豊胸は自然さが重要!施術別に見た目や触り心地を比較

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

豊胸?自然?気になるバストの見分け方

豊胸か自然かを見分ける方法として一般的に知られているのが谷間の形です。自然に胸が大きい方や、胸は小さいけれど、ハリがないなどが原因で胸が垂れやすい方に比較的多い谷間の形が「I型」で、無理やり盛ったり引き上げたりする場合、大きい胸にもかかわらず胸のサイズよりも小さめの下着を着用している場合、豊胸バッグ(人工乳腺)挿入法による豊胸術を受けている場合、に多いのが「Y型」です。 必ずしも「Y型」の方が豊胸をしているとは断言するのは難しく、「I型」の方が豊胸をしていない自然な胸というわけでもないようなので、あくまでも参考程度にしてくださいね。

比較的自然な豊胸術って?

現在では見た目や触り心地をより自然に近い状態にできる豊胸術があります。

ヒアルロン酸注入法(プチ豊胸)

持続期間は半年〜1年程度と短いですが、豊胸術の中でも比較的手軽に行える方法です。1カップ程度のサイズアップが見込め、大きさを出すだけでなくバストの形も整えられる方法です。 比較的受けやすい豊胸術のヒアルロン酸注入ですが、「やや硬めの手触り」という声もあります。触り心地が硬いと感じられる理由として、ヒアルロン酸の粒子の大きさもともとの脂肪量注入の位置が関係しているといわれています。 持続性を求めると、粒子の大きいヒアルロン酸を使うことになります。これによって、触り心地が硬いと感じられてしまいます。 またもともとの脂肪が少なく、皮膚から近い位置に注入すると、ヒアルロン酸が入っている位置が表面に近いので、結果としてヒアルロン酸の硬さで「胸が硬い」となってしまうようです。 さらにヒアルロン酸を注入する位置と量によっては見る角度で不自然さが現れてしまうこともあるので、費用面だけでなく、専門的な知識をもったドクターを選ぶようにしましょう。 ヒアルロン酸注入後の硬さ予防として、ヒアルロン酸をなじませるためのバストマッサージを継続的に行った方が良いとされています。 通常のヒアルロン酸よりも粒子が大きく、持続性の高い豊胸術があります。 ヒアルロン酸注入法を選ぶ上でこちらも合わせて読んでみてくださいね。 ▽施術カタログ ハイアコープ豊胸とは~口コミ&体験談もあり!-豊胸・バスト形成 SUB-Q豊胸とは~口コミ&体験談もあり!-豊胸・バスト形成 ▽ガイド記事 ヒアルロン酸の種類と特徴

脂肪注入法

自分の身体の脂肪を胸にいれるため、豊胸の中では一番自然に近い方法といわれています。 注入した脂肪の定着率を予想するのは難しく、サイズアップは0.5〜1.5カップ程度ですが、自分の身体の脂肪のため、拒絶反応感染症などのリスクが低いのが特徴です。 自然さを優先するなら脂肪注入法が良いとされていますが、「期待していたほどバストアップできなかった」「ダウンタイムが辛い」「しこりができてしまった」といった声も少なくありません。 さらに胸の形よりも脂肪を吸引した部分の傷跡でバレてしまうこともあるようです。 より定着率をあげるための方法として「コンデンスリッチ豊胸」や「セリューション豊胸」などあります。こちらも合わせて読んでみてださいね。 ▽施術カタログ コンデンスリッチ豊胸とは~口コミ&体験談もあり!-豊胸・バスト形成 セリューション豊胸(脂肪幹細胞注入)とは~口コミ&体験談もあり!-豊胸・バスト形成 ピュアグラフト豊胸とは~口コミ&体験談もあり!-豊胸・バスト形成 ▽ガイド記事 無駄な脂肪を胸に!脂肪注入法による豊胸術について

人工乳腺法(豊胸バッグ挿入)

