鼻の穴が大きいことがコンプレックスの方|鼻の穴を小さくする6つの方法!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

鼻の穴が大きいのが気になる!

綺麗な二重をした女性の目元 目の大きさや鼻の形などは人により違っていて、人それぞれなりたい顔があったり、コンプレックスを持っている人が多くいるでしょう。中でも鼻の穴が大きいということに関して悩んでいる方も多いと思います。 そこで今回は鼻の穴が大きいのを改善する方法について紹介していきます。

鼻の穴を小さくすることが出来るセルフケア

顔の保湿ケアをしている女性

鼻の穴の筋肉を鍛える

鼻の穴を鍛えることによって、大きい穴をある程度小さくすることが可能です。ポイントは片方の鼻の穴から空気を吸い込む際、鼻の穴をすぼめることを意識することです。 隙間時間に行うことができるので便利で、身体の筋肉と同じように鼻周りの筋肉も衰えてくるので鍛えると効果がアップします。

鼻に詰め物や指を入れない

鼻に詰め物や指を入れないようにすることも大切です。詰め物や指を入れることによって鼻の穴が広がるので、なるべく頻度を少なくして鼻の穴の拡がりを抑えることが可能です。

マッサージを行う

マッサージすることによって鼻のサイズを変えることができます。鼻筋のほとんどはコラーゲンでできている軟骨で形成されているので、低い鼻や団子鼻、鼻の穴などをアレンジすることが可能です。特に鼻を高くするには効果があります。

冷水で冷やす

冷水で冷やすことによって、小鼻にしたり、穴のサイズを小さくすることが可能です。やり方は簡単で、鼻に冷水を当てて冷やすだけで、冷たさで鼻を引き締めて鼻の穴を小さくしていきます。

ノーズクリップを使用する

ノーズクリップはもともと鼻を挟むことによって、鼻から水が入らないようする道具で、競泳や水泳などに使用する道具です。いびき防止用もあり、用途によって形が異なりますが、小鼻を作ることに効果があります。ノーズクリップを使うことによって、サイズを小さくすることができるでしょう。

鼻の穴が大きいのを美容整形で改善する(小鼻縮小術)

クリニックの男性医師 小鼻縮小手術は小鼻の膨らみなどが気になったり、笑った時に鼻が拡がったり、穴が目立ってしまう人におすすめの施術です。 鼻の中を切開し、小鼻を小さくしたり、丸みを減らすことができます。 小鼻縮小術を受けることで小鼻の膨らみなどを改善することができ、笑った時に拡がりが目立たなくなるでしょう。また、半永久的に効果を持続させることができます。

費用相場

小鼻縮小術の費用はクリニックによって異なりますが、相場は30万円~40万円程度になります。その他の施術と一緒に行うことができるので、美しい仕上がりを実現することが可能です。

ダウンタイム

手術した後のダウンタイムは個人差がありますが3日~1週間ぐらいです。しばらく腫れや内出血などがある人もいますが、次第におさまってきます。 手術した次の日から仕事に行くことができますが、激しく動く場合はしばらく安静にしておく方が良いでしょう。

メリット

小鼻縮小術のメリットは、小鼻が縮小したことによって、鼻の横に広がることがなくなったり、バランスが良くなり洗練された顔の印象を与えることができるでしょう。手術時間は30分~1時間ぐらいと短く、ダウンタイムの時間も短いので、スピーディに施術することが可能です。

デメリット・リスク

デメリットはいくつかあり、外側から切ると術後は少し傷の跡が目立ったり、数ミリの手術になるので印象が変わらないという人もいます。またクリニックによって技術に差があり、仕上がりやダウンタイムの時間が異なる場合があります。

鼻の穴が大きいのが気になる場合はすぐにクリニックに相談しましょう

笑って携帯を見ている女性 鼻の穴が大きいのを改善する方法は様々なので、自分に合った方法を選ぶようにしましょう。中でも小鼻縮小術は傷跡が目立ちにくかったり、手術時間も短くダウンタイムが短いので、特に鼻の穴が大きいのをすぐに治したい方や確実に治したい方にとってはぴったりの方法です。もし美容整形での治療が気になるクリニックに相談してみましょう。

関連記事