服薬

効果的な治療方法として、内服薬もいいでしょう。外的な施術とは異なり、美白効果のある成分を含んだ薬を内服することで行う治療方法です。先ほどのレーザートーニングやフォトフェイシャルと合わせて行うとより効果を実感できるというメリットもあります。 しかし内服薬は1回飲んだからといって効果が出るわけではありません。内服薬の効果を実感するためには、継続することが大切です。少なくても3ヶ月は継続しましょう。内服薬は病院で処方されるものもありますが、ドラッグストアなどで3000円ほどで手軽に購入することもできます。

まずは日々のケアに重点を置くことが大切

鼻の下のシミには効果的な施術がたくさんありますが、やはりできてしまうことを避けたいものです。そこで、日々のケアが重要になってきます。 例え栄養バランスの良い食生活を心がけることも1つです。脂の多い肉料理や炭水化物ばかりを好んで食べてはいませんか。このような食生活を続けていると皮脂の分泌が盛んになり、シミの原因となってしまうこともあるかもしれません。また、肌のターンオーバーを乱さないために、質の良い睡眠を取ることも心がけましょう。

しっかりと治したいのであれば、医療機関に受診すべし!

顔の輪郭や顎のラインが綺麗な笑っている女性の口元 いかがでしたか。鼻の下が黒ずんで見えてしまうようなものには、多くの原因があることがわかりました。紫外線はもちろん、毛の処理で刺激を与えすぎるのも良くありません。日々のケアが大切ですが、万が一できてしまった場合には上記の施術方法を参考にしてみてください。

関連記事