鼻翼縮小のダウンタイムについて|腫れや痛みはどのくらい出る?

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

鼻翼縮小のダウンタイムについて

顔に包帯やサングラスをしている女性 鼻翼縮小、いわゆる小鼻縮小手術は小鼻の余分な皮膚や組織を切除し、ナイロン糸で縫合する手術です。ギプスやテーピングなどによる固定を行わないので、心理的な抵抗もあまりない、比較的多く受けられている施術です。今回は、そんな鼻翼縮小のダウンタイムについて、口コミなどをもとに詳しい内容をご紹介します。

そもそも鼻翼縮小術とは

小鼻が上や横などに拡がっていたり、鼻の穴が強調して見えてしまうなどの鼻に関する悩みには、小鼻縮小することによって優しい顔立ちになることが可能です。鼻翼縮小手術は鼻の穴の内側や小鼻の溝などにおいて傷が目立たないような部分を少しだけ切除し、横に拡がっている小鼻を全体的にバランスを調整し、丁寧に縫い縮めます。 施術時間は約30分で、印象を強く与えていた鼻の穴などが目立たなくなったり、全体的に小鼻をすっきり小さく変身することが可能です。鼻筋を整えるシリコンプロテーゼを組み合わせることによって、全体的に美しく仕上げることもできます。

鼻翼縮小を受ける場合はどのくらい休みを取ればいい?

鼻翼縮小を受ける場合の休みは「最低1日(施術を受ける日)」は取るようにしましょう。鼻翼縮小では重いダウンタイムがないので、手術後の次の日から仕事や学校に行くことができます。ただし、事務仕事などのあまり身体を動かさないような仕事の場合は問題ありませんが、激しく肉体を使う仕事の場合は1週間ほど休みを取った方が良いでしょう。 また、施術自体ははすぐに済むので、施術を受けた日はすぐに家に帰ることが可能です。

鼻翼縮小のダウンタイム時の状態

症状や過ごし方期間の目安
腫れ
1週間ほど
内出血1~2週間ほど
痛み1週間ほど(鈍い痛み)
傷跡
1週間〜1ヵ月(抜糸後から徐々に目立たなくなる)
洗顔2〜3日後から
シャワー・入浴当日から
メイク当日から(施術部位は抜糸翌日から)
運動1週間後から(激しい運動は1ヵ月後から)
仕事・学校施術翌日から
抜糸1週間ほど
通院
1回(施術を受けた週)

腫れ

鼻翼縮小は二重切開法やプロテーゼなどの施術と比べても腫れが少ない施術になります。手術した後の腫れは個人差はありますが、大体1週間くらいで引いていきます。抜糸後から少しずつ治っていき、元の状態に戻っていきます。ただし、強い腫れが出た場合や腫れが引きにくい体質の場合には、腫れが引くのに1ヵ月ほどかかることがあります。

内出血

手術した後の人によっては内出血を起こすことがあり、強く起こった場合は1〜2週間残ることがあります。同時に腫れも伴うことがありますが、次第に症状は軽減し自然な鼻先になるでしょう。特に治療する必要はなく、自然に治っていくので心配はいりません。

痛み

鼻翼縮小の施術の際は麻酔を使用して行うので、施術中に痛みを感じることはありません。手術後1週間ほどは鈍い痛みを感じることがあります。大きな痛みではないの気になりませんが、もし激しい痛みや炎症が起こった場合にはすぐに施術をクリニックに相談しましょう。 ただし、入浴や激しい運動をすると血流が良くなってしまい、痛みや内出血などが悪化する可能性があるので注意しましょう。

傷跡

鼻翼縮小の術後の傷跡は術式によって仕上がりが変わります。「内側法」の場合は、鼻の中を切開するため外見では傷跡が見えない仕上がりになります。「外側法」の場合は、小鼻と頰の境目を切開するため抜糸をする1週間程度は傷口が赤くなったりして目立ってしまうことがあります。抜糸後は徐々に傷口が目立たなくなり、1ヵ月ほど経てば元の状態に戻ります。 【鼻翼縮小後のダウンタイムに関する口コミ】もっと鼻翼縮小の口コミを見る

鼻翼縮小後のダウンタイムの過ごし方

飲み物を持って座っている女性

濡らさないように冷やす

手術後、手術部分を冷やしてくれるので、腫れなどを最小限に抑えることが可能です。自宅でもしばらく冷やすことによって、腫れや内出血などを抑えることができます。ポイントは濡らさないことで、きつくしぼったタオルや保冷剤などを使うと便利です。

激しい動きを控える

手術後は仕事や身体をある程度動かしても大丈夫ですが、激しい運動は控えましょう。血流が良くなり、痛みや腫れなどを引き起こすかもしれないので、普段通りの生活をおくっていると大丈夫です。

鼻翼縮小後のダウンタイムを短くするポイント

慎重に医師・クリニックを選ぶ

技術力の高い信頼できる医師に施術してもらうと、ダウンタイムを少なくすることができたり、仕上がりも美しくなります。事前にカウンセリングを行ってくれるので、医師の説明から判断したり、疑問点に関して質問しておくと良いでしょう。

鼻翼縮小後のダウンタイムの症状が治らない時の対処法

すぐにクリニックに相談する

手術した後には、人によりますが痛みや腫れなどが治らないケースがあります。その場合はすぐに施術を受けたクリニックに相談しましょう。適切な処置をしてくれるので、アフターケアも丁寧に行っている医師を選択しておくと便利です。

ダウンタイムまで把握をして、施術に臨むことが必要!

顎・顔のラインを手で押さえている女性 小鼻を小さくすることで、スッキリとした顔回りにすることが出来ます。しかし、しっかりとダウンタイムもあるので、そうしたことを加味したうえで施術に臨む必要があります。また、どうしてもダウンタイムを短くしたい場合は、実績と経歴を持った医師選びが重要になってきます。

関連記事