鼻のヒアルロン酸注入で起こる5つの失敗例・失敗した時の対処法!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

鼻のヒアルロン酸注入での失敗とは!

目の下や頰に注射をしようとしている女性 鼻のサイズにコンプレックスを持っている人は多く、ヒアルロン酸は切開などの手術には抵抗がある人に人気があり、幅広い世代の人が利用しています。ダウンタイムも短く気軽に施術することができるのですが、中には失敗することもあります。 そこで今回は鼻のヒアルロン酸注入のよくある5つの失敗例とその対処法をご紹介します。

鼻のヒアルロン酸注入で起こりうる失敗①鼻が高くなりすぎる

原因・症状

注入する部位や注入量によって、理想の鼻とは異なる形になることがあります。よくある失敗例の一つに鼻が高過ぎるというケースがあります。むくんでいるように見えることもありますが、注入した部位や注入量が多かったのが原因でしょう。

対処法

一般的にクリニックには理想値があり、客観的に評価することができる基準を設けることによって、クライアントの理想とクリニックとのギャップを減らしています。まずは理想値の範囲に入っているかを確認しましょう。もしそれでも高くすぎる場合は医師と相談して適切な処置を行ってもらうようにしましょう。

鼻のヒアルロン酸注入で起こりうる失敗②しこりや凹凸が出来る

原因・症状

注入する部位や方法によっては完全に吸収されずに残るケースがあります。そしてこのように残ったヒアルロン酸がしこりなどになることがあり、特に皮膚の深い部分より浅い場所に注入するとしこりが残りやすいです。 また、ヒアルロン酸の質が悪い場合もしこりになりやすいので、格安のものは注意が必要です。

対処法

もししこりなどができてしまったら、しばらく様子を見てみると良いでしょう。ヒアルロン酸は次第に体内に吸収されるので、しばらくすると消えてなくなることがほとんどです。しこりはあまり触らないようにして、それでも気になるという方はクリニックに相談すると良いでしょう。

鼻のヒアルロン酸注入で起こりうる失敗③形が不自然になってくる

原因・症状

注入した場所や注入量によって形が不自然になる場合があります。例えば鼻の付け根にたくさん注入してしまうと、不自然な形になることがあります。ヒアルロン酸が多く溜まっている場所は不自然に太くなってしまいます。

対処法

対処法としてはヒアルロン酸がなくなるまで待つのが良いですが、分解注射などを使ってヒアルロン酸を一旦溶解し、再度入れ直すという方法もあります。それほど目立たない不自然さならしばらく待てる方もいますが、極端な場合は溶解して入れ直すという選択肢も考えてみましょう。

鼻のヒアルロン酸注入で起こりうる失敗④血流障害が残る

原因・症状

ヒアルロン酸注射を血管内に注入してしまうと、内出血や血流障害を起こすことがあります。血流障害がられたら、速やかにクリニックに行きましょう。

対処法

もし血流障害の可能性があるなら、すぐにヒアルロン酸を溶かし、組織障害を軽減する処置を施します。あまりない症状ですが、誤って血管内に注入するとこうした血流障害を引き起こすケースがあります。

鼻のヒアルロン酸注入で起こりうる失敗⑤鼻が横に大きく広がる

原因・症状

安価なヒアルロン酸を注入すると液体が横に流れてしまい鼻も広がることがあり、すぐに吸収されなくなることもあるでしょう。あまり安価なものには注意が必要です。

対処法

次第に吸収されるのでしばらくそのままにしておくか、分解注射を使う場合もあります。いきなり大量のヒアルロン酸を入れて鼻が大きくなってしまうと後が大変なので、少しの量から始めていくと理想の形に近づけることができるでしょう。

鼻へのヒアルロン酸注射を行う際は、クリニック・医師選びが重要

ポイントや注意点を教えている女性医師 ヒアルロン酸注射を行う場合、信用することができる技術の高いクリニックや医師を選ぶと安心です。事前に行われるカウンセリングにおいて施術内容や持続期間・リスクなどをきちんと相談しておき、もしもの場合の対処法なども確認しておくと良いでしょう。

失敗のリスクをよく理解して施術を行いましょう

顎をおさえている女性の口元 鼻にヒアルロン酸を注入することによって、理想の形を手にすることができます。いくつかリスクがあり、形が不自然になったり血流障害が起こったり、大きくなりすぎることもあります。もし失敗と感じた時の対処法としてはしばらく様子を見たり、分解注射を使って溶解し再度入れ直すという方法もありますが、医師と相談しながら適切な施術を受けるとリスクを回避することが可能です。

関連記事