あぐら鼻の解消法|整形なしで目立たなくさせる方法も紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
0

あぐら鼻の主な原因やその解消法を紹介!

顔の中心に鼻が大きく座っているような「あぐら鼻」が気になっている方も多いかと思います。さらに鼻は顔の中の中心にあるため、小さく見せることが難しく悩んでいる方も多いのではないでしょうか。女性の中にはあぐら鼻をコンプレックスに感じている方も多いはずです。 そこで今回はそんなあぐら鼻の改善方法について紹介していきます。

あぐら鼻とは

あぐら鼻とは、小鼻が横に広がっている状態の鼻のことをいいます。名前の通り、鼻があぐらをかいて座っているように見えるため、それによって鼻が低く見えてしまったり、なんとなく垢抜けない顔になってしまいます。顔の中心にあるパーツなだけに特に気になってしまいコンプレックスに感じている方も多いです。 ※あぐら鼻と獅子鼻の違い 獅子鼻は獅子という名前が示すようにシーサーのように鼻柱が低く先が上を向いていて小鼻が開いている鼻です。 あぐら鼻との差異はあぐら鼻の方が小鼻が横に開いてつぶれたような形になっているのに対し、獅子鼻は鼻の穴が大きくて張った形をしています。

あぐら鼻の原因

遺伝

遺伝は日本人のあぐら鼻で最も多い原因とされます。両親や祖父母などの近親者にあぐら鼻の方がいれば、遺伝として伝わる可能性は非常に高いです。

肥満

太っていることもあぐら鼻の原因になることがあります。 鼻部分は皮下脂肪が付きやすい部分です。体重の増加で鼻に余分な脂肪がついてしまうと、あぐら鼻の人はより目立ちやすくなり、今まであぐら鼻でなかった人も脂肪が付きあぐら鼻に変わってしまう場合があります。

鼻をいじる癖

鼻を触ったり、鼻の穴をほじったりする癖がある方にも注意が必要です。 鼻回りの軟骨部分は柔らかくデリケートなため、刺激を与え続けることで、鼻が変形することがあります。特にほじることは鼻の穴を大きくし、小鼻を広げてしまうため避けるようにしましょう。 また鼻血や鼻水を止めるためにティッシュなどを詰めることがありますが、これも同じように小鼻を広げることに繋がるため気を付けてください。

角栓のケア

鼻を触ることに通じるのですが、角栓による鼻の毛穴詰まりを解消するために、爪やピンセットなどの道具で強く押し出すと鼻が大きくなっていきます。 こうした角栓ケアの仕方が習慣化すると、繰り返し鼻に強い刺激を与えることになり、鼻を変形させることにつながります。 角栓のケアも大事ですが、鼻パックなど刺激の少ないケアの仕方が無難です。

あぐら鼻の改善手術には「小鼻縮小」

小鼻が広がっていると、鼻の穴が大きく見えて男性的に印象となります。このような状態は小鼻縮小という手術によって改善することができます。小鼻縮小は、鼻の付けの根を一部切り取り除くことで、バランスの取れた鼻にすることができる施術です。 さらにこの小鼻縮小は、鼻の穴の奥や小鼻の溝にそって切開するため、傷跡がほとんど目立たないことが特徴です。

小鼻縮小の費用相場

あぐら鼻にも種類があり、小鼻の横の張り出しが場合や横の張り出しが少ない場合などによって手術の内容が異なってきます。手術代金も内容によって異なり、一概には言えませんが大体の費用の相場は32万円~35万円程度になります。

小鼻縮小のダウンタイム

手術後の腫れは2~3日に軽減します。抜糸は手術後7日前後に行います。1週間後にはほとんど落ち着き内出血が出る場合がありますが、1~2週間程度で消失します。

小鼻縮小のリスク・デメリット

ごくまれに傷口で感染が起こる可能性や小鼻を切除しすぎて不自然な形になってしまうことがあります。 また、無理して必要以上に小鼻を切除してしまうと、小鼻の丸みが全くなくなり鼻の穴が細長くなり、手術したのが分かってしまうということがある場合があります。

あぐら鼻を整形以外で目立たなくさせる方法

鼻周辺のメイクの仕方を変える

あぐら鼻の改善は、メイクの仕方で目立たなくさせる方法もあります。まず、小鼻の際から鼻の中まで、コンシーラ―を塗ってルースパウダーを重ねてぼかし、仕上げはハイライトで影は絶対付けないでとにかく明るくして鼻の存在を飛ばします。 普段のメイクからあぐら鼻を意識して仕上げることで、鼻を目立つのを抑えることができますよ。

眼鏡をかける

あぐら鼻の方はフレームの大きいメガネをかけると鼻が小さく見えます。小さいフレームメガネをかけると額に鼻が大きく見えてしまいます。

鼻プチを使用する

その他の改善方法に「鼻プチ」というアイテムを使う方法があります。これは鼻にプラスチックの棒を入れて強制的に鼻を高くするというアイテムです。サイズは5段階あり徐々にサイズアップすることが可能なので、自分に合ったサイズのものを使用することで、小鼻を引っ張って高さを持った鼻を実現することができます。

鼻のマッサージを行う

すぐできるあぐら鼻の改善方法としてマッサージがあります。やり方としては、お風呂上がりなどの皮膚が柔らかくなっている状態の鼻の小鼻を優しくつまみ、眉間の部分まで鼻を前に引っ張りながら押していきます。即効性はあまり期待できませんが、毎日やっていくことであぐら鼻を改善することができる可能性があります。

あぐら鼻が特に気になる方はクリニックに相談しましょう

顔の中心にある鼻の位置はその人を印象付けます。あぐら鼻のような小鼻がよこに広がっている鼻は悩んでいる方は多いはずです。あぐら鼻改善する方法は様々あるので、自分に合った方法を見つけて理想の鼻を手に入れましょう。ただし、すぐにでもあぐら鼻を改善したい場合や確実にあぐら鼻を改善したい場合はクリニックに相談してみるのがいいでしょう。

関連記事