小鼻縮小のフラップ法|向いている人・失敗・リスク・費用相場について紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

小鼻縮小のフラップ法について

クリニックの女性医師 鼻が大きくコンプレックスに感じていたり、悩んでいる人は多くいます。鼻を理想の形にするのにいくつか方法があります。中でも小鼻の幅を狭くする整形手術は、あと戻りが少ないので効果的な方法です。小鼻縮小術は切除して縫うだけなのでほとんど戻ってしまうという特徴がありますが、フラップ法は後戻りしにくく、長く効果を維持することが可能です。 そこで今回は小鼻縮小術のフラップ法について紹介していきます。

小鼻縮小術のフラップ法とは

驚いてメガネを外している女性 フラップ法は鼻の穴の中を切開し、小鼻の幅を小さくすることができる手術です。小鼻の幅を狭くすることができ、 外側を切らないので傷があまり出ないので周囲の人にもばれにくいというのが特徴があります。また、後戻りしにくいので長期間形を維持することができます。 小鼻の膨らみを改善することができるので、笑った時の小鼻の広がりも目立たなくしたい方にもぴったりです。切らないプチ整形とは違って、半永久的に効果があるので理想の形を維持することができるでしょう。

小鼻縮小術のフラップ法が適する場合(向いている人)

小鼻の幅が広い人や鼻の印象を小さく見せたい人の中でも、なるべく鼻の傷を目立たなくさせたい人効果を長持ちさせたい人などに適しています。また、鼻が垂れ下がっている人にもおすすめで、美しい鼻筋を作ることが可能です。

小鼻縮小術のフラップ法のダウンタイム

施術後のダウンタイムは人にもよりますが、だいたい3日~1週間ぐらいで次第に元の状態に戻っていきます。腫れは1〜2週間ほど続きます。 傷跡がほとんどないのでメイクで十分対応することができるでしょう。

小鼻縮小術のフラップ法のアフターケア

施術後1週間ほどで通院が必要となります。洗顔は48時間ぐらいしてから行うことができ、ふき取り洗顔は当日からでも大丈夫です。メイクは施術当日からでき、シャワーは翌日からなら首から下を行うことができます。 施術当日は激しい運動は控えておき、おとなしくしていましょう。施術した後はマスクを着用しておくと、周囲の人には整形手術をしたことを知られるのを防ぐことができます。

小鼻縮小術のフラップ法の失敗・リスク

施術した部分がしばらく腫れたり、違和感が残ることがあるかもしれません。また、感染症にかかったり、自分の理想とは異なった形になる可能性もあります。 内出血する場合もあるので、もし施術後に違和感を感じたらすぐにクリニックに行きましょう。

小鼻縮小術のフラップ法の費用相場

費用はクリニックによって異なりますが、だいたい15万円~25万円程度が相場です。他の施術と組み合わせるとセット価格で低価になったり、モニター料金を利用すると格安で体験することができるでしょう。

小鼻縮小術のフラップ法を受ける際は慎重なクリニック選びが重要

小鼻縮小施術フラップ法を体験するには、クリニックや医師選びが大切です。事前にカウンセリングが行われるので、施術内容や施術費用、自分の理想とする鼻の形やリスクなど、疑問に思っていることや不安な点に関して医師ときちんと相談しておくと安心して施術を受けることができるでしょう。

小鼻縮小術について気になる点はクリニックに相談しましょう!

壁に持たれている笑顔な女性 フラップ法は鼻の中を切開することによって、小鼻の幅を小さくする手術です。外側を切らないので傷が目立たずに長期間形を維持することができるため小鼻が気になる方でもたくさんの方が行う施術になります。ただし、失敗やリスクなどもあるため、少しでも不安や心配がある場合はクリニックに相談するようにしましょう。

関連記事