乳腺や脂肪・骨格・希望のサイズ・触り心地によって複数ある豊胸バッグ(人工乳腺)の中から適切なものを選びます。大幅なサイズアップが可能で1〜5カップ大きくすることが可能といわれています。 ヒアルロン酸注入法や脂肪注入法とは違い、突然大幅にサイズアップするので、身近な人にはバレてしまう恐れがあります。さらに胸に流動性がなかったり、胸と胸の間隔に違和感があったりするのもバレやすいようです。 豊胸バッグ(人工乳腺)と聞くと、硬いイメージを持ってしまいがちですが、自分にあったバッグを胸にいれれば、見た目や触り心地がより自然に近くなるようです。またヒアルロン酸と同様に、バッグが硬くなることを予防するためにマッサージを行うと硬くならないようです。 もちろん自分の身体と希望にあった適切なバッグを選ぶことで、比較的柔らかい手触りになることができるとされています。さらに、より自然で手触りを柔らかくするためには、豊胸バッグ(人工乳腺)自体の素材にも着目してみてください。 ▽施術カタログ Motiva(モティバ)エルゴノミックスとは~口コミ&体験談もあり!-豊胸・バスト形成 コヒーシブシリコンバッグとは~口コミ&体験談もあり!-豊胸・バスト形成 ▽ガイド記事 豊胸ガイド〜豊胸バッグの中身 シリコン豊胸!メリットもデメリットもどこよりも詳しく解説 胸の脂肪が少なく、豊胸バッグがあまり向いていない方には、脂肪注入法と組み合わせて行うハイブリッド豊胸という豊胸術があります。こちらも合わせて読んでみてくださいね。 ハイブリッド豊胸とは~口コミ&体験談もあり!-豊胸・バスト形成

アクアフィリング豊胸

98%が水でできている「アクアフィリング」という薬剤を注入する豊胸術で、自然な触り心地が期待できるといわれています。注入するだけの豊胸術ですが、ヒアルロン酸に比べ、3〜5年の持続期間をもっているそうです。 アクアフィリングについての詳しい説明やガイド記事がありますので、参考にしてみてください。 ▽ガイド記事 アクアフィリング豊胸とアクアリフト豊胸って何か違いがあるの? 人気の豊胸術「アクアフィリング」はレントゲンに写る?写らない?

献血豊胸(PRP/PPPジェル豊胸)

自分の血液からPPP(少血小板血漿)PRP(多血小板血漿)という血漿成分を取り出し、加工してジェル状にしたものをバストに注入する豊胸術です。持続期間はヒアルロン酸と同じくらいの半年〜1年程度だそうです。自分の血液を胸にいれるので、ヒアルロン酸や豊胸バッグのような異物をいれる抵抗感も少なく、ヒアルロン酸に比べると柔らかい手触りになるそうです。 献血豊胸と類似の施術であげられるのがバストグロウです。バストグロウは「バストを成長させる」のがコンセプトの豊胸術です。こちらも合わせて読んでみてくださいね。 ▽施術カタログ バストグロウとは〜口コミ&体験談もあり!ー豊胸・バスト形成

施術別のおさらい

 自然さ費用
ヒアルロン酸注入法60〜80万円
脂肪注入法70〜90万円
豊胸バッグ(人工乳腺法)60〜120万円

さいごに・・・

自然さを求めるのか、サイズアップを求めるのか、持続性を求めるかなど、豊胸を検討する上で気になることがたくさんあると思います。どの施術にもいえることですが、金額の高い・安いで決めるのではなく、専門性の高い医師の選択が施術を成功させる上でとても大切になってきます。ぜひ施術を受ける上で参考にしてみてくださいね。 ▽関連記事 豊胸ガイド〜豊胸術の種類と選び方 【医師インタビュー】現代のヒアルロン酸注入法とは|荒尾直樹院長(あらおクリニック) 後悔してからじゃ遅い!豊胸手術の失敗・後遺症のリスクについて徹底解説 豊胸しても母乳はあげられる?豊胸と授乳の関係と影響について

関連記事